« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

1月31日(木) アロカシア(クワズイモ)

130131alocasia_gb深々とした緑色に映える真っ白な筋、みごとな芸術作品です。前にクワズイモを取り上げたとき、「これがアロカシアと呼ばれれば園芸品」みたいな言い方をしましたが、まさにこの写真のものはそれです。品種名はグリーンベルベット…なるほどたしかに、葉の表面はいくらかフワッとして柔らかです。
かなり大きい(1枚の葉の長さが50cmほど)ので、観葉植物として室内で楽しむにはやや難があります。もしウチの居間にこれを置いたら、狭くて「グリーン」色はほぼ見えない代わり、「ベルベット」の感触だけはたっぷり楽しむことになるでしょう。

2012年のきょうモクセンナ > 2011年のきょうウメ> 2010年のきょうベニヒモノキ> 2009年のきょうネズミサシ> 2008年のきょうサネカズラ> 2007年のきょうヤマアイ> 2006年のきょうヤダケ> 2005年のきょうシナマンサク

| | コメント (0)

番外編 : ネット送料は過去の遺物?

130130souryou_muryou民主党ボロ負けの予測がついたときに上表のPCパーツを発注していれば、確実に1割は安く手当することができたのに、我が頭の回転の鈍さにがっかりします。
この表は、組む時間の目処も立たないのに、とりあえず先日の日曜にネットで発注だけかけたパーツの一覧です。じつは、いまメインに使っている自作機が、組んでから4年半以上経ち、そろそろ更新の時期かなと考えていました。その証拠に、去年の春に似たようなグレードのパーツ選定作業をしていました。
なんと、そのときよりも確実に1割は値段が上がっていました。なかにはまったく同じ品が2割以上高騰しているものも…。これで円安進行後の仕入れ品が市場に出てきたら、我がケチケチ自作の道はふさがれてしまいます。
そこで泥縄発注となったわけですが、じつはこの記事のテーマはそんな自分の恥公開ではないのです。表を見れば一目瞭然、ネットショッピングの世界が激しく「送料無料」の波にさらされていることにあらためて感動してしまったのです。
たしかに、ネット価格は店頭よりもずっと安いけれど、それに代引き手数料と送料を加えると、小さな買い物では価格メリットがほとんどないこともしばしばでした。それがおそらくはAmazonを震源として、大手量販のネット部門が送料無料に追随し、さらに中小業者までその波に飲み込まれつつあるというのが現状みたいです。
つい、「送料分は価格に乗っている」と疑いがちですが、送料別途の業者の価格より安いのだから、それがあまりに単純な素人考えであるのは明白です。
もちろん、送料無料のツケはどこかに回っているのでしょうが、ネットショッパーにはじつにありがたい潮流です。先日、エネループの電池ケース(税込み190円)を1個だけ送料無料で届けてもらったとき(ビックカメラさん、すみませんでした!)は、さすがに「こんなヤバイことしていいのかな」と反省しましたが、来年あたり、「送料」なんて言葉は死語になっているのかも…。

| | コメント (0)

1月30日(水) ヒトツバヒイラギ

130130hitotubahiiragi1こんな季節なのに、樹上になにか白いものがチラチラします。先日の雪の残り…は冗談で、どうもれっきとした花です。今ごろの花と言えばヒイラギ?
ところが、葉がヒイラギではありません。そもそもこの葉はふつうのヒイラギよりひと回りふた回り小さめです。そして、わずかな花を探すより必死に探しても、ヒイラギらしい棘のある葉は一枚たりと見つけることができません。
もっとも、かつてほぼ棘のない「円熟した」ヒイラギの古木に出会ったことがあります。ただ、それでも葉先のつぼまり方は今回見つけたものより鋭くて、しかも探せばどこかに棘のある葉は見つけることができました。
130130hitotubahiiragi2そこでヒイラギの品種を探してみると、マルバヒイラギとかヒトツバヒイラギという園芸品種が見つかりました。マルバはもう少し葉が広いらしいので、小さくて細めに見えるこれはヒトツバということになります。古そうな樹皮をしていたわりに樹高は3mほどで、コンパクトに育てられそうなところがいかにも園芸品種です。

2012年のきょうシモバシラ > 2011年のきょうテイカカズラ> 2010年のきょうシンビジウム(愛子さま)> 2009年のきょうオオイタビ> 2008年のきょうシロミマンリョウ> 2007年のきょうノシラン> 2006年のきょうマンサク> 2005年のきょうホトケノザ

| | コメント (0)

1月29日(火) ビカクシダ

130129bikakusida1ビカクを漢字にすれば麋角です。「麋」とはヘラジカとか大きな鹿の意味だそうで、大きく飛び出した葉裏の白い葉が大鹿の角みたいということでしょう。
別名のコウモリランも、たぶんこの葉に着目したものでしょう。ただし、花の咲かない羊歯を蘭呼ばわりするのは混乱を招きそうでやや心配です。
さてもたしかに、40~50cmもあるこの葉は特徴的です。一方、木々に着床する部分の膨らみ(レタスの半切り状)もまた魅力的です。そのやさしい緑色の葉が、日数の経過で茶色に枯れていき、ちょっとアールデコ・オブジェのような雰囲気です。
温室の定番品で、かなりの人気者です。玄関の壁にこれを植え付けたらステキだろうと思うのですが、狭い我が家の場合、それは見果てぬ夢にとどまります。
130129bikakusida2
大きく飛び出す葉も、最初はこうやって出てきます。まるで愛しい人を抱きしめる両手のようで、抱擁羊歯なんていう別名をプレゼントしたくなりました。

2012年のきょうヒマラヤトキワサンザシ > 2011年のきょうクリスマスローズ(ニゲル)> 2010年のきょうヒメアリアケカズラ> 2009年のきょうイモカタバミ> 2008年のきょうイスノキ> 2007年のきょうシキミ> 2006年のきょうニシキギ> 2005年のきょうハナカンザシ

| | コメント (0)

番外編 : 我が家の「8」化第1号

130128livingpc_8_2我が家のWindows8・導入第1号は、去年の春にこしらえたリビングパソになりました。Microsoftが「8化」を促進するために、旧OSからの変更版を3,300円というご奉仕価格で提供する期限が今月いっぱいなのです。今の状態でなんの不都合もない助手1号・2号の白い目に耐えながら、こそこそと入れ替え作業をしてしまいました。
そして思ったこと。やっぱり受け身のユーザー用です、8は。なんにもしなくてもなんでもしてくれます。じつにお節介です。逆に、自分がしたいこと、つまり特定のファイルを探すなんてことにメチャ彷徨(さまよ)いました。さらに、シャットダウンできません。え、電源を切るのは「設定」から入るんですか? そんな無茶な…。
つまり、慣れるまではけっこうストレスありそうです。XP・Vista・7と来た流れとはかなり違う使い勝手です。いい悪い(好き嫌い)は別にして…。
ただ、起動が速いのは正真正銘の事実です。今まで、Vistaや7で40秒ちょっとかかっていたのが、30秒前後のレベルになりました。このパソはSSDを使っていますが、ハードディスクでも起動時間短縮の効果は高いというレポートをいくつか見かけます。
リビングパソはPCではなく家電感覚で使いたいので、この立ち上がりの速さはとてもいい感じです。あと、OSの入れ替えも、今までのOSに比べると格段にイージーでした。逆に、やることがなくてつまんないぞ!みたいな。
いいにつけ悪いにつけ、Macが先導するお手軽感覚に世のなかが右ならえしてしまい、Microsoftも「イージー化」に必死なのでしょう。もと図工少年のささやかな楽しみなんて、どんどん奪われていくばかりです。

| | コメント (2)

1月28日(月) イヌシデ

130128inuside花はおろか、葉さえも実さえも落としきった木々が多いこの季節、それでも「これはムクノキ、こっちはコナラ」などとわかることが「少しだけ」あるようになって、そんなときはひそやかな自己満足を楽しむことができます。
その見分けの多くは樹形や樹皮が頼りですが、きょうの写真のようにその冬芽がとても特徴的なこともあります。まるで工具の錐のよう、詳しく言えば三ツ目錐の穂先を四ツ目にした感じです。百聞は一見に如かず、二つの錐の比較写真(↓)を掲げます。
130128kiriただ、仲間のアカシデ(やクマシデ)の冬芽もかなり似た感じです。それなのに、なぜこれがイヌシデかと言うと、その見分けは芽ではなく枝になります。イヌシデは葉が毛深いのですが、枝も、冬でもこのよう(写真は拡大できます)に毛が目立つのです。
さてこれでまた自己満足の種が増えたわけですが、それはなんとも氷山の一角でして、実際の野歩きでは正体不明の木々の前で自己嫌悪に暮れることがほとんどです。それでも、若葉や花で正解を得やすい季節が来てしまうまで、残された日数はあとわずか、せっかくの学習強化期間を一日でも有効活用したいものです。

2012年のきょうブロッコリー(ミドリハナヤサイ) > 2011年のきょうワルナスビ> 2010年のきょうアレッポマツ> 2009年のきょうタガラシ> 2008年のきょうタンキリマメ> 2007年のきょうガガイモ> 2006年のきょうダイオウショウ> 2005年のきょうカンザキアヤメ

| | コメント (0)

1月27日(日) ミズカンナ

130127mizukanna1今月はウラジロオオツワブキなど大きな葉に着目していますが、葉の大きさ勝負ならこれを忘れることはできません。15cmのスケールをねじ込んでみたら、4本つないでもまだ足りなそうでした。
花のころには柔らかな葉も、枯れてしまうとゴワゴワ・バキバキです。うまく開いて平らなままで枯れたものがあれば、巨大団扇として使えそうです。
130127mizukanna2根元の水も凍りつきがちな季節なのに、開き始めた若葉を見つけました。気が早すぎないかい?と聞きたくなりますが、それこそ余計なお節介というものでしょう。

2012年のきょうカジイチゴ > 2011年のきょうメリケンカルカヤ> 2010年のきょうコウヤボウキ> 2009年のきょうレモン> 2008年のきょうアオキ> 2007年のきょうパンジー> 2006年のきょうヒノキ> 2005年のきょうオキザリス・バーシカラー

| | コメント (0)

1月26日(土) ソメイヨシノ(ほか3種)

130126touboku_somei2週間前に関東を襲った「大雪」による被害は、交通網だけではありませんでした。枝振りのいいソメイヨシノがボッキリとやられて無残です。
とは言いながら、じつはふつうには見られない生木の「材質」を確認できて、内心ホクホクです。折れた木には手を合わせながら、貴重画像をゲットです。
桜材(主にヤマザクラ)は家具などに使われてオレンジっぽい雅な色を出すのですが、その色合いはソメイヨシノでもそんなに変わらないようです。折れた部分はクセのある部位でしたが、木質は柔らかくて加工しやすそうです。
130126touboku_taisanさて、被害は桜に限らず、今回の雪は暴力的でした。個人的には自分の墓標にしたいほど惚れ込んでいるタイサンボクですが、材を見るのは初めてです。意表をつく白さでした。この材は素直で柔らかく、なんと刀の鞘の素材として重用されたそうです。
130126touboku_tounezumiお次はトウネズミモチです。立木がパックリと割れて痛々しいのですが、こんなに白くて素直そうな材だとは思いもしませんでした。
仲間のネズミモチの枝は農具・工具の柄とか杖とか楊枝などに使われたそうで、それに比べるとトウネズミモチは日本での歴史が浅いので用途解説が見あたりません。野山には実生でどんどん生えますから、利用をまじめに検討してもいい木に思えます。
130126touboku_himaraya最後はヒマラヤスギです。巨大な樹冠の上部から落下した太枝が、樹下のアオキやヤツデを押しつぶして、ヒマラヤ迷惑の様相です。
これも材は思いの外に白いのですが、芯部分が赤いのは松の仲間の証拠で、たぶん脂分が強いのでしょう。製材すれば赤と白のコントラストがおもしろそうです。ただ、木理がかなり荒い感じだし、どこにでも生えるものではないので、材木としての評価はスルーしておくのが無難でしょう。

2012年のきょうイワガネソウ > 2011年のきょうソシンロウバイ> 2010年のきょうジャノヒゲ(リュウノヒゲ)> 2009年のきょうアカマツ> 2008年のきょうニワウルシ> 2007年のきょうビオラ> 2006年のきょうチンゲンサイ> 2005年のきょうジャノヒゲ

| | コメント (0)

1月25日(金) オオツワブキ

130125ootuwabuki大きい分、馬力があるのでしょう。関東豪雪(?)のあとにもかかわらず、まだ花をこんなに咲かせていました。その花の高さは腰丈ほどだし、葉の差し渡しは30cmもあり、しかもふつうのツワブキの葉よりもさらにピカピカと輝いて、豪勢な姿です。
自生地は九州のようですが、ここらでもこんなに元気に大きくなるのなら、人気者になれそうです。花期がふつうのツワブキより1カ月くらいあとにズレるので、その点も庭の冬枯れ対策として有効です。
問題はこの巨大さを生かす広さが必要なことで、拙宅ではまず無理です。高知の牧野植物園には、このオオツワブキが延々と続く回廊があるそうで、願わくば、もっと小規模でいいので、東京の牧野記念庭園にもこの植え込みが欲しいものです。

2012年のきょうドイツトウヒ > 2011年のきょうセツブンソウ> 2010年のきょうカニクサ> 2009年のきょうシロマツ> 2008年のきょうイイギリ> 2007年のきょうタツナミソウ> 2006年のきょうウツギ> 2005年のきょうフユザクラ

| | コメント (0)

1月24日(木) マチク

130124matiku中華そば(または支那そば)はもう死語で、あの食べ物の呼び名は「ラーメン」に統一された感があります。それに対し、その代表的トッピングであるシナチクは、まだ「メンマ」に蹂躙されてはいないように思うのは年寄りの贔屓目でしょうか。
いずれ呼び方がなんであろうと、あのコリコリ・ムグムグの食感とモワッとくる食味があってこその支那そば(拘ってます)です。そして、あのシナチクの原材料になるのが、このマチク(麻竹)の竹の子なのでした。
そういう目で見れば、太くなった稈(かん・竹の幹のこと)さえも、身近に見るモウソウチクマダケと違って、齧って齧れないことはなさそうです。ぜひパンダに食べさせたい趣をしていますが、主産地は台湾と中国南部で、パンダが住む中国内陸部にこれが生えるものかどうか、定かではありません。

2012年のきょうヤハズエンドウ(カラスノエンドウ) > 2011年のきょうハクモクレン> 2010年のきょうナンヨウサクラ> 2009年のきょうカボス> 2008年のきょうキンシバイ> 2007年のきょうヒマラヤユキノシタ> 2006年のきょうトキリマメ> 2005年のきょうヘクソカズラ

| | コメント (2)

1月23日(水) アカハナワラビ

130123akahanawarabi1最初にフユノハナワラビを知り、次に葉先が「フユノ」より鋭いオオハナワラビと出会い、やれやれと思っていたら、今度のこれはどうやらアカハナワラビのようです。
130123akahanawarabi2名前が「アカ」というわりには紅変の具合が不足すぎる気もしますが、決め手は茎や葉裏に毛がないことです。葉先の尖鋭さは「オオ」より一段と複雑で、「オオ」の茎や葉裏がモサモサと毛深いのに比べてツルッとしています。
130123akahanawarabi3小葉が立ち気味というのも、これを「アカ」としたい理由です。中心の葉軸から分かれる小葉が平べったく広がるオオハナワラビに対し、「アカ」はやや立体的です。
130123akahanawarabi4ただ、「アカ」ならいまの時期には枯れて倒れるという胞子嚢穂が健在だったことが気がかりです。穂の軸もやけに緑色です。もしかしたら、「アカ」でも「フユ」でもない種類かもしれず、いつか訂正記事を書く羽目になるかもしれません。
そんな自信のないきょうの内容のわりにうれしかったのは、この写真に光のスペクトルがきれいに入ったことです。なぜこう写ったのかさっぱりわからず、再現のすべもないのですが、なにかいいことがありそうな、得した気分です。

2012年のきょうシロヤマブキ > 2011年のきょうシマオオタニワタリ> 2010年のきょうセイロンマンリョウ> 2009年のきょうケヤキ(むさしの1号)> 2008年のきょうニワトコ> 2007年のきょうマンサク> 2006年のきょうモミジバフウ> 2005年のきょうハボタン

| | コメント (0)

1月22日(火) マテバシイ

130122matebasii稔りの時期、ドングリをつける木の下を歩くには注意がいります。実際、去年の秋にもたかがコナラの実が手のひらに当たって痛い思いをしました。あれがもしこのマテバシイのドングリ(重さでコナラの2~3倍)だったらと思うとゾッとします。
そのドングリ界の巨人も、いまの時期はこんなに愛らしい姿です。去年の春に受精・結実し、今度の秋にめでたく恐怖のドングリ(笑)となる候補生たちです。ただし、これだけの数がすべてあの「大物」になるかと言えばさにあらず、一つの軸でわずか2~3個が晴れて大人顔をできるという厳しい世界です。
おおむね軸の付け根に近いものが成長しやすい傾向はあるようですが、単に位置だけがその要因ではないようです。さてこの勝ち残りのメカニズム、このご時世ですから、それを解明したら、企業やそこの社員さんにはさぞやもてはやされることでしょう。

2012年のきょうフモトシダ > 2011年のきょうオヒルギ> 2010年のきょうサンタンカ> 2009年のきょうヒメリュウキンカ> 2008年のきょうチョウセンゴミシ> 2007年のきょうシュロチク> 2006年のきょうサンシュユ> 2005年のきょうイヌビワ

| | コメント (0)

1月21日(月) 房咲き水仙・ペーパーホワイト

130121paperwhite先週、関東を大混乱に陥れた雪が、降って丸1週間経ってもまだ消えません。おかげで雪の白さと水仙の花の白さを比べてみることができました。
この水仙は「ペーパーホワイト」という品種で、房咲きのなかでは代表的なものです。同じ房咲き・早咲きの日本水仙とよく似ていますが、花の中央にある副花冠まで白い(葯は黄色)ことが特徴です。期せずして、雪と「紙」の白さ比べとなりました。
たまたま風下で撮っていたら、甘い香りに包まれました。さて香りと言えば、思い出したことがあります。この正月、室内に水仙の切り花を飾ったら、助手2号が「この部屋、臭い」と騒ぎ立てたのです。
いったいなにが?とあちこち嗅ぎ回ったら、せっかくの水仙が異臭の元でした。そのことを思い出したら、漂う甘い香りに含まれる「臭さ」が強くなった気がして、撮影は早々に切り上げました。

2012年のきょうフィカス・プミラ(オオイタビ) > 2011年のきょうジュズサンゴ> 2010年のきょうクマシデ> 2009年のきょうワビスケ(太郎冠者)> 2008年のきょうトベラ> 2007年のきょうインドゴムノキ> 2006年のきょうガマズミ> 2005年のきょうコウヤボウキ

| | コメント (0)

1月20日(日) ヤマハンノキ

130120yamahannokiおととい、ハンノキの様子を取り上げたので、秋に初めて出会ったヤマハンノキのその後の姿も忘れずに記録しておくことにします。
あの特徴ある葉は、まったく一枚も残っていませんでした。その代わり、赤い皮をかぶった芽(葉の冬芽)が、早くもスタンバイしています。
秋にはまだ緑色だった雄花(の素)も、そんな色だったことはおくびにも出さず、いかにも花粉を出す気満々の色合いで風に揺れていました。
そして、秋の記事の表現に少し注釈が必要かなと感じたのが葉芽と雄花の間ですましている雌花です。前に「花の構造はハンノキと一緒」と書いたのですが、小さくて上向きにつくハンノキの雌花に比べると、こちらは大きくて下向きでがさつな風貌です。雄花・雌花の作りや位置関係という意味で「構造は一緒」に間違いはなくても、「雌花のかわいらしさはハンノキに劣る」と自分的評価を補足しておきます。

2012年のきょうキダチベゴニア > 2011年のきょうカラテア・クロタリフェラ> 2010年のきょうチンカピン> 2009年のきょうムベ> 2008年のきょうシモバシラ> 2007年のきょうバコパコピア・ガリバーライラック> 2006年のきょうカンツバキ> 2005年のきょうチョウセンレンギョウ

| | コメント (0)

1月19日(土) 球根ベゴニア(ハンギングタイプ)

130119hanging暮れにピコティ(覆輪)タイプの球根ベゴニアを取り上げたとき、球根ベゴニアの代表的なタイプとして、このハンギングタイプの名前だけあげました。今回、ようやくそれらしい構図の写真をゲットできて、めでたくここにその美貌が登場です。
空から花が降ってくるというのは、極楽浄土もかくやと思わせる贅沢なながめです。温室仕立てにした広いリビングの壁面で、色とりどりの球根ベゴニアが妍を競っている…という生活ができればと憧れますが、ジャンボ宝くじに当たる人相ではなし、銀行強盗できるタマではなし、せめて一鉢、窓辺に置くことにしましょうか。
ただ、球根ベゴニアは全般に冬をやり過ごすより夏越しがむずかしいそうで、豪華な温室どころか、夏のエアコンさえケチケチの我が家にはどうも不向きのようです。

2012年のきょうシロナンテン(キナンテン) > 2011年のきょうレッド・ジンジャー> 2010年のきょうセイヨウヒイラギ> 2009年のきょうシホウチク> 2008年のきょうカリン> 2007年のきょうチョウセンマキ> 2006年のきょうニホンスイセン> 2005年のきょうオケラ

| | コメント (2)

1月18日(金) ハンノキ

130118hannoki1小さな池の水面がゴマだらけになっていました。なにかのまじないでもあるまいしと上を見たら、ハンノキが数本ありました。もしかして、この散らかし犯人は君か!
130118hannoki2枝に残った実を千切って笠部分をこそぐと、たくさんの種が出てきました。小指側の2個が濡れていますが、これが池からすくい上げたものです。こんな小さな種が荒れ地のフロンティアであるハンノキの素だと思うと、いささか感激です。
130118hannoki3その種を漁っている鳥がいたのにもちょっと驚かされました。大きさは雀くらいですが、きれいな黄色をしていて、10羽ほどの群れが枝から枝へ忙しく飛び回っていました。あまり黄色くないのもいたのは、たぶん雄雌の違いだったでしょうか。

2012年のきょうサンジャクバナナ > 2011年のきょうシマナンヨウスギ> 2010年のきょうキジョラン> 2009年のきょうシロヤブツバキ> 2008年のきょうサザンカ> 2007年のきょうカクテル(つるバラ)> 2006年のきょうホトケノザ> 2005年のきょうキソケイ

| | コメント (0)

1月17日(木) ウラジロ

130117urajiro1松の内にこれを掲載できればよかったのに、生来の間の悪さ加減は、どうやら墓場まで持っていきそうです。正月飾りでおなじみのウラジロです。
下に潜り込んで雨宿りに使えそうなくらい、株はバオバオと巨大です。ふつうのシダ類とはちょっとスケールが違います。「代々栄える」めでたさがこの大きさの原因になっていて、古い葉(下側の濃緑のもの)の上に若緑の新しい葉が重なります。
130117urajiro2これが名前のもとになっている白い葉裏で、胞子嚢までまるで白ゴマを並べたみたいです。ただ、この写真では小葉の先が尖っていて、図鑑ではここが丸いので、これをウラジロと断定するのは憶するところがあります。
ウラジロでも先が尖ることがあるのか、あるいは写真を撮った株にも先の丸い葉があって見落としたのか、やや課題が残ります。
130117urajiro3とは言うもののウラジロだろうと思う3つめのポイントがこの若芽です。ゼンマイと間違えるような姿ですが、固いので摘んで食べる気にはなりません。こんな寒の内からこうして次の世代がのびだすのも、めでたいとされる由縁でしょう。

2012年のきょうヒメユズリハ > 2011年のきょうブッソウゲ(ハイビスカス)> 2010年のきょうナンテン> 2009年のきょうトウゴマ> 2008年のきょうチゴカンチク> 2007年のきょうフクジュソウ> 2006年のきょうフユシラズ> 2005年のきょうカラタチ

| | コメント (0)

1月16日(水) ウメモドキ

130116umemodokiこれはまた見事な!と、自転車のブレーキを思い切りかけました。志木の付近はまだまだ昔の農家が広いお庭を持っていて、こういう立派な庭木が植えられています。
このウメモドキ、増補版の方にはごくふつうの実をつけた写真を入れてあるものの、こちら(ブログ)にはややおかしな実のつきかたのものしかありませんでした。待てば海路の日和あり、遅ればせながら決定版の掲載です。

2012年のきょうキカラスウリ > 2011年のきょうコチョウラン> 2010年のきょうニオイザクラ(ルクリア)> 2009年のきょうトボシガラ> 2008年のきょうトウカエデ> 2007年のきょうユキワリソウ> 2006年のきょうウメ> 2005年のきょうスズカケノキ

| | コメント (2)

1月15日(火) スズメノエンドウ

130115suzumenoendouやれやれ困ったぞ、の1枚です。おとといカスマグサを載せたとき、そう言えばスズメノエンドウの冬姿をまだ撮っていないことに気づきました。と言うより、ヤハズエンドウが冬越しすることを知るまで、冬にこれらの草を探す発想がありませんでした。
押っ取り刀で駆けつけたのは、去年、花と豆をつけているショットをものした、まさにその場所です。小さな菓子店の向かい、車道と擁壁の間のごく狭いスペースなので、場所を間違えることはあり得ません。よしよし、それらしい草がありました。
ところが、おととい、「先が急に平たくカットされた感じ」とした葉の先は尖っています。12枚以上とした小葉も、1対(2枚)かせいぜい2対です。かろうじて葉の細さだけがスズメらしくても、さてこれがこのあとちゃんとあの毛深い豆をつけるのでしょうか。
なんとも心許ない記事ですが、きょうのところは暫定とするしかありません。今ごろはヤハズもカスマも春とは違う姿なので、スズメはその違いが激しいのだと勝手に考えています。はた衛門の恥の歴史に、また新たな1ページが加わるのでしょうか。

2012年のきょうアメリカヒイラギ > 2011年のきょうアンスリウム(ラベンダー・レディー)> 2010年のきょうカミガヤツリ(パピルス)> 2009年のきょうメキシコラクウショウ> 2008年のきょうウメ(八重寒紅)> 2007年のきょうホウキイヌツゲ> 2006年のきょうブラキカム・マウブディライト> 2005年のきょうカリフラワー

| | コメント (0)

1月14日(月) フッキソウ

130114hukkisouこのブログで初めてフッキソウを取り上げたとき(8年前の春)、「冬のうちは白い実をまれに見ることがあった」と書いています。ただ、その証拠写真はどこを探してもなくて、そのころはたぶんうまく撮れなかったのでしょう。
じゃあ、いまは?と問われると苦しいのですが、曇天の日陰だったという理由で逃げておきます。フッキソウを広く植え付けた花壇で、もう少し光線具合のいいところもあったのに、残念ながら実はたったこの1個だけでした。
したがって、実を割って種を写すことは、あとから来る人のためにあきらめました。そんなこんなで、とても心残りな一枚です。いつかそのうち、陽光燦々とした空の下、あっちにもこっちにも白い実がたーくさん!という場所に立てますように…。

2012年のきょうホトトギス > 2011年のきょうカナリーヤシ(フェニックス)> 2010年のきょうコクテンギ> 2009年のきょうラクウショウ> 2008年のきょうニホンスイセン> 2007年のきょうチチコグサモドキ> 2006年のきょうツルウメモドキ> 2005年のきょうカンツバキ

| | コメント (0)

1月13日(日) カスマグサ → ナヨクサフジ

130113kasumagusa<2013年5月5日追記> 春になって撮影場所を再訪したら、そこにはナヨクサフジが咲きほこっていました。カスマグサもナヨクサフジも(ヤハズエンドウもスズメノエンドウも)マメ科ソラマメ属ですから、冬の姿では間違えても仕方ないかな…というのは言い訳で、まったくのエラーです。
この手の失敗のときの自己ルールどおり、記事は当初のままにしておき、タイトルだけを修正します。

ヤハズエンドウ(カラスノエンドウ)が秋に発芽してそのまま冬を越すことに気づいたのは1年前でした。なにもわざわざ寒のさなかを小さな苗で過ごさなくても、と思ったのはワタシの知恵の浅さであり、競合する草の少ないうちにしっかりと養分をため込み、春にいち早く花を咲かすという作戦にしみじみ感じ入ったものでした。

そこでこの冬に見つけたのは仲間のカスマグサです。と言っても、カラスノエンドウとカスマグサスズメノエンドウの3つは、そもそもかなり似ています。花や果実の時分ならそれらの違いで見分けやすいのですが、いまの時期は葉だけが頼りです。
これをカスマとしたのは、まずは葉(小葉)の数です。カラスはもう少し少なく(冬は6枚前後)、スズメはもっと多い(12枚以上)はずです。
また、小葉の幅も目のつけどころでした。カラスの幅は冬には春より狭いのですが、それでもここまで細長くはありません。(スズメとは葉幅では区分不可)
さらに葉先の形が重要で、この写真のそこは次第にスムーズに細くなって尖っています。カラスだとここがそろそろ凹んでくる時期であり、スズメは先が急に平たくカットされた感じなので、どうやらこれはカスマということになります。

いずれ春にまたここへ来て、花で証明できればいいのですが、問題はここが畑の縁であることです。作物を植えるころには「除草」されてしまう危険性が大で、この畑のオーナーさんが寛容な心の持ち主であることを祈るばかりです。

2012年のきょうロウバイ > 2011年のきょうセンダン> 2010年のきょうハアザミ(アカンサス)> 2009年のきょうハアザミ(アカンサス)> 2008年のきょうヒヨドリジョウゴ> 2007年のきょうツルウメモドキ> 2006年のきょうクヌギ> 2005年のきょう房咲き水仙・ペーパーホワイト

| | コメント (0)

1月12日(土) サイカチ

130112saikati1吹きすさぶ寒風に、ウナギの干物が揺れていました。本当にそう思うくらい、長さが20~30cm、幅が2cm近くあるこのサイカチの実(莢)の姿は壮観です。
あまりにもおもしろくて、熟し始めたころと、かなり黒くなったころと、二度もここに載せていますが、そのときはまだ葉がついていました。暮れから年明けのうちに、その葉はついに一枚もなくなっていました。
130112saikati2自然状態だと、種は何年後に出てこられるのかと心配するほど、丈夫なウナギの干物でした。振ると種がカラカラ鳴ります。千切るのはひと苦労です。干からびたようでいて、まだ指先がベタベタするほどに油分を持っていました。
苦労して取り出した種は、拍子抜けするほどチビさんでした。別にこんなに仰々しい莢でなくてもよさそうなのに、このトンチンカンなところがやはりサイカチです。

2012年のきょうカシワバハグマ > 2011年のきょうリュウキュウバショウ> 2010年のきょうツワブキ> 2009年のきょうハリエニシダ> 2008年のきょうロウバイ> 2007年のきょうドイツトウヒ> 2006年のきょうセンダン> 2005年のきょうロウヤガキ

| | コメント (4)

番外編 : 変な虫(冬の池版)

130111humei_a朝方はカチンカチンに池の水面を覆っている氷も日中にはとけて、メダカや虫が日光浴を楽しんで(たぶん)いる光景に出くわします。
ゲッ、なんだろうと思ってとりあえず2~3枚を写したものの、気配を感じたのか、この6本足の虫はすぐに左の葉の下に潜り込んでしまいました。あわてて葉をどけても、もう姿はなくて、なかなかの逃げ上手です。
トンボの子供(ヤゴ)ではないかと思うのですが、尾の先がエビみたいで、ちょっと食指が動いたのが逃げられた理由でしょうか。
130111humei_b 一方こちらはタガメ(の種類)でしょうか。さすがこれに食い気は感じないので、ご本人も安心らしく、プーワリプーワリと漂ったり、前方転回してみたり、のんきなものです。
さぞかし寒いのではないかと心配しますが、考えてみれば空気よりは水の方が温度の高低差は少ないはずです。そう、夏冬で40度(北海道なら60度!)もの気温差を耐え抜いているワタシたちって、思えばずいぶんタフな存在なのでした。

| | コメント (2)

1月11日(金) ヤブレガサ

130111yaburegasa今はもう更新されていないのですが、内容がとてもまじめで独特な植物サイトに「花図鑑のボロボロブログ!」がありました。独特というのはその視点で、ブログのサブタイトルに「花のうしろすがた、終わったすがた」とあるように、まさにボロボロになってしまった花のことを愛おしむような説明がとても勉強になったものでした。
あの作者(hanaboroさん)の境地にはほど遠いはた衛門ではあっても、たしかにふつうに花を楽しみたい人には「終わった」時期でも、そこにはまたその植物の真実の一面があり、あだやおろそかに見過ごすわけにはいかないと思い始めています。
などというもっともらしい口上の陰には、「ひひ、材料不足なんだもーん」という逃げもあるのが情けないところです。ただ。ヤブレガサの冠毛のなんと美しいことでしょう。さらにまた、若葉のころには表向きだった葉が、いまはこうして本当に傘が風で盃になったように裏返っているのも見逃してはならないところです。
おっと、マネっこボロボロしながら自分の過去記事を調べたら、花の盛りの時期を載せ忘れていました。「だって、あんまりきれいじゃなかったんだもーん」と言い訳をしつつ、今度の夏にはまじめに「花のうしろすがた」にも迫ってみようと思います。

2012年のきょうケナシサルトリイバラ(サンキライ) > 2011年のきょうフユアオイ> 2010年のきょうユズリハ> 2009年のきょうハリギリ> 2008年のきょうシマタケ> 2007年のきょうゼニゴケ> 2006年のきょうイブキ(ビャクシン)> 2005年のきょうカンザクラ

| | コメント (6)

1月10日(木) サネカズラ

130110sanekazura完熟をやや通り越した状態ですが、この深紅の粒はまだまだ果肉がジューシーで、ほんのりした甘さがありました。味の評判はあまり芳しくないサネカズラの実ですが、自分的にはそんなに捨てたものではない感じです。
もっとも、味よりも興味深いのはその種の形です。上品に表現すれば腎形となるのでしょうが、世俗的に言わせてもらえば「あ、サネカズラのサネってこっから来てる?」とニヤついてしまいます。(あくまではた衛門的解釈です)
もしかして、もっとダイレクトに「ボボカズラ」なんて呼ぶ人がいて、それが標準和名になっていたら、この美しくも奇妙な実のイメージは台無しでした。さらに、サネというきわどい言葉がほとんど通じなくなっているおかげで、きれいな音感だけがいまに残ったのはサネカズラにとってじつに幸運なことでした。

2012年のきょうバンダ(洋ラン) > 2011年のきょうブータンルリマツリ> 2010年のきょうカゴノキ> 2009年のきょうナツトウダイ> 2008年のきょうツバキ(詳細不明)> 2007年のきょうゴシキトウガラシ> 2006年のきょうハナツメクサ> 2005年のきょうダイコン

| | コメント (2)

1月9日(水) リュウノウギク

130109ryuunougiku1気息奄々(えんえん)ではありますがまだまだ花を開いていて、なんとも見上げたしぶとさです。「多年草」に分類されるリュウノウギクですから、このまま地上部を残した姿で冬越しをしてしまうのでしょう。
130109ryuunougiku2ところが、別の場所ではリュウノウギクがすでに完全にミイラ化していました。葉の一枚たりとも、緑みはまったく残していません。
これだと「地上部が常緑」という多年草の概念から外れて、根だけが残る「宿根草」に分類されてしまいます。多年草と宿根草の意味を調べると、「最近は宿根草も含めて多年草とする」みたいな記述を見かけるのですが、二つを厳密に分けられない(分けない方が便利)実際の例をリュウノウギクで体験してしまいました。
多年草と宿根草どころか、草か木かも判然としないものだってゴロゴロあります。おっと、ということは、このブログのタイトルだって「草木および草か木か不明のもの365日」と改題しなくてはいけないではありませんか。
うーむ、厳密な目と広い心を両立させないと、自分のブログの名前さえ意味「不明」のものになってしまいます。

2012年のきょうハナカイドウ > 2011年のきょうマメキンカン(キンズ)> 2010年のきょうカンボタン> 2009年のきょうカンザクラ> 2008年のきょうレモン> 2007年のきょうネメシア> 2006年のきょうタマサンゴ> 2005年のきょうロウバイ

| | コメント (0)

1月8日(火) キンメイチク

130108kinmeitikuキンメイ(金明)という修飾は、黄色の稈(かん・竹の幹のこと)に緑の筋が入った状態を言います。芽溝だけに緑が残り、稈全体は黄変している品種というわけです。
この「金明」を冠するキンメイモウソウチクはモウソウチクの品種だったのに、こちらキンメイチクの元はマダケだそうです。そう言われてみれば太さが違う(直径でキンメイモウソウチクの1/3以下)し、節の輪っかは2本あります。
さて、金明があれば銀明もあるのが世の常です。銀明というから稈が銀色かと思えばさにあらず、金明とは逆に、稈が緑で芽溝に黄色の筋が入るものが「銀」という、ちょいと渋さのきいた洒落でした。
写真には2本だけ、その銀明状態のものが入っています。竹というのは一群すべてが一つの株という常識からすれば、この2本だけギンメイチクとは考えにくい事態です。やれやれ、この2本の「その後」に注目をしながら、問題なくギンメイチクと言えるものも探さなくてはなりません。この上「銅明」なんて品種、どうかありませんように。

<補注> 「問題なくギンメイチクと言えるもの」を掲載できました。(2017年2月13日

2012年のきょうヤマラッキョウ > 2011年のきょうハッサク> 2010年のきょうクログワイ> 2009年のきょうウメ(寒紅梅)> 2008年のきょうオニドコロ> 2007年のきょうマーガレット> 2006年のきょうヒメリンゴ> 2005年のきょうマサキ

| | コメント (0)

1月7日(月) アマチャヅル

130107amatyaduru1アマチャヅルのリベンジ掲載です。11月にヤブカラシと間違えるという情けないエラーをしてしまいました。
そのとき、ヤブカラシにしては妙に柔らかいと思った葉は、もうすっかり枯れ上がっていました。しかし、白鉢巻きを締めた深緑色の実は、まだこんなに賑やかです。
130107amatyaduru2齧ってみると透明のおつゆが飛び出し、ほんのりした甘さがあります。ただ、後口としてジワッとした苦さ(悪い感じではない)がきます。
世に「アマチャヅル茶」としてもてはやされるのはもっぱら葉の方で、この実に薬効があるかは定かではありません。しかし、葉にはなんとあの高級品・高麗人参に比肩されるような効力があるのだそうです。コスパ最高、アマチャヅル万歳です。
そうと知れば11月に1枚でも齧っておくべきでした。枯葉をモグモグではあまりに悲しいので、葉の試食(&花の撮影)は夏までお預けです。

2012年のきょうサンシュユ > 2011年のきょうカンレンボク> 2010年のきょうイオノプシディウム(バイオレットクレス)> 2009年のきょうノリウツギ> 2008年のきょうオオイヌノフグリ> 2007年のきょうニンジン> 2006年のきょうザボン> 2005年のきょうフユシラズ

| | コメント (0)

番外編 : 黒と白

130106blackwhite1カラスが鋭い目つきでレンズを睨みつけながら、それでもナンキンハゼの実を啄(ついば)むのをやめません。ガシガシとつついては呑み込んでいて、ときどき食べ損なった実が落ちてきます。もっとそばへと真下に踏み込んだら、さすがに危ないと思ったのか、嘴にひと枝加えたまま飛び去ってしまいました。
いかに悪食のカラスとは言え、まさか鳥がナンキンハゼの実を食べるとは思いませんでした。それでも念のため、カラスが落とした実を口に入れてみました。殻はまったくどうしようもなく殻です(笑)。実は、ごく薄い皮が剥けると、あとは固い種です。まさか、こんな薄い皮が好きでもあるまいし、そもそも鳥は丸呑みですから、この実はほとんど「食べ物」の意味をなさないと思います。
カラスのお腹のなかでナンキンハゼはなにか特殊な栄養素になるのか、あるいはカラスくらいの知能になると遊び食いみたいな行為をするものなのか、ハイジさん(動物と話せる「という」オバさん)、聞いてみてくれませんかねえ。
130106blackwhite2さて、カラスが止まっていた木は実にまだ殻が残っていましたが、隣の木はこんなにきれいに殻が剥けていました。
思えばこの色は不思議です。種を鳥に運んでもらうつもりなら、実はだいたい黒とか黄とか赤が適切らしく、こんなに真っ白な外見の種はすぐには思い浮かびません。
もし鳥を運び屋にしないのなら、樹上では目立たない茶色で完熟を待ち、そのまま地面に落ちて小動物に運んでもらうのがノーマルな作戦です。
つまり、樹上でこれ見よがしに(人間には)目立ちつつ、じつはその色は鳥にも小動物にもあまり歓迎されそうもない…じつに変なヤツがナンキンハゼなのです。
などとツラツラ考えてくると、先年、ワタシに声をかけてくださったご婦人のように、美しいものに魅了される美女がじつはナンキンハゼのターゲットなのだと思い至りました…などと「はた衛門珍説」を振り回しつつ、今年も絵日記は続きます。

| | コメント (2)

1月6日(日) テイカカズラ

130106teikakazura1あいにくの天気ではあったのですが、時期的にはドンピシャに訪問できました。志木からは遠いし、きつい登りだし、幾度も行くのは避けたい場所なので、うれしさ倍増です。
もちろん、近くの野山にもテイカカズラは生え放題だし、3カ月前にあの極細ウインナ(または超ロング唐辛子)みたいな物体を見つけてからは、あちこちの樹上をキョロキョロし続けていました。ところがないのです。かなり大きく(高く)育った状態良好なテイカカズラでも、この場所以外のものに実を見つけることは不可能でした。
それなのに、この山では、撮影した場所のほかでも幾つかの株にこの実がぶら下がっていました。結実する要件としてなにが違うか、まったく想像もつきません。たぶんもっと慣れてくればどこでも見つけられるようになるのでしょうが、「お近づき初年度」としては出会いの山で最終シーンを収録し、とりあえず「めでたしめでたし」です。
130106teikakazura2サイズが控えめな葉や花に比べると、意外なほどに実(莢)は「大物」です。さらに、そのなかで飛翔を待っている種も長さが1cm弱あり、さすが生命力旺盛なテイカカズラの素は種からして大物だと感心します。
一粒つまみ出し、折からの風に放つと、ゆっくりと谷間に流れていきました。♪飛んで飛んで飛んで飛んで、この結実可能性大の遺伝子が志木の近くに舞い降りてくれることを祈りながら、その綿毛の旅立ちを見送りました。

2012年のきょうトキワイカリソウ > 2011年のきょうガガブタ> 2010年のきょうシュロガヤツリ> 2009年のきょうタラヨウ> 2008年のきょうコナラ> 2007年のきょうスギゴケ> 2006年のきょうノイバラ> 2005年のきょうヒヨドリジョウゴ

| | コメント (0)

1月5日(土) ボタンヅル

130105botanduru1ボタンヅルのその後・パートⅡです。パートⅠ(10月初旬)のときはまだほんの出始めだった髭が、こんなにぼうぼうになっていました。
背景に見えている色味は絡まれているツツジの葉で、ボタンヅル自体の葉はもう見る影もなくボロボロです。
さて、髭の撮影も課題でしたが、より大きな問題は茎や根元に冬芽が出ているかどうかでした。「ない」ことを証明するのは不可能に近い(悪魔の証明?)のですが、この日、この株を見た限りでは、それらしい突起は皆無でした。
130105botanduru2他日、誰かに「除草」されていたボタンヅルがあったので、幸運にも茎の切り口を確かめる(↑)ことができました。これも、はっきりはしませんが「年輪」と思うにはやや距離のある姿でした。どうも、自分のなかではボタンヅル草本説が有力になっています。

2012年のきょうヤマコウバシ > 2011年のきょうカルドン> 2010年のきょうキチジョウソウ> 2009年のきょうサザンカ(白八重)> 2008年のきょうミミズバイ> 2007年のきょうオキザリス・セルヌア> 2006年のきょうナンキンハゼ> 2005年のきょうノイバラ

| | コメント (0)

1月4日(金) エゾマツ

130104ezomatu1きのうのコウリンタンポポで「北海道あたり」などと書いて、そう言えばこの「蝦夷」松をまだここに載せていなかったことを思い出しました。おまけに、エゾマツと並んで北海道代表の針葉樹であるトドマツも未掲載というオソマツでした。
トドマツの春の若葉は美しいので何度か撮っているのに、掲載のタイミングを失っていたのでしょう。またその季節が来たら、過去写真を引っ張り出すことにします。
さて、きょうの写真は今の時期のエゾマツです。寒風をものともせず、陽光を受けて葉が緑白色に輝き、張り出した枝だけ見ると、とても明るい印象がします。
130104ezomatu2一方、その幹はガラッと印象が違って、黒くてガサツな風貌です。ところが木質は素直で加工しやすいことから、家具や楽器に多用されているといいます。
いいヤツそうに見えたけど、口をきいたら冷たくて、でも話し込んだらやっぱり憎めないヤツだった…みたいな、ときどき出会うタイプの人間を思い出させてくれる木です。

2012年のきょうオンシジューム(赤) > 2011年のきょうヒメコウジ(チェッカーベリー)> 2010年のきょうホンコンカポック(シェフレラ)> 2009年のきょうアカザ(暫定)> 2008年のきょうハマアザミ> 2007年のきょうユーカリノキ> 2006年のきょうソシンロウバイ> 2005年のきょうオタフクナンテン

| | コメント (2)

1月3日(木) コウリンタンポポ

130103kourintanpopo植物の毛というのは、植物それぞれ・部位それぞれでいろんな意味をもつらしくて、さてこのコウリンタンポポの葉の場合と言うと、明らかに越冬対策でしょう。秋に花を撮影したとき、その根生葉が毛深いことには気づきはしたものの、冬を越す葉はさらに毛の長さが増しているようです。(比較写真が未撮影なので、印象評価)
こんなに長い毛なら、霜や風が葉の表面を傷めることを軽減できそうです。また、水を弾いて葉表に水分を滞留させないことにも役立ちそうです。厳寒期に濡れたままで風にさらされるのは、人間でなくても非常に危険なことでしょうから。
こんな機能に代表される強さのおかげで、北海道あたりではコウリンタンポポの増えすぎが警戒されているといいます。強いものが生き残るのは自然の摂理ではありながら、そこに節度・調和という基準をうまくあてはめる…そんな知恵や努力が我々に求められているようです。

2012年のきょうメディニラ・マグニフィカ(オオバヤドリノボタン) > 2011年のきょうチリマツ> 2010年のきょうブラジルマツ> 2009年のきょうカクレミノ> 2008年のきょうフウセントウワタ> 2007年のきょうギョリュウバイ> 2006年のきょうシロミナンテン> 2005年のきょうウメ

| | コメント (2)

1月2日(水) ヒュウガミズキ

130102hyugamizuki1お正月のせいか、ヒュウガミズキの枝が繭玉に見えました。そう言えば、こういう素朴な繭玉、とんと見かけなくなりました。
春、葉をさておいて花だけ咲き出しますから、いまこうして赤みを帯びてぷっくりしているのは花芽でしょう。葉芽はもう少し尖った形です。
130102hyugamizuki2冬芽だけでなく、わずかに残った枯葉もうっすらピンクを含んでいました。春に葉が展開するときも赤く色づくことがありますから、ヒュウガミズキはどうやら赤が隠れキャラのようです。お料理が隠し味で引き立つように、こういう含みがあるからこそ、この木は庭木として愛好されているのでしょう。

2012年のきょうアオサンゴ > 2011年のきょうダイオウショウ> 2010年のきょうハイマツ> 2009年のきょうロドレイア> 2008年のきょうゴクラクチョウカ> 2007年のきょうキンセンカ> 2006年のきょうイイギリ> 2005年のきょうタケ

| | コメント (2)

1月1日(火) カンアオイ

130101kanaoi元日のブログはそれなりにめでたい写真で飾りたいもので、過去を振り返れば、クロマツ・ユズリハ・ハタザクラ・ダイダイ・ゴヨウマツ・アカマツ・アカマツ・センジュランと、まあまあそれらしいラインナップ(リンクは記事下欄)でした。
ところが、このごろはブログタイトル(草木365日)にこだわって、毎日の出し物を草・木・草・木…と続けていたもので、去年が木なら今年は草の順番です。うーむ、草でめでたいもの、しかもほとんどの草がボロボロに枯れているこの季節、うーむmumu。
だからと言って、苦し紛れにカンアオイを出したのではありません。かつて載せたカンアオイは花びら(萼)の色も葉色も悪かったし、両方がいい色だったのはこれより小型のヒメカンアオイでしたから、今回のカンアオイ完全版は自分にとってじつにめでたい出し物なのです。あっぱれ!
いやいや、元日のめでたさはそういう意味じゃなくて…と思わなくもありませんが、人生そのものが誤解と勘違いの集大成かと思うこのごろですから、こんなわがまま勝手な年の始まりもまた、え~い、これでいいのだぁ!

2012年のきょうセンジュラン > 2011年のきょうアカマツ> 2010年のきょうアカマツ> 2009年のきょうゴヨウマツ(ヒメコマツ)> 2008年のきょうダイダイ> 2007年のきょうハタザクラ> 2006年のきょうユズリハ> 2005年のきょうクロマツ

| | コメント (2)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »