« 12月13日(金) サザンカ | トップページ | 12月15日(日) シシユズ(オニユズ) »

12月14日(土) タコノアシ

131214takonoasi111月の状態を「蛸足の燻製みたい」だと言ったのは、やや勇み足だったようで、そこからひと月半ほどして、色はさらにそれらしくなっているのでした。
3年前の秋、この場所で花を写しながら、本数が減ってきていることを嘆いたというのに、どうやら持ちこたえてはいるようです。草木、特に草類は年によって消長があり、長い目で、しかも丁寧に見なければ…と、このごろ感じるようになりました。
131214takonoasi2まったく別の場所でもこうして元気に生き延びていました。どちらの写真の背景も水面で、タコノアシが水辺を好むことがわかります。この草が絶滅するときは、水辺を失った我々人間の心も渇ききるはずで、潤いの環境は大切にしたいものです。

<補注> 1年後、近所で大群生を見つけました。(2012年12月12日)

2012年のきょうキジョラン(とアサギマダラの卵)> 2011年のきょうフサザクラ> 2010年のきょうノハラアザミ> 2009年のきょうサンパチェンス> 2008年のきょうカラスザンショウ> 2007年のきょうフウ> 2006年のきょうムラサキキャベツ> 2005年のきょうハナヒョウタンボク> 2004年のきょうホオズキ

|

« 12月13日(金) サザンカ | トップページ | 12月15日(日) シシユズ(オニユズ) »

コメント

まさに名前の通りの感じですね。
海岸近くに住む方が津波が心配で私の住む地域の方へ
引っ越される方が増えてきました。
その方々は住んでいる地域を捨ててくるのでしょうが
こちらに自生している草花はこの方々のくるお陰で
そこを追われます。どこへ行くのかなぁ・・・
ハズキルーペ、重宝してますよ。でも5が気になりますね(笑)

投稿: zenpeichan | 2013/12/14 09:27

zenpeichanさんへ:
ああ、そうなんですね。311は大きな教訓を残してくれましたものね。(黙祷)
そういうケースだと、「自然破壊」だなんて言えませんよね。
草木たちにも少しだけ我慢してもらわなくてはいけませんね。

投稿: はた衛門 | 2013/12/15 07:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月13日(金) サザンカ | トップページ | 12月15日(日) シシユズ(オニユズ) »