« 3月5日(火) ウバメガシ | トップページ | 3月7日(木) オクナ・キルキー(ミッキーマウスノキ) »

3月6日(水) ウラムラサキ(ストロビランテス・ディエリアヌス)

130306uramurasaki不思議な色合いの葉に初めてお目にかかってから3カ月、かなり終わりかけの花がついていました。ただ、新しい花穂も出てきているようなので、わりとタラタラと長く花を咲かせるタイプのように見受けます。
緑と紫の取り合わせの葉を見たとき、「これでもし花がオレンジ色だったら(色相環で120度ずつ離れた3色を連想)どうしよう」と心配をしていましたが、杞憂でした。落ち着いたいい紫だし、この花、キツネノマゴ科にしては案外に大きくて立派です。
ただ、開花の反動か時期なのか、葉色が冴えなくなっていました。花が立派と誉めてはみたものの、「花と葉、究極の二択」と言われたら、花芽を捨てそうです。

2012年のきょうガーデンシクラメン> 2011年のきょうヤマコウバシ> 2010年のきょうキンギョツバキ> 2009年のきょうエンドウ(莢豌豆)> 2008年のきょうテンリンジガッコウ(椿)> 2007年のきょうネモフィラ・インシグニス> 2006年のきょうショウジョウバカマ> 2005年のきょうヨモギ

|

« 3月5日(火) ウバメガシ | トップページ | 3月7日(木) オクナ・キルキー(ミッキーマウスノキ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月5日(火) ウバメガシ | トップページ | 3月7日(木) オクナ・キルキー(ミッキーマウスノキ) »