« 番外編 : 春が来るのに、ドングリです | トップページ | 3月5日(火) ウバメガシ »

3月4日(月) セツブンソウ

130304setubunsouまるで夢のようです。今まで見たなかで一番賑やかなセツブンソウの群落でした。
過去に写したセツブンソウ(2005200620112012)はすべて一輪か二輪でした。この花はそういう風にポツリポツリと林床に咲くものと思っていたので、今回の景色は大げさに言えば自分にとってショックです。
しかも、自分的にさらにショックだった(というか嘆かわしい)のは、節分のことを「旧暦で考えなければ」と思っていたことです。節分は立春(正確には立夏・立秋・立冬も)の前日のことであり、それら二十四節季は太陽の動きに基づいているので、新暦も旧暦も関係ない話なのでした。
ということで、今までのセツブンソウの掲載日で名前的に一番正しかったのは、最速記録だった2011年(1月25日)であり、あとは今年も含めてほとんど20日から40日も遅咲きということになります。
節分草と命名したのがいつの時代か不明ですが、そのときよりは地球が冷えているのでしょうか。温暖化か寒冷化か、地球もわけがわからなくなっているみたいです。

2012年のきょうナズナ> 2011年のきょうウメ(月影枝垂)> 2010年のきょうセンダン> 2009年のきょうスノードロップ> 2008年のきょうイチョウ> 2007年のきょうヒメカンアオイ> 2006年のきょうタギョウショウ> 2005年のきょうスノードロップ

|

« 番外編 : 春が来るのに、ドングリです | トップページ | 3月5日(火) ウバメガシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : 春が来るのに、ドングリです | トップページ | 3月5日(火) ウバメガシ »