« 1月7日(月) アマチャヅル | トップページ | 1月9日(水) リュウノウギク »

1月8日(火) キンメイチク

130108kinmeitikuキンメイ(金明)という修飾は、黄色の稈(かん・竹の幹のこと)に緑の筋が入った状態を言います。芽溝だけに緑が残り、稈全体は黄変している品種というわけです。
この「金明」を冠するキンメイモウソウチクはモウソウチクの品種だったのに、こちらキンメイチクの元はマダケだそうです。そう言われてみれば太さが違う(直径でキンメイモウソウチクの1/3以下)し、節の輪っかは2本あります。
さて、金明があれば銀明もあるのが世の常です。銀明というから稈が銀色かと思えばさにあらず、金明とは逆に、稈が緑で芽溝に黄色の筋が入るものが「銀」という、ちょいと渋さのきいた洒落でした。
写真には2本だけ、その銀明状態のものが入っています。竹というのは一群すべてが一つの株という常識からすれば、この2本だけギンメイチクとは考えにくい事態です。やれやれ、この2本の「その後」に注目をしながら、問題なくギンメイチクと言えるものも探さなくてはなりません。この上「銅明」なんて品種、どうかありませんように。

<補注> 「問題なくギンメイチクと言えるもの」を掲載できました。(2017年2月13日

2012年のきょうヤマラッキョウ > 2011年のきょうハッサク> 2010年のきょうクログワイ> 2009年のきょうウメ(寒紅梅)> 2008年のきょうオニドコロ> 2007年のきょうマーガレット> 2006年のきょうヒメリンゴ> 2005年のきょうマサキ

|

« 1月7日(月) アマチャヅル | トップページ | 1月9日(水) リュウノウギク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月7日(月) アマチャヅル | トップページ | 1月9日(水) リュウノウギク »