« 1月16日(水) ウメモドキ | トップページ | 1月18日(金) ハンノキ »

1月17日(木) ウラジロ

130117urajiro1松の内にこれを掲載できればよかったのに、生来の間の悪さ加減は、どうやら墓場まで持っていきそうです。正月飾りでおなじみのウラジロです。
下に潜り込んで雨宿りに使えそうなくらい、株はバオバオと巨大です。ふつうのシダ類とはちょっとスケールが違います。「代々栄える」めでたさがこの大きさの原因になっていて、古い葉(下側の濃緑のもの)の上に若緑の新しい葉が重なります。
130117urajiro2これが名前のもとになっている白い葉裏で、胞子嚢までまるで白ゴマを並べたみたいです。ただ、この写真では小葉の先が尖っていて、図鑑ではここが丸いので、これをウラジロと断定するのは憶するところがあります。
ウラジロでも先が尖ることがあるのか、あるいは写真を撮った株にも先の丸い葉があって見落としたのか、やや課題が残ります。
130117urajiro3とは言うもののウラジロだろうと思う3つめのポイントがこの若芽です。ゼンマイと間違えるような姿ですが、固いので摘んで食べる気にはなりません。こんな寒の内からこうして次の世代がのびだすのも、めでたいとされる由縁でしょう。

2012年のきょうヒメユズリハ > 2011年のきょうブッソウゲ(ハイビスカス)> 2010年のきょうナンテン> 2009年のきょうトウゴマ> 2008年のきょうチゴカンチク> 2007年のきょうフクジュソウ> 2006年のきょうフユシラズ> 2005年のきょうカラタチ

|

« 1月16日(水) ウメモドキ | トップページ | 1月18日(金) ハンノキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月16日(水) ウメモドキ | トップページ | 1月18日(金) ハンノキ »