« 2月16日(日) センボンヤリ | トップページ | 2月18日(火) カラスムギ »

2月17日(月) メグスリノキ

140217megusurinoki枯れ落ちる前の葉も三つ叉だし、こうして残った枝も三つ叉なので、メグスリノキは冬でも見分けがしやすいなぁ…などと生意気な思いで近づいたら、あれれ、小枝が白く輝いて、ちょっと幻想的に見えることに気づきました。
今まで写真を撮るときには気づかなかったし、かつてはこの枝や葉を煎じて愛飲したこともあったのに、そのときに煮た樹皮にもこんな毛はありませんでした。
調べたら、これは若い枝に現れる特徴だそうで、葉も、裏側は毛深いし、表側も初めは毛に覆われているのでした。お世話になった木のこともよく知らなかったなんて、草木好きの名折れです。メグスリノキに注意力アップの薬効があればよかったのに…などと考えるのは、八つ当たりというか逆恨みというか、恥の上塗りです。

2013年のきょうタギョウショウ> 2012年のきょうセキショウモ> 2011年のきょうネコヤナギ> 2010年のきょうスイセイラン(彗星蘭)> 2009年のきょうバニラ> 2008年のきょうフクジュソウ> 2007年のきょうイノモトソウ> 2006年のきょうウメ(白梅)> 2005年のきょうナズナ

|

« 2月16日(日) センボンヤリ | トップページ | 2月18日(火) カラスムギ »

コメント

私も少しの間、この木にお世話になりました。
その後はご無沙汰してます。免許証で一番心配なのは
視力。その時だけお世話になりました。今度はどう
でしょう・・・?

投稿: zenpeichan | 2014/02/17 11:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月16日(日) センボンヤリ | トップページ | 2月18日(火) カラスムギ »