« 12月17日(月) フウ | トップページ | 12月19日(水) オガタマノキ »

12月18日(火) シモバシラ

121218simobasira1シモバシラに注目するのは例の氷のフレアーができるときで、あとはせいぜい花の時期でした。しかし、考えてみればどうしてシモバシラだけにあんな芸当ができるのか、あのフレアーを作り出す仕掛けはどんなものなのか、ちょっと気になりました。
寒気が増したとは言っても、まだ凍り付くには早いこの時期、根もとはこんな様子でした。茎の断面は四角で、ところどころに節があり、これで色が緑ならまるでシホウチクです。木質化していて、いかにも竹のように細かくひび割れる気がまんまんです。
仕掛けはもう一つあって、シモバシラは宿根草です。つまり地上部は枯れきっても根は生きていて、真冬にも水を吸い上げるのです。微細な割れのある茎に水分が到達すると、あの「冬の芸術」ができるわけで、この二条件がそろったシモバシラは、草木世界ではかなりのセレブなのでしょう。
121218simobasira2ところがそのセレブさんの地上部はいまこんな感じで、葉色は冴えないまま枯れ縮んで、花を終えた穂もほぼゴミ状態です。ふだんは破れジーンズだけれど、決めるときは決める!というところでしょうか。

2011年のきょうソシンロウバイ> 2010年のきょうリンドウ> 2009年のきょうチドリノキ> 2008年のきょうマルバアキグミ> 2007年のきょうハクサンボク> 2006年のきょうムクロジ> 2005年のきょうマリアアザミ> 2004年のきょうワビスケ

|

« 12月17日(月) フウ | トップページ | 12月19日(水) オガタマノキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月17日(月) フウ | トップページ | 12月19日(水) オガタマノキ »