« 3月16日(日) イチリンソウ | トップページ | 3月18日(火) ラショウモンカズラ »

3月17日(月) ナンテン

140317nanten1真っ赤な実を全部落としてしまった穂の存在が、冬を過ごしたナンテンであることを証明しています。しかし、もしそれがなければ、いつの撮影か怪しく思えるほどに葉が青々として、いかにも常緑低木らしい姿です。
140317nanten2ところが、図鑑的にはそう分類されても「知るもんか」というへそ曲がりはいるもので、これはまたお見事と褒めそやしたいほどに紅葉した株も見つけました。
この「ナンテンの不思議」ネタはもう二度(3本比較2本比較)も扱っています。それが三度目ですから、言い訳は欠かせないわけですが、今回の両者の徹底ぶりにはほとほと感心したのです。
艶と張りのある深い緑と、抜けるように鮮やかな赤…、まるで別物のような2本の姿に出会い、「氏より育ち」という言葉が植物にも当てはまることを再認識です。

2013年のきょうナギイカダ> 2012年のきょうウメ(鹿児島紅)> 2011年のきょうロニセラ・フラグランティシマ> 2010年のきょうソメイヨシノ> 2009年のきょうヤマアイ(雌花)> 2008年のきょうマツバギク> 2007年のきょうソテツ> 2006年のきょうアンズ> 2005年のきょうトサミズキ

|

« 3月16日(日) イチリンソウ | トップページ | 3月18日(火) ラショウモンカズラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月16日(日) イチリンソウ | トップページ | 3月18日(火) ラショウモンカズラ »