« 3月25日(月) オトコヨウゾメ | トップページ | 3月27日(水) ジャボチカバ(キブドウ) »

3月26日(火) イヌノフグリ→フラサバソウ

130326inunohuguri<タイトル訂正>ようやく希少種発見!と舞い上がったのがミスの原因だったようです。
waiwaiさんからご指摘をいただき、よくよく見たら、イヌノフグリにしては萼が毛深すぎました。また、花びらがちょっと見では合弁花に見えなかったところもイヌノフグリだと思い込んだ一因でしたが、よく見ると、右上の花など、いかにもフラサバソウらしく、花弁の付け根が重ならず、隙間がはっきり見えていました。
以下の元記事は、いつものように反省のためにそのままにしておきます。

1円玉が巨大に見えてしまいます。花は仲間のオオイヌノフグリの半分程度のサイズで、色もあちらが青紫色なのに対し、こちらはごく淡い赤紫です。
どこでも見られるオオイヌノフグリに比べ、絶滅危惧種にも入れられるほどレアものになっているようです。とすれば、見つけたこの機会に名前の元になっている「物体」も写しておきたかったのですが、それにはまだ少し早かったようです。
この種の草は開花から結実までがじつにスピーディなので、忘れないうちにまたこの場所へ来てみることにします。

<補注> 本当のイヌノフグリにようやく会えました。(2015年4月18日)

2012年のきょうシュンラン> 2011年のきょうハッカクレン> 2010年のきょうハチジョウキブシ(雌花)> 2009年のきょうフッキソウ> 2008年のきょうキュウリグサ> 2007年のきょうダイコン> 2006年のきょうシンビジウム> 2005年のきょうチューリップ

|

« 3月25日(月) オトコヨウゾメ | トップページ | 3月27日(水) ジャボチカバ(キブドウ) »

コメント

これ、フラサバソウじゃないでしょうか。
イヌノフグリは、もっと小さいです。↓
http://nekobiyori.cocolog-nifty.com/days/2013/02/post-bc2c.html

投稿: waiwai | 2013/03/30 16:51

waiwaiさんへ:
いつもありがとうございます(人><。)
またやってしまいました。
「見つけた!」と思い込んでしまい、調べが甘くなりました。
チョー反省です。

投稿: はた衛門 | 2013/03/30 18:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月25日(月) オトコヨウゾメ | トップページ | 3月27日(水) ジャボチカバ(キブドウ) »