« 10月26日(土) カツラ | トップページ | 10月28日(月) シリブカガシ »

10月27日(日) ヒガンバナ

131027higanbana1ヒガンバナのその後です。仲間のリコリス・オーレアが大きな実をつけるのとは対照的に、花後1カ月たっても実は膨らんできません。
131027higanbana2莢を割ってみると種らしきものはあっても、まったくの「無精卵」状態でした。これはわりと知られた話で、昔、中国から渡来したヒガンバナの遺伝子が三倍体だったため、いまもほとんどのヒガンバナは結実しないのです。
これに対し、リコリス・オーレアは立派な種ができます。ところが今まで何回か播いたもののサッパリ発芽しません。じつはリコリス・オーレアの染色体数にはバリエーションがあり、ウチの球根の出所は大手の苗屋さんなので、不稔性が疑われます。
ヒガンバナのように見るからにダメという種もあれば、リコリス・オーレアのようにヤケに期待させる見かけの種もあって、不稔というのもむずかしい話です。

2012年のきょうスダジイ> 2011年のきょうモクゲンジ> 2010年のきょうノハラアザミ> 2009年のきょうツヅラフジ(オオツヅラフジ)> 2008年のきょう原種シクラメン> 2007年のきょうツルレイシ> 2006年のきょうタウコギ> 2005年のきょうミゾソバ> 2004年のきょうヤマノイモ

|

« 10月26日(土) カツラ | トップページ | 10月28日(月) シリブカガシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月26日(土) カツラ | トップページ | 10月28日(月) シリブカガシ »