« 4月24日(木) トネリコ | トップページ | 4月26日(土) オオデマリ »

4月25日(金) アルブカ・スピラリス 'フリズルシズル'

Allbuca_spiralis葉っぱを一本一本、鉛筆にクルクル巻き付けて…などという反則をしたわけではありません。これが本来の姿です。たまたまお店で見かけ、速攻で連れ帰りました。
そもそも、葉っぱを「一枚一枚」ではなく「一本」と勘定してしまうところから、まずは不思議です。ふつう、草木の葉はできるだけ太陽光を受け止めるのが仕事でしょうに、針金みたいですから、面積を稼ぐ気など毛頭ないようです。さらに、光を避けるようにそれをカールさせてしまうなんて、いったいなにを考えているのでしょう。
やたら長い名前の後ろ部分は園芸品種であることを示しています。葉の巻きを強く「改良」したものだそうですが、そんな作出種ではなくても、もともとアルブカ属にはこういう性質がそなわっているようです。

さて、アスパラのような蕾が「俺のことも忘れるなよ」とむくれています。これから花茎がグーンとのびて、ややショボイ花が咲く「予定」なのですが、それまでにどんな不幸が待ち受けているかわからないので、まずはこの段階を記録しておきます。
と言うか、花茎とともに葉ものびてきていて、このまま行くとカーリーヘアのかわいらしさが少し薄まる恐れがあるのです。
そんな事情で、少しフライング気味の登場です。うまく育って花が咲き、無事に夏(が苦手らしい)を越し、新たな芽がクルクルッと出て…というシナリオにはなっているのですが、はた衛門の描く構想はいつも実現率がかなり低いのが難点です。

<補注> 開花の続報はこちらです。(2014年5月27日)

2013年のきょうクロモジ> 2012年のきょうタチツボスミレ> 2011年のきょうハルリンドウ> 2010年のきょうギョイコウ> 2009年のきょうオオカナメモチ> 2008年のきょうキンギョソウ> 2007年のきょうオオバベニガシワ(雌花)> 2006年のきょうオオバベニガシワ> 2005年のきょうベニドウダン> 2004年のきょうキングプロティア

|

« 4月24日(木) トネリコ | トップページ | 4月26日(土) オオデマリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月24日(木) トネリコ | トップページ | 4月26日(土) オオデマリ »