« 4月7日(日) レンギョウ | トップページ | 4月9日(火) フウ »

4月8日(月) ユーフォルビア・ラクテア

130408euphorbia_lacteaちょっと見はサボテンですが、ユーフォルビアです。本来は茎の先に小さな生長「点」があって上にのびるのに、その「点」が帯化(たいか)してしまい、横広がりに生長しているところがこのラクテアという品種の特徴です。
その広がりが王冠を思わせるためか、和名だと「帝錦」とえらそうです。色も、これはわりとふつうに緑でしたが、アルビノになって白いものとか、逆に赤みを帯びているものとか、多少のバリエーションがあります。
この帯化現象は、綴化(てっか、業界では「せっか」)とも呼ばれ、植物の奇形として珍しくはないようです。代表的な例はケイトウで、あの横広がりの花は奇形が種として固定されてしまったわけです。
そんな帯化植物を身近に置くと、財布のお札も横広がりに増えてゆく…ということがあればいいのですが、これは都市伝説ならぬはた衛門のデタラメです。

2012年のきょうカツラ(雌株)> 2011年のきょうワビスケ(数寄屋) > 2010年のきょうジロボウエンゴサク> 2009年のきょうシロバナアケビ> 2008年のきょうヤマザクラ> 2007年のきょうバイモ> 2006年のきょうムシクサ> 2005年のきょうヒサカキ

|

« 4月7日(日) レンギョウ | トップページ | 4月9日(火) フウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月7日(日) レンギョウ | トップページ | 4月9日(火) フウ »