« 4月15日(月) ツバキ(九重) | トップページ | 4月17日(水) オンツツジ »

4月16日(火) チゴユリ

130416tigoyuri鎮守さまのお祭りの日、鼻筋におしろいを塗られ、稚児さん行列に並んだのがついきのうのよう(閻魔さま、ごめんなさい)に思い出されます。
今どきの子はビデオカメラの放列にも堂々としたものですが、あのころの子供は親が向けるカメラにも伏し目がちでした。まるでこのチゴユリの花のように…。
親指の先ほどの小さな花が、茎の先端に一輪だけ咲きます。葉だけでなく茎も、まるで稚児さんの肌のように柔らかく、こんな小さな花でもうつむいてしまいます。
しかし、結実して緑から黒に液果の色が深まるにつれ、茎の硬さは増し、実を空に向けるようになります。おかげで、花どきよりかえって目立つようになり、背丈は相変わらず低くても、この草の群落が意外に多いことに気づくのもそのころです。
130416tigoyuri2
<追加の写真と記事> 16日当日の記事で、花が茎1本に「一輪だけ」咲くと書いたのですが、こういう(↑)ケースもありました。内容訂正を兼ねて、花の内側に迫ってみました。(2013年4月21日)

2012年のきょうコブクザクラ> 2011年のきょうキクモモ> 2010年のきょうウラシマソウ> 2009年のきょうザゼンソウ> 2008年のきょうアオキ> 2007年のきょうカーネーション> 2006年のきょうツルニチニチソウ> 2005年のきょうハタザクラ> 2004年のきょうハタザクラ

|

« 4月15日(月) ツバキ(九重) | トップページ | 4月17日(水) オンツツジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月15日(月) ツバキ(九重) | トップページ | 4月17日(水) オンツツジ »