« 2月5日(水) ホオノキ | トップページ | 2月7日(金) トウカエデ »

2月6日(木) ハボタン(名古屋縮緬系)

140206habotan縮緬(ちりめん)葉牡丹の込み入った造形や色合いだけでなく、ガラス玉のような雫まで、うまい具合に写せたのでホクホクでした。しかし、過去に掲載したハボタンの写真を見てガッカリです。撮影の着想がまったく同じ、進歩がありません。
デジイチになったせいで写りが多少良くなったし、丸葉種と違って混んだ葉のおかげで水玉がこんもりと丸まってくれたのが救いと言えば救いでしょうか。
まあ、勝手に落ち込むのはこれくらいにして、残ったハボタンの種類別に撮影方法を考えておくのが前向きというものでしょう。
東京丸葉、これは日本のハボタンの源流ですから、オーソドックスに斜め上から株全体を撮るのがいいでしょう。珊瑚系、これは深い切れ込みがわかりやすいように、斜め上から迫りましょうか。最近勢力を伸ばしている高性種、これは長い茎がポイントですから斜め上から全体が写るように…ダメだ、こりゃ。ハボタンって下からとか横からではどうしようもない被写体であることに、今さらながら気づきました。

2013年のきょうアシタバ> 2012年のきょうハルサザンカ> 2011年のきょうジュズダマ> 2010年のきょうアイグロマツ> 2009年のきょうヒメシノ(コクマザサ)> 2008年のきょうシュロ(ワジュロ)> 2007年のきょうヤバイ> 2006年のきょうアリドオシ(実つき)> 2005年のきょうサンシュユ

|

« 2月5日(水) ホオノキ | トップページ | 2月7日(金) トウカエデ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月5日(水) ホオノキ | トップページ | 2月7日(金) トウカエデ »