« 5月2日(木) カントウタンポポ | トップページ | 5月4日(土) ゼンマイ »

5月3日(金) ニッサボク

130503nissaboku_f1時差ボケが悪化すると日差(にっさ)ボケ…ではなくてニッサボクです。ニッサという不思議な音は、学名(Nyssa Sinensis Oliv.)の属名部分そのままで、ずいぶんと手抜きをされたものですが、逆にちょっとインパクトがあって記憶に残ります。
130503nissaboku_f2そして、肝心の花もなかなか変わっています。これがお目当てでこの木の下に立たなければ、十中八九、見逃してしまうでしょう。花びらがなく、雌シベがヤケに目立ちます。雄シベをつけた花(写真後方)も見られますが、全体ではレアな存在です。
130503nissaboku_m1さてこちらは別の場所の一本です。上のものとはまったく印象が違い、展開した若葉(長さ12~13㎝)を埋め尽くさんばかりの賑やかさです。
130503nissaboku_m2そこでググッと寄ってみました。2㎝ほどのボンボリに見えるその外側はたくさんの花の雄シベ(の葯)で、それら一つひとつの花の中心には暗緑色の雌シベに相当する物体があります。

ニッサボクは、雌雄異株または同株という気まぐれな木だと言います。今回の2カ所の木を素人の目で見ると、最初のものが雌株、あとの写真は雄株に見えますが、さてことはそんなに簡単なものかどうかです。この判定は実がつくのを待てばいいわけで、いったいどちらがどう変化するものやら、どっちにもつかなかったらどうしましょう。
と、見えない先の心配をするのは無駄ですからやめておきます。結果のわからない実より確実に楽しめそうなのは、この木の紅葉です。わりと大振りなこの葉が真っ赤に染まるらしいので、そのころの好天を心待ちにしておきます。

<実の記事> 2013年6月10日 2013年6月24日

2012年のきょうセイヨウタンポポ> 2011年のきょうシライトソウ> 2010年のきょうヘビノボラズ> 2009年のきょうギンラン> 2008年のきょうフサスグリ> 2007年のきょうシュンギク> 2006年のきょうムクノキ> 2005年のきょうワスレナグサ> 2004年のきょうカリフォルニアポピー

|

« 5月2日(木) カントウタンポポ | トップページ | 5月4日(土) ゼンマイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月2日(木) カントウタンポポ | トップページ | 5月4日(土) ゼンマイ »