« 12月8日(土) ヤブマメ | トップページ | 12月10日(月) ワラビ »

12月9日(日) ウラムラサキ(ストロビランテス・ディエリアヌス)

121209uramurasaki1枚の葉が、大きいものだと長さ20cmもあって、それがこの色と艶ですから、なかなかの見応えです。今回初めてお目にかかりましたが、観葉植物としてブームになっていてもおかしくない風格です。
ただ、そのためにはあまりにも直截な名前をなんとかすべきと思います。裏日本という言葉が死語に「された」ように、「裏」にはネガティブイメージが伴います。たしかに、画面左下でワタシがひねっている葉裏を見れば、「おっしゃるとおり」なんですが…。
ではお洒落な洋風名前で呼ぼうかと思うと、おっと、ストロビランテス・ディエリアヌス(学名そのまま)だそうで、こりゃダメ、誰にも覚えてもらえません。
では海外での通称は?と調べたらペルシャン・シールドだそうで、地面を覆う(シールド)ような葉の広がり方に注目した名前でした。ただ、原産地はペルシャではなくミャンマーなので、これも誤解と混乱を招きそうです。
この緑と紫の配色って、例えるものがまったく浮かびません。意外に斬新な色使いで、これが流行することで「裏」のイメージが大逆転することを願いますか。

2011年のきょうカラスノエンドウ> 2010年のきょうイロハモミジ> 2009年のきょうメタセコイア> 2008年のきょうアオハダ> 2007年のきょうケヤキ> 2006年のきょうサンダーソニア> 2005年のきょうサンシュユ> 2004年のきょうメキシカン・ブッシュ・セージ

|

« 12月8日(土) ヤブマメ | トップページ | 12月10日(月) ワラビ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月8日(土) ヤブマメ | トップページ | 12月10日(月) ワラビ »