« お知らせ編 : ハタザクラ、見頃に | トップページ | 番外編 : ライバル出現 »

4月6日(日) ハナイカダ(雄株)

140406hanaikadaせっかくハナイカダに会えたのに、その花はまだ蕾でした。さらに、これは雄株で、すでに開花の写真はここに載せたことがあります。
そこで、強い光線を利用して、影絵遊びをしてみました。思惑どおり、車座になった蕾がかわいい形の影を見せてくれたし、さらに予想外の収穫もありました。
一つは鋸歯の鋭さと美しさで、順光のときより一層その存在が目立ちます。
もう一つは、葉の中央を走る葉脈です。葉柄から花までの太さが、その先の葉脈よりも倍ほどあります。なにかのはずみで花と葉は一体化してしまったものの、花茎の痕跡をここに残しているように思えます。

2013年のきょうグズマニア・ヒルダ> 2012年のきょうシダレカツラ> 2011年のきょうラッパ水仙> 2010年のきょうイチリンソウ> 2009年のきょうカランコエ(八重)> 2008年のきょうノボロギク> 2007年のきょうトウダイグサ> 2006年のきょうセンボンヤリ> 2005年のきょうボタン

|

« お知らせ編 : ハタザクラ、見頃に | トップページ | 番外編 : ライバル出現 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お知らせ編 : ハタザクラ、見頃に | トップページ | 番外編 : ライバル出現 »