« 7月27日(土) スパティフィラム | トップページ | 7月29日(月) アマチャヅル(雌花) »

7月28日(日) ミカイドウ

130728mikaidouそろそろ重さを増した実が、下を向き始めました。冬に、やや熟しすぎの実を試食したことがありますが、この実が赤く色づくのはもう少し涼しくなってからでしょう。(花は今年の4月に撮影しています)
しかし、このバラ科リンゴ属の仲間の見分けにくさといったら並大抵ではありません。ひとつの木を通年観察して、花と実を見て、それでも??がいっぱいです。
たぶん、比較するものがなくて1本だけ「ホイ!」と示されたら、尻尾を巻いて逃げ出すのが関の山です。それでも見栄を張ると、花や実よりも全体の木の形が違うと感じてきた今日この頃です。
ヒメリンゴは縦へののびが強く、ミカイドウはわりと奔放に横に枝をのばしている感じ…あれ、ズミはどんな感じ? それらが剪定されていてもわかるかな? まあ、バラ科リンゴ属の仲間だとわかるところまで来たんだからよしとしておきましょう。

2012年のきょうネジバナ> 2011年のきょうアルカネット> 2010年のきょうアメリカホドイモ(アピオス)> 2009年のきょうギンパイソウ> 2008年のきょうアオヤギソウ> 2007年のきょうソクズ> 2006年のきょうウマノスズクサ> 2005年のきょうコガマ> 2004年のきょうオオニシキソウとコニシキソウ

|

« 7月27日(土) スパティフィラム | トップページ | 7月29日(月) アマチャヅル(雌花) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月27日(土) スパティフィラム | トップページ | 7月29日(月) アマチャヅル(雌花) »