« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2月28日(木) カタセツム・グレースダン

130228catasetum_grace_dunnカタセツムというのは、蘭のなかではひとつの分野になっているもののようです。この鉢にはCatasetum Grace Dunnと書いた札が刺さっていましたが、カタセツムにはほかにもいくつか種類があるし、グレースダンのなかにはまた種類があって…。
深みにはまると危ない泥沼はサラッと避けて、お気楽な鑑賞に徹します。鼻の白いおヒゲ、いや花のおヒゲが目立ちます。これは花びらが変形したものらしく、虫寄せのアトラクションでしょう。
そのお髭以上に気を惹かれるのは筍のようなバルブです。もしかして筍のような春の香りでもするかと思って鼻を近づけたら、ウォッと、花のにおいが!
もしこの花のそばで少し時間を過ごして帰宅したら、家人から「どこで遊んで来たの!」と厳しいチェックが入りそうです。くわばらくわばら。

2012年のきょうラカンマキ> 2011年のきょうオニシバリ> 2010年のきょうナギ> 2009年のきょうセリバオウレン> 2008年のきょうシシガシラ(寒椿)> 2007年のきょうブロッコリー> 2006年のきょうヤブラン> 2005年のきょうシモバシラ

2012年の2月29日エピデンドラム・ラディカンス> 2008年の2月29日フヨウ

| | コメント (0)

2月27日(水) ウンシュウミカン

130227unsyuumikanみかんの木を見上げながら、「よしッ」とつぶやいてしまいました。食べ頃が来ても放置される成りものが多くて、いつも苦々しく思っていたからです。人間様が食べないのならあたしたちがいただきます!という鳥さんに大拍手です。
ときどき、味もなければ果肉もない実を啄む鳥がいて、あれは不思議です。もし温州みかんとナンキンハゼが並んでいたら、いったいどういう食べ順になるのでしょう。
おっと、鳥のことはさておいて、温州みかんです。愛媛みかんとか有田みかん・三ヶ日みかんなど、それぞれの産地の名前を冠した名前でお店に並びますが、あれらはみんなこの温州みかんということになります。
もっとも、何十種もの栽培品種があり、各産地それぞれにこだわりの品種があるわけで、「みんな温州みかん」とひとくくりにされるのはさぞ迷惑な話でしょう。

2012年のきょうオオフサモ> 2011年のきょうキョウチクトウ> 2010年のきょうコナラ> 2009年のきょうクリスマスローズ(コルシカス)> 2008年のきょうナツトウダイ> 2007年のきょうエリカ・クリスマスパレード> 2006年のきょうマンゲツロウバイ> 2005年のきょうジンチョウゲ

| | コメント (0)

2月26日(火) アミメヘイシソウ(レウコフィラ、サラセニア・レウコフィラ)

130226leucophylla小さい頃、父がこの食虫植物をどこかで買ってきました。自分が気に入ったのか、子供に見せたかったのか、今となっては不明ですが、鮮やかに記憶に残っているのだから、教育(?)効果はあったようです。
そのときはサラセニアだと言っていたし、今も流通名としてはそう呼ばれるようです。ただ、サラセニア科サラセニア属にはほかにもいろいろ種類があるので、正式には種名であるレウコフィラと呼ぶべきもののようです。
さらに和名は難度が高く、表題のカタカナを一読して書き取りができたら、ATOKに勝ったことになります。ちなみにきょうのワタシのATOKは「編み目兵士層」でした。正解は網目瓶子草です。瓶子って、徳利の親分のようなあれですが、うーむ、今の生活から瓶子を連想するのは無理でしょう。いっそ、網目便座草なんていかが?

2012年のきょうスギ> 2011年のきょうラクウショウ> 2010年のきょうムクノキ> 2009年のきょうカンザクラ> 2008年のきょうオウバイ(梅)> 2007年のきょうカワヅザクラ> 2006年のきょうクリスマスローズ> 2005年のきょうコハコベ

| | コメント (0)

2月25日(月) コーヒーノキ

130225caffea自宅を改造し、ご夫婦で切り盛りしている喫茶店を見つけました。ご主人が淹れるコーヒーと奥様手作りのケーキが、とても上品なひとときを醸してくれました。
その店の隅でコーヒーの木が実をつけていました。この木自体はあまり珍しくなくても、こんなにたわわに実をつけた姿は初めて見ます。
厚かましくもおねだりして、一粒いただきました。この真っ赤な実はジューシーで甘く、食べてもかまわないそうです。そして、なかにはあのコーヒー豆がおネバにくるまれ、真っ白な状態で二粒入っていました。
さてこうなると、確かめたいのは花です。初夏に真っ白な花をつける(らしい)のですが、かなり短命(2日?)だと言います。うまくその日に遭遇することができたら、帰り道で宝くじを買うことにしておきましょう。

2012年のきょうシクラメン> 2011年のきょうエンジュ> 2010年のきょうヤタイヤシ> 2009年のきょうアカバナアセビ> 2008年のきょうアオキ> 2007年のきょうオカメザサ> 2006年のきょうフクジュソウ> 2005年のきょうアブラナ

| | コメント (0)

番外編 : パソは新しくなったものの…

Celasusg558_performance_2
Celasusg557_performance_2
Atx4200_performance_2草木の次に好きなのはパソ(あれ、お酒はどうした・笑)なので、ついその記事が多くなります。先日、せっかくメイン機(の主要パーツ)を更新したので、旧機との性能比較をここに記録しておきます。
写真上から、新マシンのWindows8稼働、同・Windows7稼働、旧マシンのVista稼働(2008年8月)のシステム評価表です。各スコアが確実にボトムアップしています。特にうれしいのは、マザーボード自体のグラフィック性能があがったせいで、グラフィックボードを入れてもいないのに、そこそこバランスのとれたスペックになったことです。
ゲームはしないし、動画はたまにYoutubeを見るくらいなので、自作派のくせにまだグラフィックボードを入れたことがありません。それが、最新のマザボのおかげで費用対効果はなかなかになるのだからありがたいことです。今回のメイン機更新は、ハードだけだと29,785円、Windows8のプログラム代を含めても総費用36,585円でした。

ただ、このシステム評価表には注意が必要で、OSによって評価上限値(満点)が異なる(Vista=5.0、Win7=7.9、Win8=9.9)のです。これでは、たとえば満点の半分の性能だったとしても、それぞれ2.5、4.0、5.0と表示されてしまいます。違う見方をすれば駆けっこのゴールテープがだんだん遠くに設定されるような…。つまりはハードに対するOSからの要求値がどんどん高くなっていて、我々ふつうのユーザーはその果てしないエスカレーションごっこに無理矢理つきあわされている感じです。
それが証拠に、ケチケチ路線とは言えある程度のお金をかけ、手間もかけた効果はどうだった(体感的な快適性の向上度合い)かと言うと、あまり語りたくないレベルなのです。たしかに、先日レポートしたように、起動や終了は驚速になりました。
しかし、いざ立ち上げてからは、かつてニューマシンに換えたときの感動(静か!とか速い!とか)などはないのです。せいぜいエクセルで大量の行データを別の列にコピペするとき、前なら「うんしょ」とワンクッションあったのが、今度は「ひょい」という感じにはなりました。
たぶんこの感動の薄さは、去年の4月に導入したSSDのせいです。このデバイスのおかげで、OS起動やアプリ展開が圧倒的に速くなっていたので、今回のパーツ更新の効果がそれほど感じられなかったようです。ちなみに、CPU・マザボ・メモリーなどが旧機そのままなのにSSDだけ外したHDD仕様の新サブ機を使ってみると、「あれれ」と思うほどに動作緩慢な感じがします。
冷静に考えるなら、XP以降はフリーズという言葉が死語になっているし、「うんしょ」から「ひょい」が3万なにがしの持ち出しに値するか、自分のPC使用目的からすれば大いに疑問です。
などと文句を言いながら、どこかでパソいじりを楽しんでいる不肖はた衛門のような輩がいる限り、メーカーの過大性能無理強い政策は止まらないのでしょう。
Living_pc_8【記事追加】 そういえば、1月末に「8化」したリビングPCのスコア(↑)を計測していませんでした。機械的な変化はないのに、OSがVistaだったときよりは各スコアが0.1くらいずつ上がっていて、これは8がシステムを生かしているということなのでしょう。
とにかく、小さなマシンのわりには健闘と言えるレベルに思えて安心しました。

| | コメント (0)

2月24日(日) オオハナワラビ

130224oohanawarabi1ひと月前、オオハナワラビだと思って写したものがどうもアカハナワラビらしくて、やや及び腰でレポートしました。そこで、今度はこれぞオオハナワラビというものを2カ所で確認して、アカハナワラビらしきものとの差を明確にできました。
今までフユノハナワラビと「オオ」の区別で頼りにした葉のギザギザは、「オオ」の切れ込みが「アカ」よりやや浅いとはいうものの、その差は「フユ」対「オオ」ほど決定的ではありません。やはり「オオ」が「オオ」である証明は茎や葉軸にボソボソと生えている毛で、先日の「アカ」のそこがツルッとしていたのとははっきりと違います。
130224oohanawarabi2あと補完的には葉の寝具合です。「アカ」の場合、各小葉が立ち上がる感じだったのに、「オオ」はベタッと広がって(垂れて)いる感じがしました。
とは言いながら、ハナワラビ類は(も?)素人にはかなりの不可侵領域です。そもそも種類が多いし、それらの交雑種もあるらしく、なにやら「わかったぞ」みたいなことを書けば書くほど不安は増してきます。「ステップバイステップ」…こんな気分のときに自分を慰める魔法の言葉です。

2012年のきょうモミジイチゴ> 2011年のきょうヒオウギ> 2010年のきょうウラジロモミ> 2009年のきょうヒマラヤスギ> 2008年のきょうカンザクラ> 2007年のきょうオステオスペルマム> 2006年のきょうセツブンソウ> 2005年のきょうカワヅザクラ

| | コメント (0)

2月23日(土) オオムラサキ、ほか5種

130223oomurasaki_2チラッと言ってはみたものの、内心、「どうだったっけ?」と不安になることはあるもので、今月3日のオンツツジでの発言が最近のそれでした。「ツツジには冬でも葉を落とさないものと落葉してしまうものがある」と簡単に逃げたものの、「具体例は?」と突っ込まれたら困るなあ…と後ろめたい気持ちの3週間でした。
そこで、ツツジ類(ツツジ科ツツジ属)のいくつかを常緑~落葉の程度で分類し、いくらかでも気分を晴らすことにしました。まずは常緑タイプの代表がオオムラサキです。園芸種で、公園や道路分離帯のスター、ツツジと言えばこれ!という感じです。
130223kirisimaしかし、そう決めつけては「ツツジと言えばキリシマでしょう」という渋い趣味の人には叱られそうです。実際、愛好家の多い品種であり、これも常緑タイプです。
130223satukiそして、次のタイプは「常緑ないし半落葉」という中間タイプで、サツキがこれにあたります。埼玉近辺ではサツキは冬でもほとんど葉を落とさないものの、もう少し寒冷地になると半落葉になるのでしょう。
130223yamatutuji三番目のカテゴリーが「半落葉」で、ヤマツツジがそれにあたります。平地では冬でもあまり葉を落とさないのに、名前どおりの山で見ると、かなり寂しい冬姿です。
130223motitutuji次は「半落葉ないし落葉」タイプで、手近で撮影できたのはモチツツジでした。
130223ontutuji最後の分類が「落葉」型です。先日のオンツツジがこれにあたります。そしてこの時期の写真は撮れなかったもののミツバツツジもこのタイプです。
まだまだあげればキリがないはずで、「冬に葉があるかないか」という視点でツツジ類を眺めるのも楽しいことだと知りました。え、「頭に毛があるかないか」という視点でオジサンを眺めるのも楽しいことだ? ふん、そんなの、ぜんぜん楽しくありません!

2012年のきょうヒトツバ> 2011年のきょうハイネズ> 2010年のきょうプリムラ・シネンシス> 2009年のきょうギンヨウヒマラヤスギ> 2008年のきょうサザンカ、カンツバキ> 2007年のきょうスズランエリカ> 2006年のきょうカラタチ> 2005年のきょうクマザサ

| | コメント (0)

2月22日(金) ハス(古代蓮)

130222hasu池の水面にモニター画面が! はたまたシルクドソレイユのステージを駆け巡るあの大きなパイプの立方体か?
蓮の枯れ姿というのは美しくて、見つけるたびに写してきたのですが、ようやく会心の一作が撮れました。これでもう少し水面がきれいなら文句はないのですが、そんなことを言ったら刈り取らずに放置しておいてくれた管理者に申し訳がありません。
これは「行田蓮」という古代蓮だそうですが、さすがにこんな姿ではどこがどう「古代」なのか、さっぱりわかりません。花の時期にもう一度ここに来てみたいものです。

<補注> 公約どおり、この年の夏に花を撮影できました。(2013年7月13日)

2012年のきょうヒメシャラ> 2011年のきょうクコ> 2010年のきょうピレア・モリス> 2009年のきょうギンヨウアカシア> 2008年のきょうフィカス・アルテッシマ> 2007年のきょうクモマグサ> 2006年のきょうナガバジャノヒゲ> 2005年のきょうミヤマウグイスカグラ

| | コメント (0)

2月21日(木) ハシバミ

130221hasibami_b弱ったなぁ~とつぶやきながら、300mm望遠をめいっぱい効かせて、上空を写しまくりました。せっかく去年の秋に見つけたハシバミの木なのに、その雌花(ピンクでマーク、緑マークは葉芽)はとんでもなく高いところにしかついていません。
先年、雌花・雄花をセットで、手持ちしたスケールまで一緒に写し込めたのはまだ小さな木でした。しかし、あの撮影地は北国で(したがって、雄花全開とは言え、時期がかなり遅め)、おいそれと行ける場所ではありません。
雌花に手が届かなければ、期待している「収穫」だってできません。こののっぽハシバミの収穫用マジックハンドを工作すべきか、近所でもう少し低く展開するハシバミを見つけるべきか、じっくりと考えてみることにします。

2012年のきょうコハコベ> 2011年のきょうキツネノカミソリ> 2010年のきょうフラサバソウ> 2009年のきょうキヅタ> 2008年のきょうユキワリイチゲ> 2007年のきょうヒメイタビ> 2006年のきょうナギイカダ> 2005年のきょうクロッカス

| | コメント (0)

2月20日(水) トラフアナナス

130220torahu_ananasトラフと聞けば、つい「南海トラフ、巨大地震!」と連想してしまうのですが、この美しい葉はそんな物騒な海の底とはなんの関係もありません。漢字にすれば「虎斑」で、この文字と写真を見比べれば、なんの説明もいりません。
一方のアナナスは、パイナップル科の総称として園芸店では定番の名前です。このトラフアナナスを含むフリーセア属を始め、アナナス属 ・グズマニア属・エクメア属・ブロメリア属などを全部くくってアナナスと呼んでしまいます。
これらは夏になると派手な花苞に包まれた花をつけます。もちろん、このトラフアナナスも燃えるような赤い大きな花穂を立てます。ただ、そんなものが邪魔に思われるほど、この葉は魅力的です。などと言いながら、夏には花にグッと迫ってしまう軽薄な我が性質はよくわかっているので、まずは葉だけを褒め称えておきましょう。

2012年のきょうウラジロガシ> 2011年のきょうヒメムカシヨモギ> 2010年のきょうユーカリノキ> 2009年のきょうショカツサイ(ムラサキハナナ)> 2008年のきょうウグイスカグラ> 2007年のきょうエリカ・ファイヤーヒース> 2006年のきょうナニワズ> 2005年のきょうイチゴノキ

| | コメント (0)

2月19日(火) キンカチャ

130219kinkatya小学生のころ、「黄色いからす」という映画を見ました。内容はとんと思い出せないくせに、未だにこのタイトルは脳裏をかすめます。
さてこちらは「黄色いつばき」でして、カラスが黄色いのと椿が黄色いのと、どちらがおもしろいか考え込んでしまいます。まあ、還暦過ぎまで生きてきてまだ見ることのない黄カラスより、黄椿の方が目を楽しませてくれるのは確かです。
ふつうの椿と違うのは花色だけでなく、葉が大きくてしかも葉脈の彫りが深めです。写真右手には透けて見える葉がありますが、葉の縁まで届かずに回り込む葉脈がチャノキとよく似ています。名前の「金花」は了解できても「茶」が余計かなと思っていましたが、こうして現物を見ると、なるほど「茶」でもいいかとうなずいてしまいます。

2012年のきょうエビモ> 2011年のきょうタチバナ> 2010年のきょうタコノキ> 2009年のきょうキバナセツブンソウ> 2008年のきょうバイモ> 2007年のきょうカキナ> 2006年のきょうマサキ> 2005年のきょうオウレン

| | コメント (0)

番外編 : メインPCの仕様更新と「8」化

130218parts_shift_2先日、ネットショッピングの送料無料化傾向を取り上げたとき、愛機の更新用パーツをあわてて手当した経緯を書きました。そのとき、「組む時間の目処も立たない」などとホザいたのですが、時間なんていつでも作り出せるものでした(笑)。
というか、今回は現用機のバラシ&新パーツの組み付けという面倒なことをしたのですが、その工作だけなら2時間もあれば余裕でした。ケチケチしないなら、いま使っているパソはイジらずそのままにしておき、まったく新規の1台を組めば楽だし、それがうまく動かなくても慌てずに済むのは当然です。その意味では、今回はあえて余計な冒険に挑戦してみました。
上図が今回の更新作業の概要です。メイン機がもう5年近くなるというのが更新の一つの理由ですが、もっと切実だったのはデータバックアップに使っているサブ機(2004年購入のデルDIMENSION2400)の速度が我慢の限界に来ていたからです。購入当時の記事を見ればベタほめなのに、9年の歳月は価値尺度を激変させます。
そういうわけで、現状で特に不満のないレベルにあるメイン機のパーツをサブ機に移植し、抜けたパーツを「いまどき」のレベル(しかし廉価ゾーン)に更新するというのが今回の粗筋なのです。
さらに、XP・Vista・7のトリプルブートだったメイン機のOSを7と8のデュアルブートに替えました。また、それら二つのOSは別々のSSDに収め、プログラム以外のデータは共通のHDDに収納するようにしました。これは、起動やアプリ速度を上げながら、まだ値段の高いSSDは最低サイズで済ませるというお財布軽量派のお約束手段です。
130218dualboot_messageさてそのデュアルブートのOS選択画面がこれ(↑)です。前のトリプルブートの選択画面と比べ、格段にお洒落になりました。「8」そのものは本当に「馬鹿にすんなよ!」と言いたいくらい遊び志向のOSで、手なずけるのに手間がかかりそうですが、こういうグラフィックは本当にきれいです。しかも起動やシャットダウンが速いので、それらの満足と前記の怒りとが微妙に釣り合って、さあて、この先、どうなることやら?
130218speed_comp_2その速さの比較がこの表(↑)です。「新しいメイン機」のCPUやマザーボードは共通なのに、「8」の起動とシャットダウンは「7」より圧倒的に高速です。もちろん、パーツ更新前のメイン機(OS=7)と比べれば、起動時間が半分に、シャットダウン時間はなんと1/5に短縮されました。
しかもうれしいのは、メイン機に先立って「8化」していたリビングパソ(SSD仕様)よりも起動がずっと速いことです。これはもっぱら新マザーボードの効果と思われ(BIOS通過時間が激減)ます。小さな箱(ミニタワー)に大きなボード(ATX)を無理やり突っ込んだ甲斐がありました。
参考までに、現役で使っているHDD仕様のモバイルPC(OSは7)のスピードも表に入れておきました。このごろこれを外出先で使うと、立ち上げも終了も、「あれ、トラブル?」と思うことがしばしばで、ついこの間まで自慢の1台だったことが嘘のようです。

| | コメント (0)

2月18日(月) フクジュソウ

130218hukujusou「どっこいしょぉ」という声が聞こえそうです。ヤブランの葉を押し上げ、コナラの枯葉を撥ね除け、ついでにヤブコウジにまで「邪魔だ、邪魔だぁい」と噛みつきそうにして、フクジュソウが姿を現し始めました。
さてこういう春の使者を見つけると、それが早いの遅いのと例年と比べたくなるのが凡人の常でして、自分の過去ログを調べてみました。もちろん、いつも違う場所で撮っているし、それぞれの開花状態も異なりますが、掲載日の早い順に並べてみます。

1月17日(2005年) : ほころんだ蕾
2月7日(2006年) : 咲きそうな蕾
2月17日(2008年) : 満開状態
2月25日(2007年) : 葉が展開
3月9日(2011年) : 葉が生長

もっとあとさきがあるものかと思っていたら、案外順当に日並びしていたので肩透かしを食らいました。しかも、福寿草の異名である元日草(今年の旧暦元日は2月10日)にふさわしい出現の頃合いです。年賀状で食傷してしまった「新春・初春」という文字を、このヤンチャな黄花に重ね合わせて、今一度噛みしめてみました。

2012年のきょうシラカンバ> 2011年のきょうニワウルシ(シンジュ)> 2010年のきょうゴレンシ> 2009年のきょうアスクレピアス(トウワタ)> 2008年のきょうハンノキ> 2007年のきょうカンヒザクラ> 2006年のきょうタネツケバナ> 2005年のきょうウメ

| | コメント (0)

2月17日(日) タギョウショウ

130217tagyousyou二度で十分ですゥと思っていたのに、三度目の雪があって、しかもまだまだ降る気満々らしいのには閉口します。ただ、この辺では滅多にない雪景色を撮れるのが個人的にはうれしいことで、今回は「雪原の松」と洒落てみました。
その松がただの松ではありません。根もとからたくさんの幹が株立ちになるので、賑やかというか、異様ではあります。前に長瀞の博物館に植わっていたものを載せていますが、今回のものはそれよりずっと古株で堂々としています。
滋賀県には、学名がこれと同じ(つまり同品種)なのにウツクシマツ(美松)と呼ばれるものが群生する名所があるそうです。幹がタギョウショウほど横に広がらないところが残念ですが、植栽でしかお目にかかれないタギョウショウと異なり、自然に群生しているというのは必見ポイントです。憧れの地がまた増えました。

2012年のきょうセキショウモ> 2011年のきょうネコヤナギ> 2010年のきょうスイセイラン(彗星蘭)> 2009年のきょうバニラ> 2008年のきょうフクジュソウ> 2007年のきょうイノモトソウ> 2006年のきょうウメ(白梅)> 2005年のきょうナズナ

| | コメント (0)

2月16日(土) ラムズイヤー(ワタチョロギ)

130216lambs_earおやまあ、羊の耳が白兎のそれになっていました。この葉はもうこのまま蕩(とろ)けてしまうのでしょうが、地際には若々しい小羊の耳が見えています。さすが、多年草の面目躍如というしたたかさです。
そんな丈夫さとは話が別ですが、ラムズイヤーの和名って、ほとんど誰も意識しない(知らない?)はずです。なんと、それは「ワタチョロギ」! チョロギって、あのソフトクリーム型の根茎をお漬け物にする、あれです。ただ、ラムズイヤーにあんな根茎がつくなんて聞いたこともなく、思い出せば両者は花が似た感じです。
チョロギの花、どこかで見た(撮った)記憶があるのですが、さて、写真を見つけるのが先か、再びどこかで会えるのが先か、自分のなかの楽しみができました。

2012年のきょうキリ> 2011年のきょうカワヅザクラ> 2010年のきょうパフィオペディルム・サンデリアヌム> 2009年のきょうカカオ> 2008年のきょうベンジャミン> 2007年のきょうサルココッカ> 2006年のきょうワルナスビ> 2005年のきょうヒメオドリコソウ

| | コメント (0)

2月15日(金) ミヤマシキミ

130215miyamasikimi1きのうのオモトがそのまま木になってしまいました…みたいな馬鹿を言いたくて、2カ月ほど前の写真を引っ張り出してしまいました。
そこまで無理に出演させておいて毒づいたら罰が当たりますが、このミヤマシキミという名前にはどうもなじめません。深山(みやま)という冠の乱発はこの世界の常識なのでいいとして、この「シキミに似る」という葉が問題だと思うのです。別にシキミでなくても、モッコクでもネズミモチでも、なんでもよかったんじゃあるまいか、と。
130215miyamasikimi2いえいえ、出てもらうたびに文句を言っては不憫です。口直しに真っ赤な実をかじってみました。スカスカの無味無臭で、なかには白い種がありました。せめて実ぐらい、「うわ!」と人を驚かすパンチがあればいいのに、どこまでも地味なお方です。
今どきは、芸人のみならず素人までがあざとい特徴を売りにする時代ですが、特にどこがどうということがなくても凛としてそこにある、そんな木や人間にいつもハッとさせられます。手のひらの赤い実を握りしめ、ミヤマシキミさんに最敬礼です。

2012年のきょうシライトソウ> 2011年のきょうハンノキ> 2010年のきょうモミ> 2009年のきょうイトススキ> 2008年のきょうホルトノキ> 2007年のきょうオニヤブソテツ> 2006年のきょうオオイヌノフグリ> 2005年のきょうマンサク

| | コメント (2)

2月14日(木) オモト

130214omoto「ハックショイ! このごろ誰かワシの噂をしておるな」と万年青(おもと)さんがお腹立ちかもしれません。そう、10日前のキソウテンガイのときに「枯れそこないのオモト」なんて失礼を言いつつサバクオモトという別名を登場させているし、おとといのムラサキオモトのときにもお名前を拝借していました。
鉢植えで丹精されている万年青とは違って、自然の林床に育つものは葉がいろいろと痛みやすく、たしかにキソウテンガイを見た人が「オモトみたい」と思っても不思議ではありません。一方、ムラサキオモトを名付けた人がイメージしたのは、きれいに育てられた鉢植えの葉だったのでしょう。
園芸品として長い歴史のある万年青ですから品種も多様であり、冬枯れの林のなかで輝いていた実は、その付き方が前に写した鉢植え品とは少し違っていました。

2012年のきょうカラマツ> 2011年のきょうノカンゾウ> 2010年のきょうヘンヨウボク(クロトンノキ)> 2009年のきょうリョウメンシダ> 2008年のきょうコバノカモメヅル> 2007年のきょうナギイカダ> 2006年のきょうアテツマンサク> 2005年のきょうヘンヨウボク(クロトンノキ)

| | コメント (0)

2月13日(水) アリドオシ

130213aridoosi本当はこのアリドオシを正月に掲載し、センリョウマンリョウと並べて「千両・万両、有りどおし~!」とほざいてみたいのです。ところが、万両・千両・十両(ヤブコウジ)はどこでも見つけられても、百両(カラタチバナ)はやや稀少になり、この一両(アリドオシ)、しかもこうして自然状態のものとなると、なかなか目にしにくいのです。
加えて、暮れだろうが正月だろうが野歩きは欠かしていないのに、一両が実をつけた姿を見るのは、なぜか今ごろになってしまうのです。単に巡り合わせが悪いだけだとは思うのですが、先の駄洒落、なんとかして元日に叫んでみたいものです。

2012年のきょうクリハラン> 2011年のきょうオウギバショウ(タビビトノキ)> 2010年のきょうドンベヤ・ワリッキー> 2009年のきょうマツザカシダ> 2008年のきょうカマツカ> 2007年のきょうアブラナ> 2006年のきょうネコヤナギ> 2005年のきょうユキヤナギ

| | コメント (0)

2月12日(火) ムラサキオモト

130212murasakiomoto葉裏の赤紫が鮮やかです。細くてスマートな葉が立ち気味に長くのびるので、その美しい色が自然と目に入ります。
寒さには弱く(中南米原産)、日当たりが大好きだといいます。冬場なら、暖かな部屋の窓辺がレギュラーポジションでしょう。
さて、このムラサキオモトとつい比べてしまうのがウラムラサキです。その掲載のときも同情したのですが、葉の裏が紫という事情は同じなのに、ずいぶん日陰者的な名前をつけられたものです。と思ったら、こちらだって万年青(おもと)のイメージとはずいぶん遠いのに強引に万年青呼ばわりされていていることに気づきました。
本来はなかった草木にあとから名付けするからこうなるわけで、専門の人からは「不満があるなら学名で呼びなさい」と叱られそうです。よし、がんばって覚えようかと思ったら、Rhoeo spathaceaとTradescantia spathacea、二通りの学名が見つかりました。ごめんなさい…文句など言わずにムラサキオモトでいくことにします。

2012年のきょうヤマコウバシ> 2011年のきょうモンステラ(ホウライショウ)> 2010年のきょうレッド・ジンジャー> 2009年のきょうアブラチャン> 2008年のきょうオーブリエチア> 2007年のきょうアリドオシ> 2006年のきょうミドリハコベ> 2005年のきょうミツマタ

| | コメント (0)

2月11日(月) ウメ(トウジバイ・冬至梅)

130211touji今年は(も?)梅が遅く、先陣を切る冬至梅が今ごろ咲き出しました。野梅(やばい)系統の園芸品種なので、白の一重中輪があっさりした風情です。
名前からして暮れのうち(冬至のころ)に開花する「べき」品種なのですが、梅はどうもひと月半くらいのズレはごく当たり前のようです。
そう言えば、これも早咲き種の一つである八重寒紅も、ようやくこの頃咲きそろってきました。草木の開花が暦とよくシンクロすることにはいつも感心しているのに、梅に限ってはその勝手気儘さに感心してしまいます。

2012年のきょうトキワナズナ(宿根イベリス)> 2011年のきょうオンシジューム> 2010年のきょうコチョウラン> 2009年のきょうマリアアザミ> 2008年のきょうタチヤナギ> 2007年のきょうオキザリス・華恋(かれん)> 2006年のきょうシナマンサク> 2005年のきょうヤブツバキ

| | コメント (2)

2月10日(日) ミズバショウ

130210mizubasyou_1今季二度目の雪が降ったり、極寒の風が戻ったりで、気分はついつい塞がります。しかし、こんな健気な芽吹きに会えば、グンと元気が出てくるというものです。
本来の水芭蕉の里はまだまだ雪に埋もれているのでしょうが、埼玉南部の平地ではもう若葉が展開し出していました。来月の末になれば、あの白い頭巾(これはもう死語? 今風に言えばフードでしょうか)を見ることができます。
130210mizubasyou_2ただ、残念ながらこのあたりではあの仏炎苞がきれいに開きにくいので、ちょっとズルをして、過去に雪国で春(4月末)に撮った写真を載せておくことにします。

2012年のきょうイヌツゲ> 2011年のきょうナガバノモウセンゴケ> 2010年のきょうカトレア> 2009年のきょうムサシアブミ> 2008年のきょうハマボッス> 2007年のきょうナワシログミ> 2006年のきょうウメ(紅梅)> 2005年のきょうジャノメエリカ

| | コメント (0)

2月9日(土) フブキバナ

130209hubukibana果たして南アフリカ(この木の原産地)にも吹雪があるものかどうか、タイトルはあくまで和名です。英語では、ジンジャー・ブッシュ(生姜の藪?)と身も蓋もない言い方をするようです。紫蘇(この木はシソ科)と生姜が混乱しているし、名前からしてあまりロマンチックなイメージは持たれていない感じです。
そんな海の向こうの状況はさておき、日本の温室ではじつに清らかで格調高い存在ではあります。花の重さで枝が撓って揺れるところなど、かなり無理をすれば吹雪に思えなくもありません。
そして、葉に目を移せば、むしろこの木の特徴は花よりもこちらではないかと思ってしまいます。鋸歯と言えばふつうはギザギザなのに、この葉のそこはまるでレースの縁取りのように半円が並んでいるのです。これでは鋸(のこぎり)とは言えないので、「レース歯」と呼びます…というのはまったくのデタラメです。

2012年のきょうクズ> 2011年のきょうグズマニア> 2010年のきょうセントポーリア> 2009年のきょうタチツボスミレ> 2008年のきょうカリン> 2007年のきょうハラン> 2006年のきょうロウヤガキ> 2005年のきょうコエビソウ

| | コメント (0)

2月8日(金) タカサゴユリ

130208takasagoyuri百合の仲間はだいたいに背が高くて、自然のヤマユリウバユリの花を撮るときは、自分の目の高さに近いので屈まずに済み、ずいぶんと楽ができます。
そのノッポの理由が、別に花を目立たそうとしてではなく、種を遠くに飛ばしたいからなのだと気づくのは、こうして風に揺れる実(朔果)を眺めるときです。冬の野辺に立ち尽くすユリ属の朔果はよく目立ちます。
このタカサゴユリは、それらのなかでもスマートさが抜きんでています。種をすべて飛び立たせた今、朔果はもはや抜け殻となり、陽光に煌めいていました。

2012年のきょうナツハゼ> 2011年のきょうトチノキ> 2010年のきょうサンタンカ> 2009年のきょうモミジバフウ> 2008年のきょうシシガシラ> 2007年のきょうキャラボク> 2006年のきょうナツミカン> 2005年のきょうオオイヌノフグリ

| | コメント (0)

2月7日(木) コウヤボウキ

130207kouyabouki1コウヤボウキはもう何回も取り上げていて、またぞろ登場させる意味があるのか悩みました。しかし、かつて載せたピンク白の冠毛も、ここまでグッと迫ってみてはいませんでした。つまり、今回の掲載趣旨は、この毛が種の運搬役である証明です。
130207kouyabouki2などと言いながら、すぐにグッとカメラを引いてしまいます。コウヤボウキの冠毛は、こんな風にピンクが強いものがある一方で白いものも見かけます。前は時期の違いかと思っていましたが、どうもピンクのものはいつも(いつまでも)ピンクだし、白いものはどんなに待っても赤みは増しません。また、群落のなかに紅白が混在するのも見たことがないので、この冠毛の色の差はたぶん環境の違いなのだろうと思い始めています。
管見ですが、日当たりのいいところのものは白く、ピンクのものはどうも半日陰(この写真の場所も)で見てきたように思います。いつものはた衛門珍説ですから、そのうちカンカンの日向でピンクの冠毛を見つけて大笑いとなるのがオチでしょうが、それまでの間は自分のなかの紅白大合戦を楽しむことにしておきます。

2012年のきょうアシボソ> 2011年のきょうコセンダングサ> 2010年のきょうロドデンドロン・クリスティアナエ> 2009年のきょうネモフィラ・スノーストーム> 2008年のきょうビワ> 2007年のきょうヤブソテツ> 2006年のきょうボケ> 2005年のきょうフクジュソウ

| | コメント (0)

2月6日(水) アシタバ

130206asitaba草・木・草・木…と取り上げていると、どうしても草探しに苦労する季節です。そんな寂しい地面で誇らしげに照り輝いている葉がありました。
いえ、比喩ではなくて、本当に葉の表面はピカピカしてきれいです。摘んでも翌日にはまた茂っているから「明日葉」というとおり生長力抜群で、葉の色艶にはその元気さがあふれかえっています。以前、花の姿を載せましたが、アシタバは花より団子ならぬ花より若葉が見どころです。
一枚失敬してみました。溌剌とした緑の香りが口中に広がるなかで、エグみというのか、上品な苦みが喉を刺激します。うーむ、アシタバとの出会いは朝の味噌汁だったけれど、今思えば、これのおひたしでキュッと一杯こそ王道に違いありません。

2012年のきょうハルサザンカ> 2011年のきょうジュズダマ> 2010年のきょうアイグロマツ> 2009年のきょうヒメシノ(コクマザサ)> 2008年のきょうシュロ(ワジュロ)> 2007年のきょうヤバイ> 2006年のきょうアリドオシ(実つき)> 2005年のきょうサンシュユ

| | コメント (0)

2月5日(火) ニワウルシ、ほか3種

130205niwaurusiお腹がこんなにたるんだらマズイ・マズイ・マズイ! そうならないために、この写真を額に入れて飾っておくのはどうでしょう。
たまたま見上げたニワウルシ(シンジュ)の枝の付け根に目が釘付けです。枝がのびて大きくなり、その重さがかかると枝が撓(しな)うので根もと側にたるみが出る…というのがワタシの想像ですが、さて真偽のほどはいかに。
130205keyakiこの皺シワ、気になり出すといろんな木で見つかります。ニワウルシに比べればささやかですが、ケヤキのお腹も弛(たる)みの初期症状?
130205toukaede荒い表皮が剥がれてみると、トウカエデにも立派な皺がありました。
130205nekonotitiおっと、ネコノチチはこんな大枝に皺が!と驚くよりも、この姿には吹き出します。これ、頭にパン○ィーをかぶった変態オジサンの顔ではありませんか。え、これ、はた衛門ではないかって?! いや、あの、その…。

2012年のきょうエビネ> 2011年のきょうチューリップ> 2010年のきょうウラジロモミ> 2009年のきょうヒメアスナロ> 2008年のきょうスイカズラ> 2007年のきょうマンゲツロウバイ> 2006年のきょうアリドオシ> 2005年のきょうギンモクセイ

| | コメント (2)

2月4日(月) キソウテンガイ(サバクオモト、ウェルウィッチア)

130204kisoutengaiあちこち探し回らずに、枯れそこないのオモトを写して「奇想天外!」とやっても、誰にも気づかれなかったんじゃあるまいかと後悔しています。
しかしこれ、まじめに本物のキソウテンガイだし、枯れそこないではなくて、だいたい生涯こんな感じらしいのです。花もちゃんと咲かすようですが、写真の株はまだまだ幼いので、その撮影は助手2号あたりに託しておこうかと思います。
寿命が千年以上と聞くと、いったい誰が確かめたのさ?と眉に唾しますが、そんな果てしない一生を、この2枚の葉だけ(生え替わりなし!)で過ごすのだそうです。そんなことができる秘訣は葉の生長点の位置にあり、根もとがのびる仕掛けなので、葉先がこんなに枯れていてもいっこうに差し支えがないというわけです。
そしてこの名前です。あのアアソウカイと双璧をなす奇想天外な名前です。もちろんこれは日本でつけられた名前で、ほかにサバクオモトとも呼びます。さらに、学名をもとにしたウェルウィッチアの名も広く知られていで、三つとも覚える必要があります。

2012年のきょうクチナシ> 2011年のきょうマンサク> 2010年のきょうチュウテンカク(沖天閣:ユーフォルビア・インゲンス)> 2009年のきょうヒメノキシノブ> 2008年のきょうニシキマンサク> 2007年のきょうハカタシダ> 2006年のきょうコウヤボウキ> 2005年のきょうオウバイ

| | コメント (2)

2月3日(日) オンツツジ

130203ontutujiツツジには冬でも葉を落とさないものと落葉してしまうものがあって、このオンツツジは後者でした。紅変して枯れ残った葉がチャーミングです。
写真に写っている冬芽には二つの種類があるようで、細身の方がたぶん葉で、デブチンなのが花の芽だと思います。なにせ、一つの花芽から3輪咲くそうですから。
このオンツツジ(雄躑躅)も、名前が対のメンツツジ(雌躑躅)も、本来は西日本のもので、花をまだ見ていません。この春こそ、どちらかの花に出会えますように。

<補注> 念願のオンツツジの花を撮ることができました。(2013年4月17日)

2012年のきょうタアツァイ(ちぢみゆきな)> 2011年のきょうゴンズイ> 2010年のきょうサボテン> 2009年のきょうノキシノブ> 2008年のきょうフェイジョア> 2007年のきょうモンステラ> 2006年のきょうソヨゴ> 2005年のきょうウメ

| | コメント (0)

番外編 : サイカチ石けん

130202saikatiへび年にちなんで、サイカチの実をうねらせてみました。いえ、本当はカラカラに乾いた実がもともとこういう形(まっすぐもあり、ゆるいカーブもあり、パターンはいろいろ)だっただけで、この下には「その他一同」が3~4本沈んでいます。
ぬるま湯に浸け、実をモミモミ・ジャブジャブすると、あーら不思議、ブクブクと泡立ちました。ムクロジよりは泡の肌理が粗いようですが、実を細かく砕き、少量の湯で泡立てるともっといいのかもしれません。

さて、助手2号に「サイカチ石けん1週間使用レポート」でも書かせようと思ったら、断乎・断々乎として拒否されました。したがって、美肌効果のほどは不明です。
仕方ないのでワタシめが実験台です。お風呂で頭からこれをザンブリとかぶり、髪といわず体といわずゴシゴシ・ゴシゴシ。うーん、マイルドと言えば聞こえがいいけれど、今どきの「化学製品」に比べると隔靴掻痒というか頼りないというか…。
それでも自分でこれを実験したいという人に、申し送り事項があります。この殻の揉みカスがしつこいのです。シャワーで流したはずなのに、湯船に入るとチラリ・ホラリと漂いだします。ガーゼにくるんで泡立てること、サイカチ石けんの鉄則です。

| | コメント (0)

2月2日(土) ミヤコザサ

130202miyakozasa京都・比叡山で見つかったから都笹なんだそうですが、発見地由来よりはそのスマートさがいかにも都風であることが名前のもとかと妄想してしまいます。
この時期に隈取りができることはクマザサと同じでも、葉の形がだいぶ違います。全体がぷっくりしたクマザサに比べ、葉の付け根はなで肩だし、葉幅も2/3くらい、そしてなによりも葉先が徐々に消え入るように細くなっているのが特徴です。
全体の背丈は、クマザサが腰の位置だとすれば膝上くらいで、アズマネザサよりはこんもりとした感じを受けます。クマザサでは鬱陶しいし、アズマネザサでは雑然としすぎるという場合の和風のお庭にうってつけの素材に思えます。

2012年のきょうウメ(八重寒紅)> 2011年のきょうヒョウタンウツボカズラ> 2010年のきょうリンボク> 2009年のきょうタチシノブ> 2008年のきょうニホンスイセン> 2007年のきょうイトラン> 2006年のきょうムラサキシキブ> 2005年のきょうデイジー

| | コメント (0)

2月1日(金) ヒマラヤザクラ

130201himalayazakura
番茶も出花の時期は逃してしまい、ほぼ葉桜だったのは残念でも、その悔しさを若葉が慰めてくれて余りありました。フユザクラカンザクラでは楽しめない若緑色を堪能することができました。この葉、ふつうの桜に比べかなり細身に思えます。
ヒマラヤ方面の高い山に生えるそうで、日本の今ごろの季節がこの桜にとっては春なのでしょう。わりと大きな実がつき、ソメイヨシノなどと違って苦くはないようです。夏にはぜひ一粒だけ試食させてもらいたいものです。

<補注> 咲き初めの様子はこちらです。

過去のきょう 2012 ムサシアブミ 2011 オオバギボウシ 2010 カモジゴケ 2009 シノブ 2008 ガビサンハンショウヅル 2007 キンポウラン 2006 ホウレンソウ 2005 アセビ

| | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »