« 9月8日(日) アメリカノウゼンカズラ(黄花) | トップページ | 9月9日(月) ミドリヒメワラビ »

番外編 : がんばれアンドロイド、がんばれdocomo

130908galaxyついにdocomoもiPhoneを扱うことになって、先日、「アンドロイド事始め」でdocomoの政策をこきおろしたことが、やけに間の悪い話になりました。
これでiPhone欲しさにdocomoユーザーが他社に流出することはなくなるでしょうが、他社の顧客を奪い取る決め手にはなり得ません。やれサービス内容だとか速度だとか、3社はそれぞれ利点を言い募るでしょうが、とどのつまりは料金合戦に…というのは、願望を込めた個人的な期待です。もっとも、面倒を覚悟でスマホを格安利用している身としては、その努力がムタ“になるほど下がられても困ります(笑)。
さて、あのときの記事で一刀両断したアンドロイド機(GALAXY)でしたが、もちろん取り柄もあります。それは機械としてさわれる余地があることで、そこが鉄璧ガード(無理を承知で開けられないことはないが)のiPhoneとは大きな違いです。記憶容量が不足ならSDカードを挿せばいいし、電池持ちが不安なら大容量のものに、「簡単に」替えてしまうことができます。
写真は、自分のGALAXYをその大容量電池に換装したところで、厚みを増した電池を覆うため、裏蓋がグラマラスになっています。(オリジナルの重量がたった118gというGALAXYのもう一つのメリットはこれで帳消しに)
容量が正規品の2倍になるというこの電池のお値段は780円という驚異的な安さで、もちろん中国製ではあります。どうやらジャンクのバッテリーを並列に2個つないだもののようで、初めはちゃんと電池持ちが良くなりますが、寿命はかなり短かいようです。それでも値段が値段ですから、ダメになったらまた買えばいい話です。
などと書いてきて、苦笑いが出てきました。果たしてそうまでしてスマホを長時間使う必要ってあるのでしょうか。出先でちょっと物を調べるとかメールをチェックするとか、思いがけない景色を記録するには、今どきはお仕着せの機械でもお釣りがくるほどです。自分の場合、必要もないのにちょっとおさわりしたいビョーキがあるだけで、つまりはアンドロイドを選ぶ必然はないということです。
結論として、iPhoneが安く使えるなら.ワタシのスマホライフは事足りるわけで、さあdocomoさん、格安月額料金を仕掛けて、先行2社を追い抜いてください!

|

« 9月8日(日) アメリカノウゼンカズラ(黄花) | トップページ | 9月9日(月) ミドリヒメワラビ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月8日(日) アメリカノウゼンカズラ(黄花) | トップページ | 9月9日(月) ミドリヒメワラビ »