« 2月22日(金) ハス(古代蓮) | トップページ | 2月24日(日) オオハナワラビ »

2月23日(土) オオムラサキ、ほか5種

130223oomurasaki_2チラッと言ってはみたものの、内心、「どうだったっけ?」と不安になることはあるもので、今月3日のオンツツジでの発言が最近のそれでした。「ツツジには冬でも葉を落とさないものと落葉してしまうものがある」と簡単に逃げたものの、「具体例は?」と突っ込まれたら困るなあ…と後ろめたい気持ちの3週間でした。
そこで、ツツジ類(ツツジ科ツツジ属)のいくつかを常緑~落葉の程度で分類し、いくらかでも気分を晴らすことにしました。まずは常緑タイプの代表がオオムラサキです。園芸種ですが、公園や道路分離帯のスターで、ツツジと言えばこれ!という感じです。
130223kirisimaしかし、そう決めつけては「ツツジと言えばキリシマでしょう」という渋い趣味の人には叱られそうです。実際、愛好家の多い品種ですが、これも常緑タイプです。
130223satukiそして、次のタイプは「常緑ないし半落葉」という中間タイプで、サツキがこれにあたります。埼玉近辺ではサツキは冬でもほとんど葉を落としませんが、もう少し寒冷地になると半落葉になるのでしょう。
130223yamatutuji三番目のカテゴリーが「半落葉」で、ヤマツツジがそれにあたります。平地では、冬でもあまり葉を落としませんが、名前どおりの山で見ると、かなり寂しい冬姿です。
130223motitutuji次は「半落葉ないし落葉」タイプで、手近で撮影できたのはモチツツジでした。
130223ontutuji最後の分類が「落葉」型です。先日のオンツツジがこれにあたります。そしてこの時期の写真は撮れませんでしたがミツバツツジもこのタイプです。
まだまだあげればキリがないはずですが、「冬に葉があるかないか」という視点でツツジ類を眺めるのも楽しいことだと知りました。え、「頭に毛があるかないか」という視点でオジサンを眺めるのも楽しいことだ? ふん、そんなの、ぜんぜん楽しくありません!

2012年のきょうヒトツバ> 2011年のきょうハイネズ> 2010年のきょうプリムラ・シネンシス> 2009年のきょうギンヨウヒマラヤスギ> 2008年のきょうサザンカ、カンツバキ> 2007年のきょうスズランエリカ> 2006年のきょうカラタチ> 2005年のきょうクマザサ

|

« 2月22日(金) ハス(古代蓮) | トップページ | 2月24日(日) オオハナワラビ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月22日(金) ハス(古代蓮) | トップページ | 2月24日(日) オオハナワラビ »