« 1月8日(火) キンメイチク | トップページ | 1月10日(木) サネカズラ »

1月9日(水) リュウノウギク

130109ryuunougiku1気息奄々(えんえん)ではありますがまだまだ花を開いていて、なんとも見上げたしぶとさです。「多年草」に分類されるリュウノウギクですから、このまま地上部を残した姿で冬越しをしてしまうのでしょう。
130109ryuunougiku2ところが、別の場所ではリュウノウギクがすでに完全にミイラ化していました。葉の一枚たりとも、緑みはまったく残していません。
これだと「地上部が常緑」という多年草の概念から外れて、根だけが残る「宿根草」に分類されてしまいます。多年草と宿根草の意味を調べると、「最近は宿根草も含めて多年草とする」みたいな記述を見かけるのですが、二つを厳密に分けられない(分けない方が便利)実際の例をリュウノウギクで体験してしまいました。
多年草と宿根草どころか、草か木かも判然としないものだってゴロゴロあります。おっと、ということは、このブログのタイトルだって「草木および草か木か不明のもの365日」と改題しなくてはいけないではありませんか。
うーむ、厳密な目と広い心を両立させないと、自分のブログの名前さえ意味「不明」のものになってしまいます。

2012年のきょうハナカイドウ > 2011年のきょうマメキンカン(キンズ)> 2010年のきょうカンボタン> 2009年のきょうカンザクラ> 2008年のきょうレモン> 2007年のきょうネメシア> 2006年のきょうタマサンゴ> 2005年のきょうロウバイ

|

« 1月8日(火) キンメイチク | トップページ | 1月10日(木) サネカズラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月8日(火) キンメイチク | トップページ | 1月10日(木) サネカズラ »