« 6月9日(日) アナガリス(ルリハコベ) | トップページ | 6月11日(火) タカノハススキ »

6月10日(月) ニッサボク

130610nissabokuとりあえず実がついていたというレポートです。先月初旬に開花の様子を載せた珍木でして、これはそのときの1枚目の写真の木です。雌雄異株または同株という変わった性質のニッサボクですが、この木は素人目には雌株に見えていました。
近くに雄株(らしきもの)はなかったので、この実が受精卵(?)であるかどうかは不明です。咲いていた花のなかには雄シベを備えたものもまれにあったので、受精している可能性も皆無ではないと思うのです。ただ、この木のすべての実で発芽試験をすることは不可能ですから、たぶん自力解決は極めて困難な課題です。
それよりも楽しみなのは、花の時期に雄株に見えた木のその後です。あいにくあの木の在処にはまだ足がのびませんが、もし1個でも実がついていたら、「雌雄異株または同株」という説明がにわかに信憑性を帯びてきます。

2012年のきょうヒメコバンソウ> 2011年のきょうキショウブ> 2010年のきょうアカショウマ> 2009年のきょうハタザクラ(実)> 2008年のきょうラミウム・マクラツム> 2007年のきょうオニノヤガラ> 2006年のきょうブドウ(ヨーロッパブドウ)> 2005年のきょうシャグマユリ> 2004年のきょうタイサンボク

|

« 6月9日(日) アナガリス(ルリハコベ) | トップページ | 6月11日(火) タカノハススキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月9日(日) アナガリス(ルリハコベ) | トップページ | 6月11日(火) タカノハススキ »