« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2月28日(金) ゼニアオイ

140228zeniaoi気持ちが季節外れの花をも咲かすことが実証されました。ふつうは5月ごろに咲き出すゼニアオイが、先日の大雪にもめげずに花を開いていました。
ゼニアオイにこんな芸当をさせたのは、ウチの町内の子供たちです。町内の端を流れる川の土手を花で埋めようと、毎年せっせと種を播いたり苗を植えたりしているのですが、それらの花の主要アイテムがこのゼニアオイなのです。
見ればこうして古い葉を摘んだ痕跡もあり、寒風が吹く間も手入れを怠っていなかったようです。いつも悪ふざけばかりしている子たちに、こうしてときならぬ花を咲かせる力があるとは驚きます。次はいったいなにを咲かせてくれることでしょう。

2013年のきょうカタセツム・グレースダン> 2012年のきょうラカンマキ> 2011年のきょうオニシバリ> 2010年のきょうナギ> 2009年のきょうセリバオウレン> 2008年のきょうシシガシラ(寒椿)> 2007年のきょうブロッコリー> 2006年のきょうヤブラン> 2005年のきょうシモバシラ

2012年の2月29日エピデンドラム・ラディカンス> 2008年の2月29日フヨウ

| | コメント (0)

2月27日(木) デコポン

140227dekoponデコポンは二度目の登場で、前回は1月の福岡で撮り(掲載は3月1日)ました。それが思いがけず、今度は近所での撮影です。
発祥の地が熊本だし、木を見かけたのも福岡だったので、なんとなく九州のものと感じていましたが、なんと埼玉・志木の露地でもこんなに見事に実っていました。
ところで、デコポンは母の好物で、ときどきホームに持って行きます。そのたび、「デコポン、大好き! これはポンカンと清…なんだったかね~。掛け合わせたんだよね」と同じことを同じ箇所でつっかえながら毎回繰り返します。
こちらは聞き飽きるし、「清見オレンジ」と正確に言ってあげても覚えはしないと思うと虚しくなります。ただ、「白のサザンカ」と同じで、どうかして擦り込まれた記憶の強固さというものには驚くばかりです。自分が惚けたとき、残っている記憶はいったいどんなものなのか、知るすべもなければ知りたくもない、恐怖の未来です。

2013年のきょうウンシュウミカン> 2012年のきょうオオフサモ> 2011年のきょうキョウチクトウ> 2010年のきょうコナラ> 2009年のきょうクリスマスローズ(コルシカス)> 2008年のきょうナツトウダイ> 2007年のきょうエリカ・クリスマスパレード> 2006年のきょうマンゲツロウバイ> 2005年のきょうジンチョウゲ

| | コメント (0)

2月26日(水) ピレア・ヌムラリフォリア

140226pilea_nummulariifoliaこのシワシワ具合とか葉の表面の毛深さには、なんとなく見覚えがあります。温室の下草として使われているところも、過去の記憶とつながります。
かつて、ひと目で魅了され、ついには手元にも置くことになったのはピレア・モリスでしたが、これはそれと同属(ミズ属・Pilea)でピレア・ヌムラリフォリアというのでした。ちょいと下の名前に抵抗を感じますが、ピレア・むにょむにょでOKにしましょう。
英名はクリーピングチャーリーで、この名は流通名にも使われていると言うのですが、残念ながらこの辺の店先ではまだ見かけません。自分で育てれば正式名も流通名もどちらも覚えることができるのに…。
と言いながら、ひとり赤面してしまいました。かつて手元で育てたピレア・モリス…、あれはいったいどこに消えたのでしょう? 最近見かけないけどぉ(汗)。

2013年のきょうアミメヘイシソウ(レウコフィラ、サラセニア・レウコフィラ)> 2012年のきょうスギ> 2011年のきょうラクウショウ> 2010年のきょうムクノキ> 2009年のきょうカンザクラ> 2008年のきょうオウバイ(梅)> 2007年のきょうカワヅザクラ> 2006年のきょうクリスマスローズ> 2005年のきょうコハコベ

| | コメント (0)

2月25日(火) アカマツ、ほか2種

140225akamatu今年の雪折れ被害の第2報です。さすがに記録的な大雪だったので、あちこちの木が悲惨な目に遭っていました。
まず驚いたのはこのアカマツです。近所の旧い農家の庭にそびえていた大木(幹の直径が50㎝ほど)ですが、このとおりバックリとやられました。松というと松ヤニを思い浮かべてしまい、脂っぽさとか赤い材質を想像していましたが、意外と白くてサパサパしていることがわかりました。
140225simatoneriko次はおなじみシマトネリコです。これも近所のお宅の庭で、夕方に割れているのを見つけました。暗くて撮影できないので翌日にでもと思っていたら、アッと言う間に割れた枝を始末されてしまいました。
したがって、バックリ状態の画像でないのは非常に残念(笑)ですが、シマトネリコの切り口は今まで見たことがないので、とりあえず収録です。
140225kakureminoさて、今回の被害レポートのしんがりはカクレミノです。材木としては、その素直な質を生かして器具に使われたりするそうですが、あまりメジャーではないようです。

ところで、こうしていろいろな木の災難を見ていると、そこになんの法則も見いだせなくて困っています。横に張り出した枝が折れるのかと思うと、そうではなくて樹冠に隠れて雪など積もりそうもない枝が被害を受けています。
また、シマトネリコやキョウチクトウのように株立ちだと雪に弱いのかと思うと、そうではなくてアカマツやクスノキなど立派な主幹があるものも折れています。
強風で枝が落とされるときは、病気持ちや疲弊した部分が吹き飛ばされているようなのですが、雪にはそうした木の健康管理的な機能はなさそうです。ならばいったいどういうメカニズムで折れる枝が決まるのか、次の雪のときの観察課題です。

2013年のきょうコーヒーノキ> 2012年のきょうシクラメン> 2011年のきょうエンジュ> 2010年のきょうヤタイヤシ> 2009年のきょうアカバナアセビ> 2008年のきょうアオキ> 2007年のきょうオカメザサ> 2006年のきょうフクジュソウ> 2005年のきょうアブラナ

| | コメント (0)

2月24日(月) フィットニア(アミメグサ、ベニアミメグサ)

140224fittonia網目草という和名で呼ぶと、このおしゃれな感じが少しスポイルされます。生物学者の名前に因んだフィットニアという名が、この見かけには似合うでしょう。
匍匐性の茎がこうして低く横に広がり、地面を彩りよく覆ってくれるので、カバープランツとして使われます。もちろん、ウチのようにカバーするほどの地面がない場合は、ハンギングにして茎が垂れるのを楽しむ手があります。
網目が白いものをシロアミメグサとし、写真のようにそこが赤いものをベニアミメグサとしていますが、ベニアミメグサと呼ばれるもののなかには葉全体が赤色を呈しているものもあるようです。いかにもキツネノマゴ科らしい形の花(花色は黄)をつけるそうですが、それを写せるのはまたほかの時期になりそうです。

<補注> 花は1カ月後に別の温室で写すことができました。(2014年3月28日

2013年のきょうオオハナワラビ> 2012年のきょうモミジイチゴ> 2011年のきょうヒオウギ> 2010年のきょうウラジロモミ> 2009年のきょうヒマラヤスギ> 2008年のきょうカンザクラ> 2007年のきょうオステオスペルマム> 2006年のきょうセツブンソウ> 2005年のきょうカワヅザクラ

| | コメント (0)

2月23日(日) クヌギ

140223kunugiedaigahusiブローチにどう?と助手2号にプレゼントしようかと企みました。病的な虫嫌いの彼女がこれを虫こぶだと知ったときのリアクションが楽しみだな…とヾ(~∇~;)
もちろん、協力してもらえなくなると困るので、その楽しみは妄想にとどめ置きです。下に置いた1円玉と比べてわかるように、直径1㎝少々の球形です。クヌギ・エダ・イガ・フシという名前があまりにも「そのまま」で、余計な解説がいりません。
寄生するのはクヌギエダイガタマバチだそうで、玉蜂という黒い小さな(2~6㎜)蜂がたくさんいるなかの一つでした。秋に成虫になると言いますから、この黒い穴から巣立って行ったのでしょう。クヌギにつく虫こぶは、すでにハナカイメンフシハケタマフシを撮影していますが、まだほかにも種類があるようです。クヌギというのは、森に住む小さな虫たちのお産処になっていて、じつに心が広い木なのでした。

2013年のきょうオオムラサキ、ほか5種> 2012年のきょうヒトツバ> 2011年のきょうハイネズ> 2010年のきょうプリムラ・シネンシス> 2009年のきょうギンヨウヒマラヤスギ> 2008年のきょうサザンカ、カンツバキ> 2007年のきょうスズランエリカ> 2006年のきょうカラタチ> 2005年のきょうクマザサ

| | コメント (1)

2月22日(土) アスコセンダ(洋ラン)

140222ascosendaきのうのチョウセンゴヨウは、ジグソーで欠けていたピースをはめた思いですが、きょうのアスコセンダは大切なピースを一つ見失った感じです。
というのは、このアスコセンダという洋ランは、先日載せたバンダが片親で、もう一方の親がアスコセントラムという洋ランなのです。つまり、ものの順序としてはバンダに次いでアスコセントラムを載せたあとにこれを出すのが順当でした。
まあ、この成り行きまかせブログではよくある事態で、これから少しマジメに温室巡りをすれば、わりとメジャーな種類なので、捜し物はすぐに見つかることでしょう。
そのアスコセントラムを探すための予習をしておくと、そもそもアスコセントラムはバンダがややスケールダウンした感じで、そのコンパクトな特性を引き継いだのがアスコセンダという関係になるそうです。もちろん、こんな概論ではさっぱりわからないのが洋ランの世界で、大切なのは小さな札についた略号が読めるかどうかです。半端な知識をため込むよりは、老眼鏡を忘れないことが捜索の大切な心得です。

2013年のきょうハス(行田蓮)> 2012年のきょうヒメシャラ> 2011年のきょうクコ> 2010年のきょうピレア・モリス> 2009年のきょうギンヨウアカシア> 2008年のきょうフィカス・アルテッシマ> 2007年のきょうクモマグサ> 2006年のきょうナガバジャノヒゲ> 2005年のきょうミヤマウグイスカグラ

| | コメント (1)

2月21日(金) チョウセンゴヨウ

140221tyousengoyou1先日、リギダ松の記事に、葉が5本の松の例として名前だけ登場させました。後追い掲載になりますが、これがチョウセンゴヨウ(チョウセンマツ、紅松)です。
朝鮮と称するくらいで彼の地に多いようですが、日本にも本州中部に自生するし、ロシア極東部まで、その分布は広い地域にわたります。
140221tyousengoyou2このように、葉は5枚(本)なので、離れて見ても木がワサワサと賑やかです。別名の紅松は中国名ですが、木材としてもこの名で呼ばれます。辺材は白いのですが心材が赤く、素直な材質なので建具などに多用されます。
また、この松にできる松カサの実があの「松の実」です。材も良し、実も良し、見ても良し、と三拍子そろった松ですが、それだけに乱伐の被害にもあっているようです。人間同士では「借りたら返す」が当たり前なのですから、植物との付き合いでは「採ったら植える」ということを、もっと常識として広めたいものです。

2013年のきょうハシバミ> 2012年のきょうコハコベ> 2011年のきょうキツネノカミソリ> 2010年のきょうフラサバソウ> 2009年のきょうキヅタ> 2008年のきょうユキワリイチゲ> 2007年のきょうヒメイタビ> 2006年のきょうナギイカダ> 2005年のきょうクロッカス

| | コメント (0)

2月20日(木) プリムラ・ポリアンサ

140220polyanthaこれだけ花が大きい(直径6㎝弱)ので、いくらジュリアンに大輪種が出てきたと言っても、ほぼ間違いなくポリアンサでいいはずです。
このポリアンサの親の一人であるブルガリスや、子にあたるジュリアンをすでに掲載していたので、この写真を撮れて肩の荷が降りました。撮影のためにひと鉢だけ買ったのですが、ピンクや黄色の花よりも、この清々しい白に惹かれました。
ジュリアンと対に考えるらしく、「サ」を抜いてポリアンとする呼び方もあるのですが、綴りはpolyanthaなので不適切でしょう。ただ、ローマ字読み原則でポリアンタとする人もいて、それはそうなんですが、でも変ですってば、アンタ(笑)。

2013年のきょうトラフアナナス> 2012年のきょうウラジロガシ> 2011年のきょうヒメムカシヨモギ> 2010年のきょうユーカリノキ> 2009年のきょうショカツサイ(ムラサキハナナ)> 2008年のきょうウグイスカグラ> 2007年のきょうエリカ・ファイヤーヒース> 2006年のきょうナニワズ> 2005年のきょうイチゴノキ

| | コメント (1)

2月19日(水) クスノキ、ほか2種

140219kusunoki大雪で深刻な被害を受けている人もいるなかで不謹慎ではありますが、今年も(去年の記事はこちら)この雪のおかげで生木の断面を記録することができました。
1本目はクスノキです。近くの城跡にそびえ立つ巨木ですが、その大枝がボッキリと折れて落ちていました。白っぽい材(=辺材:心材は赤みあり)がきれいです。
無理な力がかかったせいでしょうが、意外に暴れる性質であることを表す断面です。古くから仏像に使われてきた材ですが、こういう粗暴な質を抑えながら使うのが職人の腕なのでしょう。
140219kyoutikutou次はキョウチクトウです。大きな木の幹がこうしてバックリ割れてしまい、さてこれでもこの木は生存できるのか、興味津々です。ただ、写真右側の幹の先が道路に大きく被さってしまったので、たぶん早晩処分されそうなのが残念です。
折れた部分から出る白い樹液が危険物なのですが、この木にはそれが認められませんでした。子供が手を出しそうな場所なので、その点はひとまず安心です。
140219jouryokuyamabousi最後は泣きの涙で写真が曇っています(単なるピンボケじゃ!)。これ、ウチのジョウリョクヤマボウシです。せっかくいい枝振りになってきたのに、40㎝ほどの大切な枝が、花瓶に挿されて春を迎える始末になりました。
さすがにこの木をなにかの用材にすることはないらしく、ネットでは使用例が見当たらないし、もちろん断面写真など見つかりません。そういう意味では、このブログの歴史のなかでは一番のスクープ写真かもしれません。"(/へ\*)"))

2013年のきょうキンカチャ> 2012年のきょうエビモ> 2011年のきょうタチバナ> 2010年のきょうタコノキ> 2009年のきょうキバナセツブンソウ> 2008年のきょうバイモ> 2007年のきょうカキナ> 2006年のきょうマサキ> 2005年のきょうオウレン

| | コメント (0)

2月18日(火) カラスムギ

140218karasumugiとなりの町(富士見市)で、体育館の屋根が雪の重みで抜けてしまい、情けないというか恥ずかしいというか、複雑な気持ちです。
そんなニュースがこのカラスムギとなんの関係?と言うと、草木には人間の浅知恵や拙い物作り能力など及ぶべくもない自然淘汰の歴史に裏付けられた適応力があるんだなあ、という再認識の話です。
以前、4月下旬の記事で、「2月の内から、もう穂はできていた」と文字だけで逃げていたので、これはその証拠写真になります。花(未撮影)はGWあたりに見るし、それからひと月もすると実は完熟するので、その手早さ(1カ月)に比べると、開花までの準備段階が異様に長い(4カ月以上)気がします。
開花・結実というハイライトシーンの前に入念な基礎工事に余念がないわけで、あ、いえ、あの体育館が手抜き工事だなんて責める気はないにしても、カラスムギに負けないくらいの丈夫さは確保してよ!と思うのはワタシだけではないはずです。

2013年のきょうフクジュソウ> 2012年のきょうシラカンバ> 2011年のきょうニワウルシ(シンジュ)> 2010年のきょうゴレンシ> 2009年のきょうアスクレピアス(トウワタ)> 2008年のきょうハンノキ> 2007年のきょうカンヒザクラ> 2006年のきょうタネツケバナ> 2005年のきょうウメ

| | コメント (0)

2月17日(月) メグスリノキ

140217megusurinoki枯れ落ちる前の葉も三つ叉だし、こうして残った枝も三つ叉なので、メグスリノキは冬でも見分けがしやすいなぁ…などと生意気な思いで近づいたら、あれれ、小枝が白く輝いて、ちょっと幻想的に見えることに気づきました。
今まで写真を撮るときには気づかなかったし、かつてはこの枝や葉を煎じて愛飲したこともあったのに、そのときに煮た樹皮にもこんな毛はありませんでした。
調べたら、これは若い枝に現れる特徴だそうで、葉も、裏側は毛深いし、表側も初めは毛に覆われているのでした。お世話になった木のこともよく知らなかったなんて、草木好きの名折れです。メグスリノキに注意力アップの薬効があればよかったのに…などと考えるのは、八つ当たりというか逆恨みというか、恥の上塗りです。

2013年のきょうタギョウショウ> 2012年のきょうセキショウモ> 2011年のきょうネコヤナギ> 2010年のきょうスイセイラン(彗星蘭)> 2009年のきょうバニラ> 2008年のきょうフクジュソウ> 2007年のきょうイノモトソウ> 2006年のきょうウメ(白梅)> 2005年のきょうナズナ

| | コメント (1)

2月16日(日) センボンヤリ

140216senbonyari大名行列の先頭で、奴さんがクルクルと回すのがこんな槍だったと思います。センボンヤリの名の本来は、秋の閉鎖花が槍の穂先を思わせるところにあるのでしょうが、そんな物騒な刃物よりは、クルクルの方がずっと平和的で和みます。
しかし、その穏やかな眺めも、考えてみれば確実な時間経過の証です。あの閉鎖花がタンポポのような綿毛(をつけた種)になり、それがみんな風に吹かれて萼だけに…という流れはおよそ3カ月、季節がひとつ、ゴトンと動いたわけです。
ということは、自分の老いも1/4年分がガクンと深まったのか…などと辛気くさいことは考えず、♪ちょぉいとなぁ~と手ぬぐいでも振り回して明るく参りましょう!

2013年のきょうラムズイヤー(ワタチョロギ)> 2012年のきょうキリ> 2011年のきょうカワヅザクラ> 2010年のきょうパフィオペディルム・サンデリアヌム> 2009年のきょうカカオ> 2008年のきょうベンジャミン> 2007年のきょうサルココッカ> 2006年のきょうワルナスビ> 2005年のきょうヒメオドリコソウ

| | コメント (0)

2月15日(土) リギダ松

140215rigida1オッサンの脇毛を見るようでやや気色悪いのですが、こうして幹から葉を噴き出すのがこの松の特色です。
そして、その葉をよくよく見れば、3本一組です。ふつうは2本セットだし、ヒメコマツチョウセンゴヨウのように5本一組もあるけれど、3本一組はこの松とあとはダイオウショウくらいのもののようです。
140215rigida2で、少し離れて見ると、手入れの行き届かない黒松といった風情です。ただ、黒松と違って全体は横広がりだし、スックと立つ気品には欠けます。
松ぼっくりがヤケに目立ちますが、それもそのはず、できたら最後、何年も落ちないのだそうです。どうしてそんなにシツコクなくてはいけないのか、この松を問い質そうと思ったら、北米原産と聞いてあっさり納得してしまった舶来コンプレックス世代です。

2013年のきょうミヤマシキミ> 2012年のきょうシライトソウ> 2011年のきょうハンノキ> 2010年のきょうモミ> 2009年のきょうイトススキ> 2008年のきょうホルトノキ> 2007年のきょうオニヤブソテツ> 2006年のきょうオオイヌノフグリ> 2005年のきょうマンサク

| | コメント (0)

2月14日(金) バンダ(洋ラン)

140214vanda及び腰ながらも、洋ランを見かけると一応は撮ってみようとし始めました。まあ、この時期はどうしても温室のお世話になるし、そこではどうしても洋ランが目に入るという成り行きの結果ではあるわけですが…。
で、このバンダ(Vanda)というのはわりと代表的な種類(洋ランの8大グループの一つ)のようです。あばら骨のように見える(だがじつは互生)葉と、フリスビーのように平らな花が特徴です。
花色はこの薄紫を中心に、もっと濃い紫やほとんど臙脂と言えるものがあるし、一方では赤みをおびて濃いピンクのものもあります。以前、洋ランについて右も左もわからないとき(今も大差ないですが)、このバンダの真っ赤バージョンを載せています。大輪・小輪もいろいろで、バンダだけでもあと2~3年の修業は必要でしょう。

2013年のきょうオモト> 2012年のきょうカラマツ> 2011年のきょうノカンゾウ> 2010年のきょうヘンヨウボク(クロトンノキ)> 2009年のきょうリョウメンシダ> 2008年のきょうコバノカモメヅル> 2007年のきょうナギイカダ> 2006年のきょうアテツマンサク> 2005年のきょうヘンヨウボク(クロトンノキ)

| | コメント (0)

2月13日(木) フヨウ

140213huyouこの毛むくじゃらの姿は、かつて一度載せた記憶があります。そのときは、いかにも涼しげな夏の花と比べてジキルとハイドみたいと揶揄したのですが、いかんせん、その写真の出来はフヨウをからかえるようなものではありませんでした。
じゃあ今度はどうかと言えば、また5~6年もして見たら赤面するのでしょうが、とりあえずモコモコ感は前よりうまくとらえられたかな、と自己満足です。
しかし、あらためて考えてみると、種子についた毛は風に乗るためのディティールだとして、殻の毛はなんだかムダに思えます。そこで、種子になったつもりで考えてみると、この毛は軽い風で種が飛び出さないように抑えておくストッパーのようです。
この毛の絡まりを解き放つほどの風が吹いたとき、種はカタパルトから飛び出すように一気に風に乗るのでしょう。同じ風散布方式でも、先日のモミジアオイが「近場にポロポロ」型だったのに比べると、フヨウはどうやら「一発勝負」型なのでした。

2013年のきょうアリドオシ> 2012年のきょうクリハラン> 2011年のきょうオウギバショウ(タビビトノキ)> 2010年のきょうドンベヤ・ワリッキー> 2009年のきょうマツザカシダ> 2008年のきょうカマツカ> 2007年のきょうアブラナ> 2006年のきょうネコヤナギ> 2005年のきょうユキヤナギ

| | コメント (0)

2月12日(水) キクラミネウス水仙・Tete a tete

140212teteatete背丈が10~15㎝と低いので、鉢植えでも楽しめます。ただ、この名前を呼ぼうとすると舌を噛みそうだし、どう書けばいのか、ちょっと迷います。
花屋の店先を見ても、ティタテイトとティタティタのどちらだろうと思っていると、テータテートとかチタチタ、はたまたテターテートなどという表記まで見つけて、これは収拾がつきません。困ったので学名を見たら、Narcissus cyclamineus cv. Tete a teteとあります。この最後の部分、ローマ字読みの原則に従えば、テテアテテでしょうが、そうなるとさらに混乱に拍車をかけることになります。
自分では判断がつかないので、きょうのタイトルは横文字そのままで逃げておくことにします。さてその困ったTete a teteってなんだろうと思ったら、英語ではhead-to-head、つまり顔を寄せた密談のことでした。なるほど、3㎝ほどの小さな花が群れて咲く様子は、子供たちが内緒話をしている風景を思わせます。

2013年のきょうムラサキオモト> 2012年のきょうヤマコウバシ> 2011年のきょうモンステラ(ホウライショウ)> 2010年のきょうレッド・ジンジャー> 2009年のきょうアブラチャン> 2008年のきょうオーブリエチア> 2007年のきょうアリドオシ> 2006年のきょうミドリハコベ> 2005年のきょうミツマタ

| | コメント (0)

2月11日(火) ベニヒモノキ

140211benihimonoki二度目の掲載になるベニヒモノキです。前回は肝心の紐の寸法が足りないし、本数もまばらで寂しかったので、ちょっと豪華な様子で再登場です。
ただ、本格的に育つと、紐の長さは50㎝を超えるようだし、本数もまだまだこんなものではないようで、今回は中間報告としておきます。
などと三度目の登場を予告しておくのは、それまでの間にクリアしておきたい課題が見つかったからです。じつはこの木(Acalypha hispida)の仲間(アカリファ属)には、草本のキャッツテールがあるのです。花屋の店先でよく見るし、どこかに収録したと思っていたそのポピュラーな鉢物が、探してみたら未掲載でした。
こういうポカはまだまだたくさんありそうです。ならば同じものを二度・三度と載せたりせずにせっせと先を急ぐべし…とも思うのですが、今回のポカだってベニヒモノキを二度載せたから気づきました。ものごとに無駄はないという教訓みたいです。

2013年のきょうウメ(トウジバイ・冬至梅)> 2012年のきょうトキワナズナ(宿根イベリス)> 2011年のきょうオンシジューム> 2010年のきょうコチョウラン> 2009年のきょうマリアアザミ> 2008年のきょうタチヤナギ> 2007年のきょうオキザリス・華恋(かれん)> 2006年のきょうシナマンサク> 2005年のきょうヤブツバキ

| | コメント (1)

2月10日(月) 球根ベゴニア(ハンギングタイプ)

140210hanging記録的なドカ雪が来て、草木もビックリ・頬かむりです。こういうときは、自分のなかで「惜しくも落選」だった写真が思わぬ登板の機会を得ます。今回そんなチャンスに恵まれたのは、1年前にも同じ種類を載せたハンギングタイプの球根ベゴニアです。
この球根ベゴニア、かつて初めて取り上げたときは、ほぼ言いがかりのような皮肉な紹介で冷遇してしまいましたが、翌年翌々年と違うタイプを扱うたび、自分でもだんだんハマッて来ているような気がします。
また、同じ球根ベゴニアでも、自分はどうやらこのハンギングタイプが好きなようです。特に今年のこの細身の一重には「和」の風情さえ感じてしまいます。楚々としているのは花だけでなく、その葉まで細身であることがとても印象的でした。

2013年のきょうミズバショウ> 2012年のきょうイヌツゲ> 2011年のきょうナガバノモウセンゴケ> 2010年のきょうカトレア> 2009年のきょうムサシアブミ> 2008年のきょうハマボッス> 2007年のきょうナワシログミ> 2006年のきょうウメ(紅梅)> 2005年のきょうジャノメエリカ

| | コメント (0)

2月9日(日) ヘンヨウボク(クロトンノキ)

140209henyouboku紅葉も落葉もしないトウカエデがあるかと思えば、こちらは紅葉でもないのに葉をきれいに赤く染めたヘンヨウボクです。
軸に黄色みが少し見えるので、このせっかくの美しさもまた変化していく気がします。植物だって人間だって、好きな時点にとどまることはできません。
そうか! 赤も黄も緑も好きならヘンヨウボクの変化を嫌うことはないわけで、皺も薄毛もトロくささも好きになれば、自分の老化を嫌悪する必要はありません。ナルシシズムを極めることこそ人生をプラスにとらえる道…ヘンヨウボクに教わりました。

<過去掲載のヘンヨウボク>赤と黄(ふつう型) ☆ 緑と黄(鉾型) ☆ 黄・緑・赤(細型)

2013年のきょうフブキバナ> 2012年のきょうクズ> 2011年のきょうグズマニア> 2010年のきょうセントポーリア> 2009年のきょうタチツボスミレ> 2008年のきょうカリン> 2007年のきょうハラン> 2006年のきょうロウヤガキ> 2005年のきょうコエビソウ

| | コメント (1)

2月8日(土) プリムラ・オブコニカ

140208obconica冬の鉢物としては古顔です。あまり日照を必要としないので、室内で楽しむのに向いているのですが、よそさまの室内を覗き回るわけにいかないので、どのぐらい普及しているかはわかりません。店先にたくさん並ぶので、今も人気は高いはずです。
難点はカビがつきやすいことで、枯葉や終わった花を放置すると深緑色のカビがワッと広がります。終わった葉や花をまめに摘む必要があります。
その際、かぶれやすい人は手袋が必要です。葉裏や茎に密集する毛に毒性物質があるそうで、かわいい顔して毒持ち・カビつきという、とんだ悪女さんです。

<このほかのプリムラ類> ☆ サクラソウ ☆ カッコソウ ☆ プリムラ・シネンシス ☆ プリムラ・ジュリアン ☆ プリムラ・ブルガリス ☆ プリムラ・ポリアンサ ☆ プリムラ・マラコイデス

2013年のきょうタカサゴユリ> 2012年のきょうナツハゼ> 2011年のきょうトチノキ> 2010年のきょうサンタンカ> 2009年のきょうモミジバフウ> 2008年のきょうシシガシラ> 2007年のきょうキャラボク> 2006年のきょうナツミカン> 2005年のきょうオオイヌノフグリ

| | コメント (0)

2月7日(金) トウカエデ

140207toukaede別に夏の写真を持ち出したわけではなく、れっきとしたトウカエデのご近影です。どんな図鑑を見たって、「落葉高木」とされているし、自分でも紅葉した場面やその後に葉を落として翼果だけになった姿をとらえています。
それなのに、この木はなぜ青々とした葉をつけたままなのか、まったく不思議です。考えるに、この場所は葉を落として厳しい寒さをやり過ごす必要がないほどに恵まれているのかもしれません。たしかに、この木(崖下にある)の北西方向は土壁で防御されているし、根元を用水が流れていて乾燥の心配もありません。
しかし、思い直してみれば、葉を更新しないということは、今年も去年の葉で過ごすことです。それもまたあり得ないことに思えるし、常緑樹のように少しずつ葉を更新するのか、それとも春先に一気に葉を落とすのか、これからの変化が楽しみです。

<補注> 翌年は3月まで青葉が残っていました。(2015年3月10日

2013年のきょうコウヤボウキ> 2012年のきょうアシボソ> 2011年のきょうコセンダングサ> 2010年のきょうロドデンドロン・クリスティアナエ> 2009年のきょうネモフィラ・スノーストーム> 2008年のきょうビワ> 2007年のきょうヤブソテツ> 2006年のきょうボケ> 2005年のきょうフクジュソウ

| | コメント (1)

2月6日(木) ハボタン(名古屋縮緬系)

140206habotan縮緬(ちりめん)葉牡丹の込み入った造形や色合いだけでなく、ガラス玉のような雫まで、うまい具合に写せたのでホクホクでした。しかし、過去に掲載したハボタンの写真を見てガッカリです。撮影の着想がまったく同じ、進歩がありません。
デジイチになったせいで写りが多少良くなったし、丸葉種と違って混んだ葉のおかげで水玉がこんもりと丸まってくれたのが救いと言えば救いでしょうか。
まあ、勝手に落ち込むのはこれくらいにして、残ったハボタンの種類別に撮影方法を考えておくのが前向きというものでしょう。
東京丸葉、これは日本のハボタンの源流ですから、オーソドックスに斜め上から株全体を撮るのがいいでしょう。珊瑚系、これは深い切れ込みがわかりやすいように、斜め上から迫りましょうか。最近勢力を伸ばしている高性種、これは長い茎がポイントですから斜め上から全体が写るように…ダメだ、こりゃ。ハボタンって下からとか横からではどうしようもない被写体であることに、今さらながら気づきました。

2013年のきょうアシタバ> 2012年のきょうハルサザンカ> 2011年のきょうジュズダマ> 2010年のきょうアイグロマツ> 2009年のきょうヒメシノ(コクマザサ)> 2008年のきょうシュロ(ワジュロ)> 2007年のきょうヤバイ> 2006年のきょうアリドオシ(実つき)> 2005年のきょうサンシュユ

| | コメント (0)

2月5日(水) ホオノキ

140205hoonokiこの時期、葉を落として露出した木の枝に美しさを感じることがあります。ヒメシャラシラカンバは、その木肌の色合いに惚れますが、このホオノキはなんと言ってもその風変わりな枝振りに目を惹きつけられてしまいます。
細めの枝の先が鋭く尖っているのは、あの大きな葉が仕込まれた冬芽です。それに対して、ホオノキ独特のクネクネした枝振りの先にあるのは混芽(花と葉の芽)です。枝先に花を咲かすと、そのあとで枝は斜め方向にのびるので、それを繰り返すとこうして木全体が踊っているような、躍動的かつ奇っ怪な姿になるわけです。
などと偉そうに書いても、冬のこの姿とあの大きな花が結びつくまでにはずいぶんな時間がかかりました。永年の疑問が解けて「へえ~」と微笑む楽しみのために、せいぜい足腰を鍛えて、野歩きを続けることにします。

2013年のきょうニワウルシ、ほか3種> 2012年のきょうエビネ> 2011年のきょうチューリップ> 2010年のきょうウラジロモミ> 2009年のきょうヒメアスナロ> 2008年のきょうスイカズラ> 2007年のきょうマンゲツロウバイ> 2006年のきょうアリドオシ> 2005年のきょうギンモクセイ

| | コメント (1)

2月4日(火) クサソテツ

140204kusasotetuまるで籐椅子の背もたれです。籐椅子といえば、妖艶な姿で腰掛けたエマニエル夫人を思い出します。あの挑発的な眼差しの彼女も、先年、鬼籍に入りました。
おっと、話は映画ではなく、このアールデコのように美しい葉です。なにかのシダだと思って写したのはいいものの、そのなにかがずっと判明しませんでした。
写真の背景が白いのは、雪山に行ったのではなく、去年関東を襲った大雪(笑)のあとに撮影したからです。つまり、この一年、棚晒しにしていたもので、先日、ようやくこれがクサソテツであることがわかりました。
クサソテツといえば、つい緑色の栄養葉をイメージしがちなのに、あの葉は冬には枯れてなくなります。一方、この籐椅子風オブジェになるのは胞子葉で、秋に発芽してすぐこんな色になり、今ごろから役割を全うし始めます。
茶色=生の終焉と思いがちな自分は、バリバリで生殖活動中の茶色があることに目を洗われます。これからの元気な老人世代を象徴するモチーフとして、この葉を胸ポケットに挿して歩くなんて、ちょっといいアイデアではないでしょうか。

2013年のきょうキソウテンガイ(サバクオモト、ウェルウィッチア)> 2012年のきょうクチナシ> 2011年のきょうマンサク> 2010年のきょうチュウテンカク(沖天閣:ユーフォルビア・インゲンス)> 2009年のきょうヒメノキシノブ> 2008年のきょうニシキマンサク> 2007年のきょうハカタシダ> 2006年のきょうコウヤボウキ> 2005年のきょうオウバイ

| | コメント (2)

2月3日(月) アコウ

140203akou室内で大きな鉢に植えられていました。全体の雰囲気はカポックを思わせるものの、葉の形や付き方が違うし、その表面には艶があるので別物とわかります。
琉球諸島などの暖地では10mから20mの高さにもなる木で、独立樹ともなるし、ほかの樹木に着生してその樹冠を覆ってしまうこともあるそうです。この特性はガジュマルと同じで、ガジュマルは漢字で榕樹と書くのに対し、このアコウは榕と表記します。
つまり二つはよく似た存在なのですが、ガジュマルの葉がふつうの対生なのに対し、アコウは枝先の葉がこうして輪生っぽくなるようです。もっとも、一方のガジュマルは未撮影だし、両方とも自生を見ていないので、いつか現地を訪ねたいものです。

2013年のきょうオンツツジ> 2012年のきょうタアツァイ(ちぢみゆきな)> 2011年のきょうゴンズイ> 2010年のきょうサボテン> 2009年のきょうノキシノブ> 2008年のきょうフェイジョア> 2007年のきょうモンステラ> 2006年のきょうソヨゴ> 2005年のきょうウメ

| | コメント (0)

2月2日(日) モミジアオイ

140202momijiaoi1冬枯れの花壇にスックと立ち尽くすオブジェです。はて、ここで咲いていて、2mを越す背丈があって、こんな実を残しそうなものは…。あ、モミジアオイか!
たぶん、モミジアオイの「その後」の姿を見るのは初めてです。美観の問題があるので、花が終わればみんな刈られてしまうのでしょう。今まで出会うことがなかったのも道理です。この花壇を管理する人の広い心に感謝してしまいました。
140202momijiaoi2仕掛け的には、先日のシランと同じく風任せの散布式でした。シランよりはずっと高い場所から飛ばせるのは有利ですが、種は大きくて重量派です。あまり遠くに新居を構えるのではなく、親の住む場所の隣駅あたりに居着くパターンでしょうか。
スープは少し冷めそうだけれど、ときどき孫を預かって…と、親からすれば理想の距離に思えます。娘1号はやたら遠くに、娘2号は脛に絡みついたままという恵まれない環境にある爺さんからすれば、なにやらまぶしく見えるモミジアオイなのでした。

2013年のきょうミヤコザサ> 2012年のきょうウメ(八重寒紅)> 2011年のきょうヒョウタンウツボカズラ> 2010年のきょうリンボク> 2009年のきょうタチシノブ> 2008年のきょうニホンスイセン> 2007年のきょうイトラン> 2006年のきょうムラサキシキブ> 2005年のきょうデイジー

| | コメント (2)

2月1日(土) ベニバナイチゴノキ

140201benibanaitigonokiイチゴノキが花を咲かせていました。張り合うわけではないけれど、去年は悲運に泣いたウチのヒメイチゴノキだって、今、咲いているもんね…と思いつつグッと寄ってみたら、あれれ、なんですかこの花、昼から一杯機嫌です。
そもそもイチゴノキの花はわずかに赤みを帯びますが、ここまでいいご機嫌のものはベニバナイチゴノキ(Arbutus unedo 'Rubra')と称する園芸品種でした。苺がぶら下がる時期にはこの木を見逃していたので、実の色はごくふつうだったようです。

2013年のきょうヒマラヤザクラ> 2012年のきょうムサシアブミ> 2011年のきょうオオバギボウシ> 2010年のきょうカモジゴケ> 2009年のきょうシノブ> 2008年のきょうガビサンハンショウヅル> 2007年のきょうキンポウラン> 2006年のきょうホウレンソウ> 2005年のきょうアセビ

| | コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »