« 番外編 : 花、終わりぬ | トップページ | 追加編 : ハタザクラ(緑の葉を背景に) »

4月20日(日) ミツバアケビ

140420mitubaakebi_fアケビの雌花というのは、まるで女王蜂のように堂々としてたくさんの雄花を従えているのですが、それがミツバアケビとなると、さらに色の迫力が加わります。
3枚の肉厚な萼(花びらはなし)も惚れぼれする色艶だし、4~6本突き出す花柱の白っぽくくすんだ色合いと、その先端の艶めき具合の対比にも痺れます。
これでサイズが巨大なら言うことがありませんが、葉裏で枝にポーズをつけている拙の人差し指と比べると、その直径は1.5cmというところです。
140420mitubaakebi_mおっと、その他一同さんにも一応はピントをあてておきましょう。雌花と同じく3枚の萼を持ち、丸く固まった6個の雄シベが徐々に展開します。

もう一つおっとで、葉にも触れておきます。ふつうのアケビが小葉5枚なのに対し、ミツバアケビは名前どおりにそれが3枚です。
その形も両者はまるで違い、全縁楕円の「ふつう」に対しミツバは緩やかな切れ込み(鋸歯)を持ちます。おととい載せたカシワの葉をも思わせるその形は「ふつう」よりも愛嬌があり、ちょっと贔屓してしまいます。

2013年のきょうサクラマンテマ> 2012年のきょうワビスケ(紺侘助)> 2011年のきょうヤマコウバシ> 2010年のきょうサネカズラ> 2009年のきょうサトザクラ> 2008年のきょうヤマフジ・昭和紅> 2007年のきょうヒメフウロ> 2006年のきょうタチイヌノフグリ> 2005年のきょうカロライナジャスミン> 2004年のきょうナノハナ

|

« 番外編 : 花、終わりぬ | トップページ | 追加編 : ハタザクラ(緑の葉を背景に) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : 花、終わりぬ | トップページ | 追加編 : ハタザクラ(緑の葉を背景に) »