« 12月18日(火) シモバシラ | トップページ | 12月20日(木) ナギナタコウジュ »

12月19日(水) オガタマノキ

121219ogatama早春の花はとても小柄で清楚な感じだったのに、これはまたなんという変貌をとげてくれたものでしょう。さすがオガタマ、タマげさせられました。
カラタネオガタマと違って、オガタマノキは大木(10~20m)になりやすく、花はその高い枝先につきます。したがって、この実にも手はとどかず、それではと樹下を探し回っても、残念ながらひとつも落ちてはいませんでした。
したがって、こうして望遠レンズで写した様子を見るしかないのですが、考えてみればモクレン科なので、こういうグロテスク路線は十分にあり得るわけです。あの可憐な花がどうやってここまで様変わりするのか、花後のプロセスが要チェックです。

2011年のきょうススキ> 2010年のきょうクロマツ> 2009年のきょうイチョウ> 2008年のきょうモチノキ> 2007年のきょうハクウンボク> 2006年のきょうフユザクラ> 2005年のきょうトコナツ> 2004年のきょうジュウガツザクラ

|

« 12月18日(火) シモバシラ | トップページ | 12月20日(木) ナギナタコウジュ »

コメント

「おがたまの木は1円玉に描かれている木で、
むかしから神さまをおむかえするのにつか
う大切な木」なんだそうです。
オガタマノキは、神社と関係が深い 。

http://www.jinjacho-osaka.net/chinnjyu-no-ki/ogatamanoki/09_002_chinnjyunoki_ogatamanoki.htm

投稿: Renyy | 2012/12/19 09:21

Renyさんへ:
いつもありがとうございます。
へー、1円玉のあの木、オガタマだったんですか!!
そして、こんなになる前の種は赤(朱色)いんですね。
そうと知ってみると、撮った写真にもチラッと赤いものが見えていました(*゚ー゚*)

投稿: はた衛門 | 2012/12/20 05:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月18日(火) シモバシラ | トップページ | 12月20日(木) ナギナタコウジュ »