« 番外編 : 地震雲 | トップページ | 12月18日(水) シオデ »

12月17日(火) アツバキミガヨラン

131217atubakimigayoran1いい陽当たり加減のアツバキミガヨランに出会いました。アブナイ系の葉先の鋭さと、葉質の硬さや畝の具合がよくわかります。
131217atubakimigayoran2さらに、だいたいが下向きに開きがちな花が横向きに咲いていて、なかなかサービス精神に富んでいます。中心に雌シベが3本立ち、それを囲んで棍棒のように先太の雄シベが6本並んでいます。
ところできのう、「ラン」にもいろいろあることに触れたばかりで、きょうも「ラン」です。しかし、この「ラン」はラン科ではなくユリ科です。草木の世界ではかなり安直にランと名付ける傾向があるので、慣れないと本当に混「ラン」します。

2012年のきょうフウ> 2011年のきょうクリスマスローズ(ニゲル)> 2010年のきょうニワウルシ(シンジュ)> 2009年のきょうアキニレ> 2008年のきょうハマヒサカキ> 2007年のきょうキジョラン> 2006年のきょうヤブコウジ> 2005年のきょうローズマリー> 2004年のきょうトウネズミモチ

|

« 番外編 : 地震雲 | トップページ | 12月18日(水) シオデ »

コメント

混乱以前に何も判っていないので
そういうものかと受け入れるしかない実態(笑)です。
ランといえば、我が家の君子蘭しか浮かびませんが
シンビジュームやエビネもランの仲間?なんでしょうか。
そうすると我が家は3種類のランがあるということ?

投稿: zenpeichan | 2013/12/17 06:28

zenpeichanさんへ:
お尻が「ラン」で終わる植物を検索すると、
本来のラン科ではないものがズラズラ並びます。
逆に、シンビジュームやエビネのように「ラン」とは呼んでもらえないランもあるわけで、
どんな世界にも不公平はつきものなのでしょうね┐(´д`)┌

投稿: はた衛門 | 2013/12/18 07:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : 地震雲 | トップページ | 12月18日(水) シオデ »