« 4月20日(土) サクラマンテマ | トップページ | 番外編 : 濃い人の濃い歌 »

4月21日(日) コナラ

130421konaraこの時期、雄花の存在は遠目にもハッキリわかるのに、雌花と来たら見つけるのも写すのもひと苦労です。直径が3~4mmほどになった今年のやわらかい枝の先に、いくつかそれらしいふくらみがありました。
一番大きなふくらみの先は三つに割れていて、これが雌シベです。もちろん花びらはなく、おもに風が雄花の花粉を運んでくれるのを待つタイプです。
似たような雌花を持つクヌギが二年越しでドングリになるのに対し、コナラはその年のうち成長しきってしまいます。ひとつの枝に何個の雌花がつき、それがどう育ち、最後にいくつがドングリになるか、継続観察すればおもしろいな…と気づいたのはいまこの記事を書いているときでした。ひらめきを良くする薬、ほしいものです。

2012年のきょうクッカバラ(フィロデンドロン・クッカバラ)> 2011年のきょうアブラチャン> 2010年のきょうチューリップ(突然変異)> 2009年のきょうハラン> 2008年のきょうニワトコ> 2007年のきょうオーニソガラム> 2006年のきょうヤマグワ> 2005年のきょうニワトコ> 2004年のきょうムクロジ

|

« 4月20日(土) サクラマンテマ | トップページ | 番外編 : 濃い人の濃い歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月20日(土) サクラマンテマ | トップページ | 番外編 : 濃い人の濃い歌 »