« 1月9日(水) リュウノウギク | トップページ | 1月11日(金) ヤブレガサ »

1月10日(木) サネカズラ

130110sanekazura完熟をやや通り越した状態ですが、この深紅の粒はまだまだ果肉がジューシーで、ほんのりした甘さがありました。味の評判はあまり芳しくないサネカズラの実ですが、自分的にはそんなに捨てたものではない感じです。
もっとも、味よりも興味深いのはその種の形です。上品に表現すれば腎形となるのでしょうが、世俗的に言わせてもらえば「あ、サネカズラのサネってこっから来てる?」とニヤついてしまいます。(あくまではた衛門的解釈です)
もしかして、もっとダイレクトに「ボボカズラ」なんて呼ぶ人がいて、それが標準和名になっていたら、この美しくも奇妙な実のイメージは台無しでした。さらに、サネというきわどい言葉がほとんど通じなくなっているおかげで、きれいな音感だけがいまに残ったのはサネカズラにとってじつに幸運なことでした。

2012年のきょうバンダ(洋ラン) > 2011年のきょうブータンルリマツリ> 2010年のきょうカゴノキ> 2009年のきょうナツトウダイ> 2008年のきょうツバキ(詳細不明)> 2007年のきょうゴシキトウガラシ> 2006年のきょうハナツメクサ> 2005年のきょうダイコン

|

« 1月9日(水) リュウノウギク | トップページ | 1月11日(金) ヤブレガサ »

コメント

早速サネカズラを見に行ってきました eye
なるほど、二つずつ入ってるんですね
植物好きの割には表を剥いで深いとこまで見ることは無かったです
愛らしい形してました
実と言うか核と言うのか大好きです
知らないことを知るのは楽しいですね happy01
ことしも4649!

投稿: ひろぼ | 2013/01/10 12:54

ひろぼさんへ:
そんなにすぐに見てこれるところにサネカズラがあるなんて、
うらやましいです。
かわいい形だったでしょ!

投稿: はた衛門 | 2013/01/11 06:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月9日(水) リュウノウギク | トップページ | 1月11日(金) ヤブレガサ »