« 4月21日(月) シロヤブケマン | トップページ | 4月23日(水) ヤブニンジン »

4月22日(火) フジモドキ(チョウジザクラ、サツマフジ)

140422hujimodoki1この木の名前をタイトルに三つも並べざるを得なかったのは、それだけどれも決定力を欠くと思ったからです。
まず、標準的に使われるフジモドキですが、たしかに花色はフジに似ても、その形はどう見てもフジには遠く、はた衛門的には却下(笑)です。ただ、香りがいいので、藤棚の下にいる気分ということであれば、多少は頷けるところもありでしょうか。
次のチョウジザクラは園芸店などが好んで使うようですが、これは本当のサクラ属に同名の品種があり、かなり問題を含みます。詐称の嫌疑で逮捕!です。
そしてサツマフジですが、鹿児島原産かと思えばさにあらず、この木の生まれは中国らしいので、「なんでまた?」という疑惑の眼差しを誘います。
140422hujimodoki2さて、三つともこき下ろしてしまうと自分でも呼び名に困るわけで、英名まで調べてみました。おお、ライラック・ダフネだそうで、うん、ライラックならだいぶ近い感じです。ただ、分類的にまるで違う(ジンチョウゲ科vs.モクセイ科)という基本問題は残ります。
ということは、あとは学名(Daphne genkwa)しか残りません。しかしこれ、ダフネは英名にも登場したのでいいとしても、genkwaはゲンクワですか。これはまたなんとも語呂の悪い音で、だれも学名で呼ばない理由がよくわかります。
長々と否定を重ねてきての結論です。全部覚えればいいわけです。人と話すときは、相手がこれをどう呼んでも能書きなど言わず、ニッコリ微笑んで頷くのです。
トホホ、草木を楽しむ道は人格陶冶につながるのだなんて言ったら、フジもサクラもライラックも、お臍でお茶をわかすことでしょう。

<補注> 3週間後、葉が展開した様子を収録しました。(2014年5月12日)

2013年のきょうオドリコソウ> 2012年のきょうオウゴンカシワ(ナラガシワ)> 2011年のきょうトキワマンサク> 2010年のきょうウコン(鬱金桜)> 2009年のきょうゲッケイジュ> 2008年のきょうムベ> 2007年のきょうオキナグサ> 2006年のきょうブルーベリー> 2005年のきょうサクラソウ> 2004年のきょうナシ

|

« 4月21日(月) シロヤブケマン | トップページ | 4月23日(水) ヤブニンジン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月21日(月) シロヤブケマン | トップページ | 4月23日(水) ヤブニンジン »