« 1月10日(金) コクテンギ | トップページ | 1月12日(日) ヘンヨウボク(クロトンノキ) »

1月11日(土) アングレクム・セスキペダーレ(洋ラン)

140111angraecumランはわからんと開き直ったのはつい先月なのに、めっちゃ舌を噛みそうなむずかしい名のランを載せます。和名はないので、学名そのままです。
なぜこんな高難度の名前を知ったかというと、幸運にも鉢に略号ではなくフルネームが記されていたからです。花と一緒にその札もきっちり写し、帰宅してこのランのことを調べてみました。説明を読み進むうち、情けなさで肩が落ちました。
なんと、このランの真骨頂はその長ァ~い距でした。写真右端の、ややくたびれた花の後部から下にのびているのがそれです。そんなことには気づきもせず、中央の花を写すとき、距のことは茎だと思って(というか、なにも考えず)いました。
なんとこの距は25~30㎝もあって、先端にはわずかに蜜があるそうです。そして、この花を見て、その蜜を吸えるように、長ァ~い口吻を持つ蛾がいるはずと予測したのは、かのダーウィン先生で、なんとそれからおよそ40年後(先生亡きあと・1903年)、本当にそんな蛾が見つかったのだそうです。
ハァ~、「花を写して距に気づかず」のどこかの凡人とはさすが違うものです。よし、これからは距がどんな具合か、キョロキョロすることに決めました。

2013年のきょうヤブレガサ> 2012年のきょうケナシサルトリイバラ(サンキライ) > 2011年のきょうフユアオイ> 2010年のきょうユズリハ> 2009年のきょうハリギリ> 2008年のきょうシマタケ> 2007年のきょうゼニゴケ> 2006年のきょうイブキ(ビャクシン)> 2005年のきょうカンザクラ

|

« 1月10日(金) コクテンギ | トップページ | 1月12日(日) ヘンヨウボク(クロトンノキ) »

コメント

「花を写して距に気づかず」奥が深いお話・・・?
キョロキョロする姿を想像して活躍を期待している
次第です。

投稿: zenpeichan | 2014/01/12 07:54

zenpeichanさんへ:
お散歩からお帰りでしたか?
チャット状態でお返事できました!(笑)

木を見て森を見ないことはしょっちゅうですが、
奥さんを見て誰だかわからなくならないように頑張ります!!

投稿: はた衛門 | 2014/01/12 07:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月10日(金) コクテンギ | トップページ | 1月12日(日) ヘンヨウボク(クロトンノキ) »