« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

7月31日(水) ジュズダマ

130731juzudama用水の辺(ほとり)で、ジュズダマが花盛りです。このブログを始めた年にも、「あ、花が咲いている。実もなってる!」と単純に喜んでいました。
あれから9年、少しは知恵がつきました。かつてアバウトに花だと思っていた、あの黄色の葯をつけた部分は、正確には雄花でした。そして、実だと思った部分は、たしかにあと少しすれば実となりますが、この時点では雌花と呼ぶべきでした。
さらに、この実(雌花)は正確には苞葉鞘であり、雌花はそのなかにあって姿を見せてくれません。ただ、白い紐のような2本の柱頭(雌シベの先)を覗かせます。写真上方の花がちょうどその段階です。写真中央のものはそのあと段階で、雄花が開くとともに、柱頭は枯れて茶色くなってショボついています。
そして、イヤな約束を発見しました。冬に真っ白になり果てたこの実を写し、「秋には必ずベストシーンを!」と決意したことがあったのです。よし、この秋こそ!

<補注> 実がカラフルに変化したシーンはこちらです。(2013年10月1日)

2012年のきょうユーフォルビア・ダイヤモンドフロスト> 2011年のきょうオオイタビ> 2010年のきょうトチカガミ> 2009年のきょうハナカンナ(カンナ)> 2008年のきょうヒツジグサ> 2007年のきょうキハギ> 2006年のきょうナツズイセン> 2005年のきょうマンリョウ> 2004年のきょうサンゴジュ

| | コメント (0)

7月30日(火) キリ

130730kiri苦しげな格好でスケールをさしのべていますが、どうにかこの葉の大きさを示すことはできたようです。実測で、葉の長さが50cm、幅は60cmありました。
ふつうに大きくなった桐の木だと、ほかの木よりも葉が大きめではあるものの、ここまでバカでかくはありません。これは幹が完全に木質化する前、実生で3~4年くらいまでの桐に限られた特別な現象です。
なぜ若木の葉が巨大なのか…その理由は桐の生長スピードにあります。娘が生まれたら桐を植え、嫁入り箪笥に仕立てるというくらいに生育力の旺盛な桐ですが、その速度を支えるエネルギーは葉の光合成に依存します。
しかし、若木は背丈が低く、自ずと葉の枚数も限られます。そこで、「枚数が少ないなら一枚一枚が大きければいい」という理屈が生まれます。なんともシンプルにしてあくまで合理的、この骨太な発想力、我々も見習わなくてはなりません。

2012年のきょうメマツヨイグサ> 2011年のきょうビロードモウズイカ> 2010年のきょうオオセンナリ> 2009年のきょうヒメイワダレソウ> 2008年のきょうシマトネリコ> 2007年のきょうマタタビ> 2006年のきょうアカザ> 2005年のきょうメヤブマオ> 2004年のきょうミズキ

| | コメント (0)

7月29日(月) アマチャヅル(雌花)

130729amatyaduru1思惑がピタリとはまるのはうれしいものです。10日前には雄株の花しか見つけられなかったこの場所で、アマチャヅルの雌花(雌株)をたくさん見つけることができました。やはり、よくある雄花(雄株)の開花先行タイプだったようです。
花色やサイズは雄花と変わりませんが、萼の下の丸い子房が雌花の印です。花弁と萼がすでに落ちた実も見えます。ただ、熟したときに現れる、あの特徴的な白鉢巻きは、まだまったく見当たりません。
130729amatyaduru2こちらは雄株で、先日よりも花が増えた感じです。いったん太いコナラの木を登った蔓が垂れ下がり、ゆらゆらと風に揺れていました。
さて遅れ馳せながらアマチャヅルのお味のレポートです。まだかわいい若葉を噛んでみましたが、「甘茶」という名に比べ、初めに来る苦さが意外でした。しかし、そのあとにやんわりとした甘さが訪れます。渋みと甘み、二つが奥深くマッチして、なかなかに玄妙な味わいです。これならアマチャヅル茶、試してみてもいいかも…。

2012年のきょうシマトネリコ> 2011年のきょうトケイソウ> 2010年のきょうベニスジ(ヤマユリ)> 2009年のきょうヌマトラノオ> 2008年のきょうウマノスズクサ> 2007年のきょうカライトソウ> 2006年のきょうママコノシリヌグイ2005年のきょうオミナエシ2004年のきょうホウキギ(コキア、ホウキグサ)

| | コメント (0)

7月28日(日) ミカイドウ

130728mikaidouそろそろ重さを増した実が、下を向き始めました。冬に、やや熟しすぎの実を試食したことがありますが、この実が赤く色づくのはもう少し涼しくなってからでしょう。(花は今年の4月に撮影しています)
しかし、このバラ科リンゴ属の仲間の見分けにくさといったら並大抵ではありません。ひとつの木を通年観察して、花と実を見て、それでも??がいっぱいです。
たぶん、比較するものがなくて1本だけ「ホイ!」と示されたら、尻尾を巻いて逃げ出すのが関の山です。それでも見栄を張ると、花や実よりも全体の木の形が違うと感じてきた今日この頃です。
ヒメリンゴは縦へののびが強く、ミカイドウはわりと奔放に横に枝をのばしている感じ…あれ、ズミはどんな感じ? それらが剪定されていてもわかるかな? まあ、バラ科リンゴ属の仲間だとわかるところまで来たんだからよしとしておきましょう。

2012年のきょうネジバナ> 2011年のきょうアルカネット> 2010年のきょうアメリカホドイモ(アピオス)> 2009年のきょうギンパイソウ> 2008年のきょうアオヤギソウ> 2007年のきょうソクズ> 2006年のきょうウマノスズクサ> 2005年のきょうコガマ> 2004年のきょうオオニシキソウとコニシキソウ

| | コメント (0)

7月27日(土) スパティフィラム

130727spathiphyllum基本的には観「葉」植物なのでしょうが、花(というか、正確には仏炎苞)を長いこと楽しめるので、鉢植えにして愛好する人が多い植物です。
ただ、直射日光はダメだけれど、陽が当たらないと花は咲かないという気むずかしいところがあります。美人さんは往々にして扱いに難儀するものなのでしょう。
それよりも問題なのはこの名前です。今まで何度かここに出そうとしても、写真を見直して「あれ、スパ…なんだっけ? ま、あとにしとこ」みたいな連続でした。それなら今回はスラリと言えたのかというとさにあらず、図鑑引き写しではあっても、もうそろそろ収録しておかなくてはと年貢を納めた次第です。

2012年のきょうハナカイドウ> 2011年のきょうムクゲ> 2010年のきょうアズキ> 2009年のきょうギンバイソウ> 2008年のきょうカリブラコア> 2007年のきょうトウモロコシ> 2006年のきょうオグルマ> 2005年のきょうシルクジャスミン> 2004年のきょうタカノハススキ

| | コメント (0)

7月26日(金) ミズナラ

130726mizunara波打つように切れ込んだ鋸歯がカシワを思わせます。しかし、葉のサイズはカシワの半分くらいなので、別物だとわかります。逆に、この葉がもう少し小さければコナラの雰囲気なのですが、要はとても中途半端(失礼!)な大きさなのです。
思い出せば、カシワもコナラもブナ科コナラ属で、その線から調べたら、これはどうやらミズナラのようです。ブナ科のシンボルであるドングリもしっかり育っています。
この木も湿地に近いところにありましたが、名前どおりに水気を好むようです。そして、別名ではオオナラと言われるそうで、たしかに冒頭に述べたようにコナラを大きくした感じではあります。
さて、オオナラがありコナラがあれば、ふつうのナラは?となりますが、これは探すだけ無駄です。材木としては「楢の木」と呼ぶものの、樹木として「ただのナラ」は存在しないのです。いろんな葵があっても「ただのアオイ」がないのは有名な話で、最初の頃は「どういうこっちゃ!」と激していたのに、最近はこのパターンにも平然です。

2012年のきょうコミカンソウ> 2011年のきょうアレチマツヨイグサ> 2010年のきょうシカクヒマワリ> 2009年のきょうルドベキア> 2008年のきょうクララ> 2007年のきょうルリタマアザミ> 2006年のきょうセリ> 2005年のきょうコンロンカ> 2004年のきょうカクレミノ

| | コメント (0)

7月25日(木) ホウキモロコシ

130725houkimorokosi1あれから10日、「まだ、もう少しあとの方が」という怠け心に鞭打って、ホウキモロコシの植え付け場所に来てみました。ヤッホー、ナイスなタイミングでした!
胸ぐらいの高さだった草丈が、すでに見上げるくらいまでのびていました。その先端では、噴き出すような勢いで花穂が開き出しています。
130725houkimorokosi2気の早い株の穂はもうこんなに飛び出していました。穂の付け根が、まさしく「あの」形で、これをたくさんまとめると、たしかに座敷箒のできあがりです。
130725houkimorokosi3これが花です。いかにもイネ科(モロコシ属)という姿です。10日前には葉がトウモロコシに似ていると思ったのですが、こうして穂を出して花が咲くと、トウモロコシとはまったく違う風情です。もちろん、花がイネみたいとは言ってもイネに似ているわけもなく、これが正真正銘のホウキモロコシ、ずっと会いたかった「憧れの人」です。

2012年のきょうシャシャンボ> 2011年のきょうニワウルシ(シンジュ)> 2010年のきょうキバナノミソハギ> 2009年のきょうフサザクラ> 2008年のきょうマツブサ> 2007年のきょうオニユリ> 2006年のきょうオトギリソウ> 2005年のきょうヒレハリソウ(コンフリー)> 2004年のきょうファンフラワー

| | コメント (0)

7月24日(水) ナンキンハゼ

130724nankinhaze1久しぶりにナンキンハゼの花を載せます。前はこの花の仕掛けがよくわからないままに、「変な雌花だなぁ~」という興味だけでシャッターを押していました。
ところがこのナンキンハゼ、「雌雄異熟」という珍しくてややこしい花の咲き方をする木なのです。上の写真だと、穂の下の雌花が先に開き、穂の大半を占める雄花はまだ蕾の状態です。先に咲いた雌花は、雌シベの先がすでに枯れかけ、もう子房もかなり膨らんでいます。つまり、これは雌性先熟タイプの木です。
130724nankinhaze2別の木だと雄花が花盛りなのに、付け根に雌花が見えません。この雄花だけの穂が落ちたあと、それより小さな穂が出て、そこに雌花がつきます。
自分の子孫を残すために、草木はいろんな保険をかけますが、ナンキンハゼの慎重さは別格です。これだけ複雑にタイミングをずらして雄花・雌花を咲かせてくれるおかげであの美しい実が眺められるのだから、ややこしいと嘆いては罰があたります。

2012年のきょうキリンソウ> 2011年のきょうシオデ> 2010年のきょうショクダイオオコンニャク> 2009年のきょうコクサギ> 2008年のきょうホテイソウ> 2007年のきょうソバナ> 2006年のきょうツキヌキニンドウ> 2005年のきょうニワウメ> 2004年のきょうルリヤナギ

| | コメント (0)

7月23日(火) シロバナキキョウ

130723sirobanakikyouノーマルな紫色の桔梗には秋風を誘うような風情がありますが、さて白い花の桔梗と涼しさ合戦をしたら、軍配はどちらにあがるものでしょう…などといたずらに勝敗をつけたがるのはやめて、きょうの写真では、これがモモバギキョウではなく、れっきとした桔梗の白花種であることを示しました。
着目ポイントはしっかりと5裂した花びらと、その中心で先を広げた雌シベです。この雄性先熟のシベのシステムには、以前、ふつうの桔梗で触れました。
このシロバナキキョウはおととしも取り上げていますが、そのときの写真はムーディさを狙うあまり、シベが写っていませんでした。思えば、白花のモモバギキョウの正体がわからず「これ、桔梗?」と悩んだときからもう5年、どうにかこれらの区別がつくところまで漕ぎ着けました。もう紛らわしいものはこれ以上ありませんように…。

2012年のきょうコマツナギ> 2011年のきょうガクアジサイ> 2010年のきょうオオアワダチソウ> 2009年のきょうエゴノキ> 2008年のきょうクリ> 2007年のきょうミョウガ> 2006年のきょうキヌタソウ> 2005年のきょうヒヨドリジョウゴ> 2004年のきょうタブノキ

| | コメント (0)

7月22日(月) センジュラン

130722senjuran気をつけているつもりでも素養の不足は隠すことができず、草木の名前はこれまであれこれと間違えてきました。そのミスの代表がこのセンジュランで、あろうことか元日に、しかも一大スクープであるかのごとき記事で赤恥をさらしたものでした。
「良薬は口に苦し」のたとえどおりで、あれからはキミガヨラン(アツバを含む)とセンジュランの葉のつき具合の差がよくわかるようになりました。したがって、今回は遠目でこの花を見つけ、近づきながら葉の茂り具合とか幹ののび方(高くなる)を確かめ、「おお、センジュランが花の時期だったわい」と喜ぶことができました。
たまたま、先月末には仲間(リュウゼツラン科ユッカ属)のイトランの花をここに収録していました。およそひと月の差はあるものの、この仲間は夏の花のようです。

2012年のきょうコマツナギ> 2011年のきょうガクアジサイ> 2010年のきょうオオアワダチソウ> 2009年のきょうエゴノキ> 2008年のきょうクリ> 2007年のきょうミョウガ> 2006年のきょうキヌタソウ> 2005年のきょうヒヨドリジョウゴ> 2004年のきょうタブ

| | コメント (0)

7月21日(日) センコウハナビ(ハマエンサス、ハマエンサス・ムルティフロールス)

130721haemanthus和名はセンコウハナビだそうです。ただ、吊り下がって咲くわけではないので、どっちかと言えば「打ち上げ花火」型ですが、それにしてはこの球状の花はせいぜいテニスボールほどの大きさなので、「ドーン」という勇壮さには欠けます。
というわけで、素直にハマエンサスと呼ぼうかと思ったら、前に取り上げたマユハケオモトがヒガンバナ科ハマエンサス属の仲間でした。あちらもハマエンサス、こちらもハマエンサスでは困ります。
したがって、こちらセンコウハナビはハマエンサス・ムルティフロールス、あちらマユハケオモトはハマエンサス・アルビフロースと呼び分けなければなりません。
おっと、拙のメモリーが「残量不足」のアラームを発しています(涙)。ここは、たとえイマイチの名前だとは思っても、センコウハナビでいくことにします。

2012年のきょうノウゼンカズラ> 2011年のきょうサンタンカ(イクソラ・シネンシス)> 2010年のきょうジャノヒゲ(リュウノヒゲ)> 2009年のきょうエンジュ> 2008年のきょうチングルマ> 2007年のきょうツボサンゴ・パレスパープル> 2006年のきょうシロネ> 2005年のきょうハナヅルソウ> 2004年のきょうアカメガシワ

| | コメント (0)

7月20日(土) ムラサキシキブ

130720murasakisikibuムラサキシキブシロシキブがあるのだから、これはミドリシキブ? …なワケはなくて、実が色づく前のムラサキシキブです。
かつては冬に色が抜けてしまったこの実に惚れたことがありました。思えば秋だけでなく、こうして夏から冬まで楽しませてくれるのだから、この実は大したものです。
庭木だとコムラサキであることが多いのですが、野山を歩けばそこにあるのは確実に本当のムラサキシキブで、高尚な名前のわりに繁殖力が強いことがわかります。

2012年のきょうフシグロセンノウ> 2011年のきょうヘリオトロープ> 2010年のきょうクヌギ> 2009年のきょうスジギボウシ> 2008年のきょうゴウソ> 2007年のきょうシダルセア> 2006年のきょうラッカセイ> 2005年のきょうセイヨウハッカ> 2004年のきょうサツマイモ

| | コメント (0)

7月19日(金) アマチャヅル(雄花)

130719amatyaduru1アマチャヅルの花を見つけました。たぶん、ここにアマチャヅルがあること、そしてその花が極小サイズ(花びらの端から端で7~8mm)であることを知らなければ、確実に見過ごしてしまうシックな佇まいです。
せめて花びらの色が、赤とは言わなくても白とかならまだ目立つのに、なんとも奥ゆかしい姿です。また、それを支えている萼のチラリズムなんてサイコーです。
130719amatyaduru2こちらは少し引いてみた眺めです。紛らわしいと言えばこの葉がそもそも問題児で、去年の秋にはヤブガラシと間違えてしまいました。実際、今回もすぐ脇にヤブガラシが生えていて、そのそっくり加減にあきれました。もちろん、アマチャヅルの葉柄にはヤブガラシのような赤みがないので、両者を比べれば違いはハッキリします。

さて今回もまた宿題を抱えました。咲いていた花はすべて雄花で、雌株はまだ花どきではなかったのです。この場所では実を撮影したので、雌株は必ずあるはずです。たぶん、よくある「雄花が先」タイプだと思うので、また来てみることにしました。

<補注> 課題だった雌花は、この記事から10日後に撮影することができました。(2013年7月29日)

2012年のきょうボタンクサギ> 2011年のきょうヨロイグサ> 2010年のきょうチチコグサ> 2009年のきょうメハジキ> 2008年のきょうオオツヅラフジ> 2007年のきょうチゴザサ> 2006年のきょうヤクシマハギ> 2005年のきょうコバギボウシ(斑入り種)> 2004年のきょうヒメヒオウギズイセン

| | コメント (0)

7月18日(木) ウワミズザクラ

130718uwamizuzakura1この時期、野良歩きすると靴の底がゴロゴロします。山桜染井吉野など、そこここの桜の実(種)が落ちて道を埋めているからです。
それらの桜に比べると、このウワミズザクラの実はやや晩生(おくて)です。これからまだ2カ月もじっくり熟し、完熟の黒紫色になるころには葉がさびしくなっています。サクラとは呼ばれるものの、ふつうのサクラ類とは少し違う生育リズムです。
130718uwamizuzakura2ただ、黄色い実と同居して、同じ穂にはすでに試食可能状態の粒もあります。サイズがサイズですから、腹の足しなど望めないし、喉を潤すのも覚束ないものですが、染井吉野の実のマズさに比べたら、ほんのりまろやかな優しい味です。

2012年のきょうスズカケソウ> 2011年のきょうニンジンボク> 2010年のきょうゴボウ> 2009年のきょうマツカゼソウ> 2008年のきょうアオツヅラフジ> 2007年のきょうシオデ> 2006年のきょうノハナショウブ> 2005年のきょうサトイモ> 2004年のきょうジュズダマ

| | コメント (0)

7月17日(水) ミソハギ

130717misohagi葉の付け根が茎を抱かない、ふつうのミソハギです。2週間前、たまたま見つけたエゾミソハギは、この部分が軽く茎を包む(巻く)感じでした。
それまで、ミソハギだけしか知らず、したがってこんな部分に迫った写真など撮ってはいませんでした。恥ずかしながら&遅ればせながらの確認写真です。
さて、そのエゾミソハギの記事で、あたかも「エゾ」の方が早咲きみたいな表現をしましたが、「ふつう」ももう花をつけているので、今年は全体に早いのでしょう。
とは言うものの、今の時点で二つを比べると、「ふつう」はいかにも咲き始め、「エゾ」はかなり満開状態に見え、開花時期に多少の時間差はあるようです。ただ、先日指摘した草丈のことも含め、そんな相対的で不確かなことは見分けのあてにはできないので、これからはあくまでも葉の付け根に注目していこうと思います。

2012年のきょうコンロンカ> 2011年のきょうエンビセンノウ> 2010年のきょうヤナギハナガサ> 2009年のきょうマサキ> 2008年のきょうヤナギラン> 2007年のきょうチダケサシ> 2006年のきょうトモエソウ> 2005年のきょうオイランソウ> 2004年のきょうヤブツバキ

| | コメント (0)

7月16日(火) アオギリ

130716aogiriアオギリの花を、ようやく花らしく写せました。じつに写真になりにくい!と嘆いたのはずいぶん前(2005年)のことで、以来、「またダメ」が続いていました。
この写真も、ピントがどこに合っているのかピンときませんが(汗)、棍棒のような蕾が5枚に割れると、内側の赤色がきれいです。擬宝珠のように尖ったシベ(雌シベ)を持つのがたぶん雌花で、先の丸いシベ(合着した雄シベ)を持つのが雄花でしょう。
これから雌花があの奇っ怪な実になるのを追いかけたいと思うし、来年は花をもう少し接写でとらえてみたいものです。
130716aogiri2それにしてもすぐに大きくなるアオギリですから、今年はようやく300mm望遠が届く位置にあった花房も、来年はまた高い位置になる恐れ十分です…などと先の心配や言い訳準備などしていないで、手近な若いアオギリを探しておくことにします。

<補注> 花と実のしかけについて、少しだけ詳しく見つめることができました。(2015年7月20日

2012年のきょうワラビ> 2011年のきょうヒトツバカエデ> 2010年のきょうヒマラヤヤマボウシ> 2009年のきょうヤブマオ> 2008年のきょうモクゲンジ> 2007年のきょうクレオメ> 2006年のきょうアサザ> 2005年のきょうヒメヒオウギズイセン> 2004年のきょうリアトリス

| | コメント (0)

7月15日(月) ホウキモロコシ

130715houkimorokosiこれがホントのホウキグサです。作付けする農家がめっきり減って、志木近辺での撮影は無理かと思っていたら、ひと畝だけ植え付けた畑がありました。
いわゆる座敷箒はこの草の穂で作ります。したがって俗称をホウキグサと言いますが、それだとあの「とんぶり」を採るホウキグサと一緒になってしまうので、ここは正しくホウキモロコシと呼ばなくてはなりません。
モロコシと言うくらいで、草姿や葉の様子がトウモロコシとそっくりです。ただし、トウモロコシはもう盛大に花が咲いているのに対し、ホウキモロコシはこのとおり、まだ花穂が見えません。来月には穂の収穫ができると言いますから、穂の様子を見逃さないように、この場所には足繁く通わなければなりません。

<補注> 次の段階の姿はこちらです。(2013年7月25日)

2012年のきょうワイヤープランツ> 2011年のきょうコリアンダー(コエンドロ)> 2010年のきょうアーティチョーク(チョウセンアザミ)> 2009年のきょうイヌビワ> 2008年のきょうムラサキバレンギク> 2007年のきょうイチジク> 2006年のきょうヒマワリ> 2005年のきょうオオエノコログサ> 2004年のきょうユリ(品種不詳・カノコユリ系)

| | コメント (0)

7月14日(日) クロモジ

130714kuromojiあれれー、ドジッたみたい…したたる汗に混じって、冷や汗がタラーリ流れました。春、「雄花(雄株)しかない」と嘆いたのは、まさにこの場所だったのです。それなのに、ここに何本かあるクロモジのうち、一本はこうして確実に雌株なのでした。
もしかして、春に撮ったなかにも雌花が?と見直しましたが、どの写真もやはり雄花にしか見えません。もっとも、ほかの雌雄異株の花と違い、クロモジのそれはかなり区別がわかりにくいものではあるようです。
しかし、今度はここに雌株があることがわかりましたから、雌花は確実にゲットできるはず…と書きつつ、しまった!とアブラ汗です。来春、また「雌株がなーい」と騒ぐ恐れは十分ですから、実のついているうちに、リボンを持って再訪が必要です。

<補注> 雌花(雌株)の様子はこちらです。(2014年4月12日)

2012年のきょうトチバニンジン> 2011年のきょうノウゼンカズラ> 2010年のきょうベニバスモモ(ベニスモモ)> 2009年のきょうミヤギノハギ(ナツハギ)> 2008年のきょうジュンサイ> 2007年のきょうチョウセンシラベ・シルバーロック> 2006年のきょうカランコエ> 2005年のきょうマルバマンネングサ> 2004年のきょうホテイソウ

| | コメント (0)

7月13日(土) ハス(古代蓮)

130713hasu冬の枯れた茎がおもしろい形を見せていた蓮沼が、カメラマンで賑わっていました。重い機材を携えた人たちが、ほぼ半日仕事の様子でがんばっています。
そこで「芸術」チックな写真はあの人たちに任せ、こちらは記録的画像に徹することにします。古代蓮がふつうの(今どきの)蓮とどう違うかと言うと、花びらの枚数が少なくあっさりしているようです。
したがって、このあっさりが美しく見えるか寂しく見えるかは主観に左右されます。「何千年も昔の種が蘇るとは!」と感動すれば輝いて見えるし、「それが種の役割でしょうよ」と冷めてしまえば、花もなにやら侘びしく見えてきそうです。

2012年のきょうシマトネリコ> 2011年のきょうハナハッカ(オレガノ)> 2010年のきょうタマゴタケ> 2009年のきょうタカトウダイ> 2008年のきょうオタネニンジン> 2007年のきょうセイヨウニンジンボク> 2006年のきょうチドリソウ> 2005年のきょうヘメロカリス> 2004年のきょうヘクソカズラ

| | コメント (0)

7月12日(金) アベリア(ハナツクバネウツギ)

130712abeliaもう今年は何度目でしょう。咲いては休み、休んでは咲き、春早い時期から秋遅くまで、こうして賑やかに花をつけます。
目に賑やかだけならうれしいのに、周囲5mほどが強烈な匂いで賑わいます。決して悪いものではないのですが、ムッと強くて、あまり歓迎できません。
行き交う車のなかにこの匂いが淡く届けば、ちょっとした癒しにはなりそうですが、この季節、窓を開けた車など皆無です。そんな車の風圧で押し寄せる匂いに閉口するのはもっぱら歩行者で、これもひとつの交通弱者問題です。

2012年のきょうハンゲショウ> 2011年のきょうヘラノキ> 2010年のきょうネジバナ> 2009年のきょうムラサキクンシラン(アガパンサス)> 2008年のきょうキブシ> 2007年のきょうヘリアンサス・アトロルベンス> 2006年のきょうカラスビシャク> 2005年のきょうヤブミョウガ> 2004年のきょうアメリカフヨウ

| | コメント (0)

7月11日(木) カラムシ(雄花)

130711karamusi1以前(2010年)は9月に載せたカラムシが、もう花をつけていました。もちろん、秋口ほどには草丈もなく、茎もまだ茶色にならず、若々しい感じです。この茎から繊維をとるにはいつごろがベストかはわかりませんが、暑い日々の作業だったようです。
130711karamusi2先年と同じく、雌花はまだ姿がありませんでした。花とは言っても雄シベが飛び出すだけのシンプルな姿です。葉につく毛虫を別にすれば訪れる虫はなく、この雄花の形からすると風媒花なのでしょう。
1個の雄花はたぶん一日で使命を終えていそうですが、後続が次々と開花を待って並んでいます。しぶとい地下茎で繁茂するので受精生殖が不可欠とは思えないのですが、それでも花粉を出し続ける健気さに、ほのかな感動を覚えます。

<補注> 記事のなかで「花を訪れる虫はない」としたのは間違いでした。風媒花ではないとするまでには至りませんが、きれいな昆虫が雌花のなかを歩いている姿を見つけました。(2014年9月20日

2012年のきょうスモモ> 2011年のきょうクサスギカズラ> 2010年のきょうギンバイソウ> 2009年のきょうコバギボウシ> 2008年のきょうイランイラン> 2007年のきょうラムズイヤー> 2006年のきょうゴシキドクダミ> 2005年のきょうアガパンサス> 2004年のきょうカラスウリ

| | コメント (0)

7月10日(水) ナンテン

130710nantenクマンバチかと思いますが、かなり大きめ(2cm弱)でした。幾匹かの団体さんで、ブンブンと羽音をうならせて盛んに採蜜していました。
この蜂、ホバリングもできるのですが、蜜を吸うときはこの写真のようにグヮシッと花を抱きしめるのです。その姿たるや、もう花まるごと食べてしまいそう…。
せっかく咲いた花になんてことを!と思う一方で、そうして蜂に花粉まみれになってもらうことが花の本望なんだよなあ、と感慨を新たにしたりします。
そんな自然の営みの結果が蜂のお尻の先に一粒写っています。バラバラと散って短命の花ですが、蜂のグヮシッのおかげでしっかりと役割完遂です。

2012年のきょうクマツヅラ> 2011年のきょうノムラカエデ> 2010年のきょうヤハズアジサイ> 2009年のきょうアブラチャン> 2008年のきょうカラスビシャク> 2007年のきょうカラタチバナ> 2006年のきょうモナルダ> 2005年のきょうサルスベリ> 2004年のきょうメマツヨイグサ

| | コメント (0)

7月9日(火) カラスビシャク

130709karasubisyakuかつては一個だけ見つけて大喜びしていたカラスビシャクのムカゴを、三つもまとめて見つけました。かつては「ないない」と嘆き、そのあとにようやく一つだけ見つけたその同じ場所です。自分の見つけ方がうまくなったのか、はたまたカラスビシャクにも生り年と裏年があるのか、どうもよくわかりません。
さて、一個だけ見つけたときの写真も見にくいものでしたが、今回もあまり進歩がありません。つい同じ手段でムカゴと花にマークしてしまいました。それだけ、カラスビシャクの色は周囲に溶け込みやすい「自然色」ということでしょう。
そして反省が一つ。前回ムカゴを見つけたとき、「これで自宅栽培」なんて張り切ったのに、そのあと、すっかり忘れていました。今年こそしっかり収穫し、来年の今ごろはカラスビシャクの鉢づくりをここに披露したいものです。

2012年のきょうザクロ> 2011年のきょうギボウシ(ラブパット)> 2010年のきょうタイトゴメ> 2009年のきょうツルレイシ> 2008年のきょうオオハンゲ> 2007年のきょうグリーンローズ> 2006年のきょうカラジューム> 2005年のきょうナンキンハゼ> 2004年のきょうタイサンボク

| | コメント (0)

7月8日(月) アメリカハナノキ

130708america_hananoki先日のトチバニンジンでも同じ反省をしたばかりなのに、またもや肝心なタイミングをはずしてしまいました。3月の中旬、ヒヨドリのおかげで樹上の花に気づいたアメリカハナノキの雌株です。そろそろ楓類らしいプロペラ型の実がわんさか賑やかだろうと期待して出かけたら、まるっきりどこにも、影も形も見つかりません。
まさか、あのあとでヒヨドリが食べ尽くしたのでしょうか。調べると、アメリカハナノキの実の成熟はかなり早いタイミングらしいので、ひょっとしたらヒヨドリのせいではなく、プロペラで飛び立ったあとかもしれません。
いま見直せば、「花」と書いたあのタイミングでも、かなり「実」の姿でした。来年は、あの時点からヒヨドリを追い払いつつ、ずっと観察する必要があるようです。
というわけで、今回は紅葉の前に青葉の形をチェックです。この春、雄株の記事を補足して葉の写真を載せましたが、昔のものであまりよくない写りでした。
130708hananokiこちら(↑)はアメリカではないふつうのハナノキです。両者を比べると、3裂の葉の形は同じでも、アメリカの方がフチにギザギザの多いことがわかります。

2012年のきょうムラサキクンシラン(アガパンサス)> 2011年のきょうヒメリンゴ> 2010年のきょうオオバノトンボソウ> 2009年のきょうヤブコウジ> 2008年のきょうサンシュユ> 2007年のきょうトリアシショウマ> 2006年のきょうキュウリ> 2005年のきょうトウネズミモチ> 2004年のきょうビヨウヤナギ

| | コメント (2)

7月7日(日) アマドコロ

130707amadokioroきょうの日付を打ち込んでいて、0707に気づきました。へー、七夕です。小さな子でもいないと、笹の葉サ~ラサラ♪とは縁がなくなります。
さあて、泥縄で笹の写真を載せようと探しても、そんな在庫はありません。仕方なく、「アマドコロの葉って、笹に似てるでしょ」と思うことに…全然似てません(笑)。
まあ、笹はどうでもいいことにして、アマドコロの実です。もう少しすると、これが黒紫色に熟します。茎もあんなにおいしいのだから、実もたぶんイケルはずです。
ただ、今のうちから実がポロポロと欠けていて、果たして試食時期まで残ってくれるものやら心配です。七夕の願いは「アマドコロの実を残して!」に決まりです。

<補注> 実はうっすらした甘さでしたが、鳥が争って食べ漁るものでもないようで、冬のさなかまで残っているのを見かけました。(2014年1月27日

2012年のきょうゴマギ> 2011年のきょうヤマユリ> 2010年のきょうタケニグサ> 2009年のきょうトモエソウ> 2008年のきょうラベンダーセージ> 2007年のきょうシャシャンボ> 2006年のきょうナス> 2005年のきょうチヂミザサ> 2004年のきょうシャグマユリ

| | コメント (0)

7月6日(土) サルナシ

130706sarunasi好きなものは何度でも撮ってしまいます。少し言い訳をするなら、09年の写真はもう少し遅い時期だったし、あまり光量に恵まれていませんでした。
それが今年は厚手の葉を透かすほどのお陽さま具合だったので、葉脈がきれいにわかるし、長くて透明感のある葉柄も惚れぼれする美しさです。
もちろん、三つ並んだ実もコケティッシュで、完熟するのが待ち遠しくなります。先々月の中旬に花の写真を載せましたが、あの特徴ある雌シベと雄シベが、実の上下にこうして枯れ残ることもお勉強できました。

2012年のきょうサフィニア> 2011年のきょうカジカエデ(オニモミジ)> 2010年のきょうイワガラミ> 2009年のきょうノカンゾウ> 2008年のきょうボッグセージ> 2007年のきょうギンロバイ> 2006年のきょうヤマモモ> 2005年のきょうリョウブ> 2004年のきょうモミジアオイ

| | コメント (0)

7月5日(金) トチバニンジン

130705totibaninjinあっれー、もう真っ赤!と独り言を発してしまいました。去年はもう1週間ほど遅くても実はまだ緑色でした。その若い実にはシベの痕跡だってありました。それなのに、これはいったいどういうことでしょう。
場所も個体も違うからと言えばそれまでですが、気になるのは赤い実よりも、その脇の線香花火のような代物です。これはまさしく花の跡ではないでしょうか。
要は今年も花を撮り逃がしたことは明らかなのですが、新たな疑問というか課題ができました。去年と今年の写真を合体すれば「花後→青い実→赤い実」という流れができるのに、2枚の写真はそのプロセスを否定しているように見えるのです。
やれやれ、つまるところは早く花を撮って、それからひと月ほどは目を離しなさんなということのようです。よし、来年は春から夏までずっと動画撮影じゃ。(-_-)

2012年のきょうイワガラミ> 2011年のきょうノハナショウブ> 2010年のきょうバーベナ> 2009年のきょうオオバギボウシ> 2008年のきょうブルーサルビア> 2007年のきょうリシマキア・プンクタータ> 2006年のきょうインドハマユウ> 2005年のきょうノブドウ> 2004年のきょうアサガオ

| | コメント (0)

7月4日(木) クチナシ

130704kutinasi若葉マークの草木ハンターでも、この美しさと香りは見逃さなかったようで、さすがにクチナシの花は、このブログの初年度に取り上げていました。
しかし、その写真はというと、いかにも初心者らしく奇をてらっていて、草木の記録としてはかなり不適切でした。そこで、ごくノーマルな花を再掲です。
革質で照りがあり、葉脈で波打つ葉も、クチナシの写真としてはポイントです。また、花の右側にはすでに花を散らした萼があります。この注射針のようなパーツが楽しくて、初年度の秋には色づき始めた実をしっかり写していました。
(最近だと、赤く熟した実がこれでもかとついた木を見つけて感動しています)

2012年のきょうナギナタソウ> 2011年のきょうニワフジ> 2010年のきょうアカメガシワ> 2009年のきょうクサフジ> 2008年のきょうキミノニワトコ> 2007年のきょうヒツジグサ> 2006年のきょうコンボルブルス> 2005年のきょうワルナスビ> 2004年のきょうメタセコイア

| | コメント (0)

7月3日(水) エゾミソハギ

130703ezomiso1これまでは8月のお盆ころに写してきたミソハギを、7月に入ったばかりというのに見つけてしまいました。壊れてしまった人間が引き起こす事件に心が痛む毎日なのに、草木のメカニズムまで壊れてしまったかと、一瞬、気持ちが暗くなりました。
しかし、よく眺めるとふつうのミソハギに比べて、草姿も花もモッサリと大きめです。調べてみると、ミソハギの近縁種にエゾミソハギというのがありました。「蝦夷」とは呼ばれていても、本州各地に生息しているようです。
130703ezomiso2ただ、「大きめ」ではアバウトに過ぎて、見分けポイントとして決定的ではありません。そこで注目すべきは葉の付け根でした。ここが茎を抱いていれば「蝦夷」、そうでなければ「ふつう」で、そういう目で見ればこの葉は茎を半分ほど巻いています。
さてそうなると「ふつう」のその箇所の拡大写真がほしくなりますが、恥ずかしいことにこれまではボケーッと花だけ見て撮っていました。今年のお盆には、「ほーら、このとおり」というおさらい写真をゲットしなければなりません。

2012年のきょうアマチャ> 2011年のきょうシロザ> 2010年のきょうストケシア(ルリギク)> 2009年のきょうタマザキクサフジ(ツルレンゲ、クラウンベッチ)> 2008年のきょうウツボグサ> 2007年のきょうイタチハギ> 2006年のきょうオカトラノオ> 2005年のきょうボタンクサギ> 2004年のきょうユズリハ

| | コメント (0)

7月2日(火) カシワ

130702kasiwaずいぶん前に「雌花の存在はわからない」といい加減にしたままだったカシワです。前年枝も含め、枝のあちこちにこれでもかとブラ下がっていた雄花に対し、雌花はどうやらこの位置(枝の先端)で咲いていたようです。
クヌギとは違って、その年の雌花が秋にはドングリになります。春に受粉して2カ月ほどが経ち、なんとなくドングリっぽい姿になってきていました。
カシワのドングリは、まだ撮ったことがないので、この秋はぜひコレクションに加えたいものです。そして次の春こそ、このドングリの位置にひっそりと芽吹いているであろう雌花を、がっちりと激写しなくてはなりません。

<追記> 翌春、雌花らしきものは撮ったのですが、その後の確認ができないまま時機を逸してしまいました。思えばドングリも未撮影で、カシワにはやや手こずっています。(2014年7月2日)

2012年のきょうツノゲシ> 2011年のきょうトウグミ> 2010年のきょうネムノキ> 2009年のきょうキンコウカ> 2008年のきょうモモバギキョウ> 2007年のきょうヤマユリ> 2006年のきょうテリハノイバラ> 2005年のきょうツルハナナス> 2004年のきょうノウゼンカズラ

| | コメント (0)

7月1日(月) オグルマ

130701ogurumaまるで手品の仕掛けのように、クルクルッと巻き込まれた花びらに感動です。まずきれいに広がった花びらがあって、それを巻きながら畳んだのなら話はわかるのですが、蕾のなかでこんな生長(細胞分裂)作業をしてしまうのだからすごいものです。
かと思うと、右の花はかなりな手抜き具合で、やれやれ、花にも真面目・不真面目の差があるのかと苦笑いが出てしまいます。
そういえば、オグルマには八重の園芸品種もありました。あれの花びらはどう展開するのだとろうと昔の写真を調べたら、右の不真面目くんと似たような、案外に簡単な仕掛けに見えます。
豪華に咲けば勝ちで、そのプロセスは不問というのが今風なのでしょう。しかし、無駄にも思えるこの巻き込み具合を愛でる文化もまた忘れたくないものです。

2012年のきょうチシャノキ> 2011年のきょうサジオモダカ> 2010年のきょうオオバジャノヒゲ> 2009年のきょうオニシモツケ> 2008年のきょうマタタビ> 2007年のきょうコナスビ> 2006年のきょうアリアケカズラ> 2005年のきょうハルシャギク> 2004年のきょうザクロ

| | コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »