« 1月25日(金) オオツワブキ | トップページ | 1月27日(日) ミズカンナ »

1月26日(土) ソメイヨシノ(ほか3種)

130126touboku_somei2週間前に関東を襲った「大雪」による被害は、交通網だけではありませんでした。枝振りのいいソメイヨシノがボッキリとやられて無残です。
とは言いながら、じつはふつうには見られない生木の「材質」を確認できて、内心ホクホクです。折れた木には手を合わせながら、貴重画像をゲットです。
桜材(主にヤマザクラ)は家具などに使われてオレンジっぽい雅な色を出すのですが、その色合いはソメイヨシノでもそんなに変わらないようです。折れた部分はクセのある部位でしたが、木質は柔らかくて加工しやすそうです。
130126touboku_taisanさて、被害は桜に限らず、今回の雪は暴力的でした。個人的には自分の墓標にしたいほど惚れ込んでいるタイサンボクですが、材を見るのは初めてです。意表をつく白さでした。この材は素直で柔らかく、なんと刀の鞘の素材として重用されたそうです。
130126touboku_tounezumiお次はトウネズミモチです。立木がパックリと割れて痛々しいのですが、こんなに白くて素直そうな材だとは思いもしませんでした。
仲間のネズミモチの枝は農具・工具の柄とか杖とか楊枝などに使われたそうで、それに比べるとトウネズミモチは日本での歴史が浅いので用途解説が見あたりません。野山には実生でどんどん生えますから、利用をまじめに検討してもいい木に思えます。
130126touboku_himaraya最後はヒマラヤスギです。巨大な樹冠の上部から落下した太枝が、樹下のアオキやヤツデを押しつぶして、ヒマラヤ迷惑の様相です。
これも材は思いの外に白いのですが、芯部分が赤いのは松の仲間の証拠で、たぶん脂分が強いのでしょう。製材すれば赤と白のコントラストがおもしろそうです。ただ、木理がかなり荒い感じだし、どこにでも生えるものではないので、材木としての評価はスルーしておくのが無難でしょう。

2012年のきょうイワガネソウ > 2011年のきょうソシンロウバイ> 2010年のきょうジャノヒゲ(リュウノヒゲ)> 2009年のきょうアカマツ> 2008年のきょうニワウルシ> 2007年のきょうビオラ> 2006年のきょうチンゲンサイ> 2005年のきょうジャノヒゲ

|

« 1月25日(金) オオツワブキ | トップページ | 1月27日(日) ミズカンナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月25日(金) オオツワブキ | トップページ | 1月27日(日) ミズカンナ »