« 3月16日(土) 熱帯スイレン | トップページ | 番外編 : 志木と横浜が直結 »

3月17日(日) ナギイカダ

130317nagiikada踏み込めば踏み込むほどに課題が出てくるのが趣味というものなのでしょう。草木の場合も、写せば写すほど、次に撮るべき被写体が現れます。
と言えば高尚な雰囲気ですが、ホントのところは事前学習が足りないだけで、今回も「ふふ、これがマクロレンズの効果だわい」と思って帰宅してから、ナギイカダが雌雄異株だったことを再確認しました。ありゃー、この花、雄ですか、雌ですか??
130317makino_nagiikadaおもむろに牧野図鑑を開いたら、雄花(右)にはふつうの花だと雌シベにあたるような雄シベがあるようです。
どうも今までそんな花は見たことがない気がします。たいがいのナギイカダの植え込みは数本から数十本の垣根状ですから、探せば雄株(雄花)にも出会うことはそんなにむずかしいことではないはずです。ただ、問題はそんな垣根にかがみ込んで虫メガネを当てまわす恥ずかしさにあり、透明人間にあこがれてしまいます。

2012年のきょうウメ(鹿児島紅)> 2011年のきょうロニセラ・フラグランティシマ> 2010年のきょうソメイヨシノ> 2009年のきょうヤマアイ(雌花)> 2008年のきょうマツバギク> 2007年のきょうソテツ> 2006年のきょうアンズ> 2005年のきょうトサミズキ

|

« 3月16日(土) 熱帯スイレン | トップページ | 番外編 : 志木と横浜が直結 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月16日(土) 熱帯スイレン | トップページ | 番外編 : 志木と横浜が直結 »