« 8月20日(火) タムラソウ | トップページ | 8月22日(木) ウド »

8月21日(水) チシャノキ

130821tisyanoki滑り込みセーフ!などと、つい熱闘甲子園風につぶやいてしまいました。あと数日遅ければ、このさびしげな実は影も形もなくなっていたことでしょう。同じ「チシャノキ」でも、「マルバ」の方の「これでもか!」みたいな様子とは大違いの実でした。
しかし、思い起こせば花をとらえてここに載せたのは7月1日でした。開花から実の散布までひと月半ほど、チシャノキは油断も隙もならない韋駄天の木でした。
残念だったのは、手の届く高さの枝の実はすでに完全に失われていて、味見ができなかったことです。マルバの方の実はまったくもって食用には不向きでしたが、こちら正統チシャノキの実は姿が良くて期待ができそうです。
じっくり熟していくマルバとはまるっきり違うパターンであることがわかったので、来年は7月後半くらいからしつこくチェックすることにします。

<追加記事> (2015年8月9日)
150809tisyanoki念願だったチシャノキの実を味見することができました。ただ、2年も追いかける価値があったかというと、なんとも味のない味(?)で、ワタシにとってどうでもいい部類ということだけはわかりました。
それでも鳥さんたちにはすてきな食料のようで、けっこうな売れ行き具合です。今年も、たぶんあと幾日もせずに売り切れ御礼でしょうから、実を手に取れたその幸運だけを喜んでおきましょう。

2012年のきょうワタ> 2011年のきょうフトイ> 2010年のきょうタカサゴユリ> 2009年のきょうツルリンドウ> 2008年のきょうペチュニア> 2007年のきょうオタカラコウ> 2006年のきょうオトコエシ> 2005年のきょうシロガネヨシ> 2004年のきょうガガイモ

|

« 8月20日(火) タムラソウ | トップページ | 8月22日(木) ウド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8月20日(火) タムラソウ | トップページ | 8月22日(木) ウド »