« 10月27日(日) ヒガンバナ | トップページ | 10月29日(火) ノササゲ »

10月28日(月) シリブカガシ

131028siribukagasi1ずいぶん色黒の(というか、やや紫がかる)ドングリが落ちていました。表面が白く粉をふいているのも、ちょっと独特です。そのドングリが実っていたらしい木はあまりに背が高くて、木についたままのドングリは確認できません。
調べたら、色合いの特色よりも決定的なのはお尻の窪みでした。殻斗をはずすと、あーら恥ずかし、お尻がへこんでいます。これが尻深という名前の由来でした。
そして、下敷きにした葉です。互生・全縁(鋸歯なし)でスマートな形で、この葉は裏返していますが、表はピカピカです。
131028siribukagasi2という特徴が、今月上旬に別の場所で撮った木(↑)とつながりました。撮ったときは、「秋に花が咲く樫とか椎ってあった?」と不思議でしたが、ブナ科(樫類や椎類が属す)のなかではこのシリブカガシだけが秋に開花するのでした。
ということは、この花は来年の今ごろ、1枚目写真のようなキュートなお尻の色黒美人になるはずです。この写真にも、その気で見れば若いドングリや黒いドングリが写っていて、次はこの木のドングリのお尻を剥いてみるのが課題です。

<補注> 初夏の艶やかな葉と、若いドングリをつけた枝の様子はこちらです。(2014年6月9日)

2012年のきょうススキ> 2011年のきょうマメヅタ> 2010年のきょうケナフ> 2009年のきょうキミガヨラン> 2008年のきょうイヌザンショウ> 2007年のきょうツルコケモモ> 2006年のきょうクヌギ> 2005年のきょうクコ> 2004年のきょうニラ

|

« 10月27日(日) ヒガンバナ | トップページ | 10月29日(火) ノササゲ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月27日(日) ヒガンバナ | トップページ | 10月29日(火) ノササゲ »