« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

11月30日(金) 緑光(りょっこう・四季咲きバラ)

121130ryokkouその名もグリーンローズというバラを取り上げたのは5年前のことでした。あれは、いわゆる「バラ」としてはちょっとキワ物だったのに比べると、こんどの「緑色のバラ」はかなりの美貌というか正当派です。
こうしてアップにすると白バラと間違えそうでも、房咲き性なのでボリュームがあって、実際の全体像はかなり「緑」感があります。
寒くなってもこうして中型の花(径5~6cm)をこれだけつける四季咲きですから、バラ好きではなくてもちょっと身近に置きたくなります。ただし、人気商品らしく、苗1本が2千円とか3千円とかするのが玉に瑕です。

2011年のきょうサンタンカ(イクソラ・シネンシス)> 2010年のきょうショクヨウギク(料理菊)> 2009年のきょうシロダモ> 2008年のきょうヤブムラサキ> 2007年のきょうキヅタ> 2006年のきょうムクノキ> 2005年のきょうリキュウバイ> 2004年のきょうウインターコスモス

| | コメント (0)

11月29日(木) アルテルナンテラ(アキランサス、テランセラ)

121129alternanthera_ficoideaチリチリとねじれた葉の間にショボショボと冴えない花(直径5mmほど)が散らばって、「美しさ」とはかけ離れた姿です。ところが、これが花壇を埋め尽くしていると、分厚いトルコ絨毯のようで、豪華な眺めになるのだからおもしろいものです。
もっとおもしろいのはこの名前で、お店ではだいたいアキランサスと呼ばれているのに、その英字綴りも謂われもわからないのです。テランセラとも称しますが、こちらは古い学名だそうで、あまり適切ではありません。
では、タイトルにしたアルテルナンテラはなにかと言えばこれは属名で、本当なら一つの種を属名で呼ぶのは避けたいところです。だったらフルネーム(学名)を覚えようという意欲は、アルテルナンテラ・フィコイデアという文字並びの前にかき消えます。

2011年のきょうドラゴンフルーツ(ヒモサボテン、ピタヤ)> 2010年のきょうオオモミジ> 2009年のきょうセンニンソウ> 2008年のきょうマムシグサ> 2007年のきょうヒサカキ> 2006年のきょうタチバナ> 2005年のきょうベニバナボロギク> 2004年のきょうスイセン

| | コメント (0)

11月28日(水) ナンテン

121128nanten1もう何度か扱った「常緑樹のくせに紅葉する?」話題です。自分でもしつこいとは思いながらも、今回は3本並んだナンテンの葉がそれぞれ違う色合いだったので、以前載せた「紅葉した株・しない株」2本対比のバージョンアップ版ということで…。
まず1枚目(↑)が「ほんのり色づき」状態です。
121128nanten2次は、あたかもオタフクナンテンのように真っ赤に染まってしまった株です。後方にまったく赤みのない隣の株が写っていて、これだけ接近状態でも色づき変化には差が出ることの証明写真にもなっています。
121128nanten3その「後ろに控えていた一本」がこれです。まるで「不動心」の権化のような葉です。色みが変化する気持ちなど、毛ほども見せません。

いま、浅田次郎が日経に「黒書院の六兵衛」という連載小説を載せていて、この主人公・六兵衛が惚れ惚れするほど「動じない」お人(当然、セリフはまったくなし)で、毎朝、きょうこそ動くか・喋るかと楽しみなのです。
思えば現実にもダンマリ屋はいるし、お喋りさんもいて、人付き合いは疲れます。それに比べれば、ナンテンの葉が緑のままか赤くなるかなんてことはごくささやかな問題で、そんな「些事」をこうして言挙げするはた衛門くんには、六兵衛さんの爪の垢が必要です。日経さん、そんなプレゼントを企画してくれませんかね。

2011年のきょうバンレイシ> 2010年のきょうサザンカ> 2009年のきょうマユハケオモト> 2008年のきょうキミノオンコ> 2007年のきょうウンリュウヤナギ> 2006年のきょうカラタチバナ> 2005年のきょうニホンスイセン> 2004年のきょうクコ

| | コメント (0)

11月27日(火) ヤブカラシ→アマチャヅル

ご指摘をいただき、ここに掲載の2枚の写真はヤブカラシではなくアマチャヅルであることがわかりました。(コメント参照)
したがって、以下の記事内容は全面的にトンチンカンですが、自戒のため、当面このままにしておきます (2012年11月30日)

121127yabukarasi1まるでブドウのように、ヤブカラシが実をつけていました。その花がいくら見かけの冴えないものでも、咲いたからには実がついて当然なのに、今まで探そうともしなかったし、目にも入ってきませんでした。
へえー、これが!と思って調べたら、この真っ黒クロスケ、関東では意外と貴重品のようです。ヤブカラシには2倍体と3倍体(染色体の話:詳細略)の2種類があって、実をつける2倍体は西日本に多いのだそうです(存在率の高い3倍体は不稔)。
121127yabukarasi2ところが、そう言われるとムズムズして、別の場所にいたクロスケもお披露目です。じつは撮影日はこちらの写真が先なのですが、これを撮った段階では「ヤブラカシに実」という事実を飲み込めませんでした。
5年前に花を撮ったときは「稔ることが少ないという実も撮りたい」なんて生意気なことを言っていたくせに、すっかり忘却の彼方でした。ヤブカラシは烏瀲苺(うれんぼ)という生薬になるのですが、残念ながらその薬効に「記憶力強化」はありませんでした。

<補注> これがアマチャヅルとわかったあと、実を齧ってみた記録はこちらです。(2013年1月7日)

2011年のきょうサクララン> 2010年のきょうアオハダ> 2009年のきょうカミヤツデ> 2008年のきょうアカネ> 2007年のきょうオキザリス・バーシカラー> 2006年のきょうシャクチリソバ> 2005年のきょうコブクザクラ> 2004年のきょうイネ

| | コメント (2)

追加編 : イロハモミジのおさらい

121127irohaoomomiji先日のイロハモミジの記事は、取りようによっては「葉の裂数が多ければイロハ」みたいな誤解を生むかも…と反省しました。間違いやすいオオモミジとイロハ、それぞれを個別に紹介していては比較できないので、二つをこうして並べてみました。
ときどき、「鋸歯が大きい」と書かれるイロハモミジ(右の2枚)ですが、その鋸歯の「絶対的」大きさはオオモミジ(左3枚)のそれとほぼ同じことがわかります。ただ、葉の大きさがこうまで違うので、オオモミジの葉のフチは「相対的」に滑らかに見え、イロハのフチはやけにギザギザして見えるわけです。
もちろん、どっちかわかりにくい中間サイズの葉を持つ木もときどきあって、偉そうな解説はしにくいのですが、ごくごく簡単には「小さな葉に大きな鋸歯」がイロハモミジと覚えておけば良さそうです。

<追記> 本項では葉のサイズに比した鋸歯の相対的な大小を言っていますが、そこを正確に言えば、イロハモミジは重鋸歯、オオモミジは単鋸歯という違いになります。(2014年8月18日

| | コメント (0)

11月26日(月) ハシバミ

121126hasibami1林の縁で、亀が空中浮遊していました。そう言えば、このちょっと風変わりな形の葉には、2カ月ほど前に思いがけないところで会っていました。
121126hasibami2それがこの写真で、ランチブログでもないのに、会食中に思わずカメラを取り出したのでした。もっとも、この葉の上にきれいに盛られていた前菜は除去(!)してから写すところが草木ブログの面目躍如です(単にこの葉に気づくのが遅かったことは内緒です)。
もっとも、こうして葉をお飾りに出されるよりは、実をおいしく食べさせてもらえたら…とそのときは少しだけうらめしく思ったものでした。さてそれなら野山でハシバミの実をゲットするのみとは思ったものの、時間の流れは過酷に急でした。もはや葉があそこまで色づいていては、実など一つも残っていませんでした。
思い起こせば、春の花もまた風変わりで、ハシバミがハンノキと近縁(同科)であることを示していました。ただ、実が人の食用にはなり得ないハンノキ属に比べ、仲間にはヘーゼルナッツもあるのがハシバミ属の「おいしい」ところです。なんとしても、来年こそは花と黄葉の間を「おいしさ」で埋めたいものです。

<補注> 実の姿は3年後にとらえることができました。(2015年8月25日)

2011年のきょうフウリンブッソウゲ> 2010年のきょうノガリヤス> 2009年のきょうシャコバサボテン> 2008年のきょうセンボンヤリ> 2007年のきょうジョウリョクヤマボウシ> 2006年のきょうガーベラ> 2005年のきょうガマズミ> 2004年のきょうフェイジョア

| | コメント (0)

番外編 : まじめなモノづくりに感動!(ナナオのモニター)

121126nanao1この夏、メインのモニターにしていたBenQ(G2000W)がたった4年の使用で不調になり、仕方なく三菱の23インチ(RDT233WLM-D)に鞍替えしました。
これによって、以前のメインで夏まではサブモニターを務めていたナナオ(Eizo)の15インチ(在りし日の姿はこちらの写真右側、左は件のBenQ)が不用品になりさがってしまいました。機械的にはBenQよりずっとしっかりしているのですが、なにせ購入が99年、御年13歳ですから基本性能が古すぎます。
仕方なく廃棄することにしましたが、あっさりサヨナラは悲しいので、お別れセレモニーに解体してみました。その結果わかったことは…ナナオってすごい! いやー、作り手のまじめさがビンビン伝わります。
まずほとんどのビスが菊座金使用です。どんな振動でも絶対に緩みません。使っている鉄板だって、厚いものは1mmとか1.5mmあります。総重量6.5kg(今どきのものは4kg前後)はこけおどしではありません。
121126nanao2基板の内容はまったくわかりませんが、全部で8枚という数だけで、念には念を入れているのであろうと感じます。内部の配線も、干渉のある場所のものは丁寧にビニール管で被覆してあります(当時で17万5千円しました・汗)。
こういうモノづくりが「日本」なのだなあとウルウルしました。いえ、コストダウンばかり叫ぶ今どきは、日本メーカーと言えども、ひょっとしたらナナオさえもこんな手のかけ方はしていないのかもしれません。
しかし、会社の基本精神というのは脈々と伝わっているはずです。三菱(なんと、画面サイズは1.5倍で値段は1/10以下!)を買ったあとで言うのも憚られますが、今度はまたぜひナナオに戻りたいと改めて感じました。
と言うより、それをまた分解して、会社の姿勢が変わっていないことを確かめたいと思うのです。ただ、三菱だって丈夫なはずだし、そのあとのナナオがさらに丈夫だったら、肝心のワタシが「お先に~」だったりしかねません。十数年あとのモニター分解のために、しっかり健康管理に努めることにいたします。

| | コメント (2)

11月25日(日) オギ

121125ogi1オギは、このブログの2年目にチラリと登場しただけでした。そのときよりもオギらしい特徴をつかんだ一枚が撮れたので、この際に復習です。
オギは、哀れにもススキと思われていることが多く、草木に興味を持ち始めると初期段階で「なーるほど」と膝を打つ植物です。そのススキとの大きな違いは二つあり、遠目でもわかる一つ目のポイントは草姿です。
株が扇状に開くススキに対し、オギはそれぞれの茎が独立して平行です。また、茎の根元が太くて長く、ススキに比べると「竹っぽい」感じがします。
121125ogi2二つ目のポイントが穂です。まず、やや茶色を帯びたススキに比べ、穂の白さが勝ります。しかし、これは単独で見たときには判断しにくいので、より決定的な見分けはこうしてグッと近づいてみることです。ススキには各小穂に一本ずつ、長い芒がありますが、オギにはそれがありません。
ほかには、ススキよりも水気のある土地を好むので、生息場所で両者の見当をつけることもできます。乾いた山や丘にあれば、それはまず間違いなくススキで、低地で地下水位が高そうな場所にあるならオギである可能性が大です。
そしてもっと水辺になれば、そこはアシの生育場所となるわけで、小さな島の取り合いで鬱陶しい人間たちと違って、植物はじつにスマートに棲み分けをしています。

2011年のきょうオンシジューム> 2010年のきょうヘラノキ> 2009年のきょうサカキ> 2008年のきょうペラペラヨメナ(ゲンペイコギク)> 2007年のきょうカワヤナギ> 2006年のきょうナツハゼ> 2005年のきょうカマツカ> 2004年のきょうサネカズラ

| | コメント (0)

11月24日(土) サルスベリ

121124sarusuberiおとといのエノキと同じく、「え、こんなにきれいだったの!?」と驚いたサルスベリの紅葉です。広々とした駐車場の脇で、朝から日暮れまで日光浴び放題の環境です。もちろん、水気や気温変化などの因子も良かったのでしょうが、つい花だけのものと思いがちだったサルスベリのお得な一面を見つけた気がします。
鈴のようにまん丸になった実もファンキーです。サルスベリの並木道があって、車の脇をチャリですり抜けたら、垂れた枝のこの実に頭がぶつかりました。「うぉっ」と叫ぶほどに、この鈴は固くて痛くて、サルスベリの意外に危険な一面も発見したのでした

2011年のきょうゴレンシ(スターフルーツ)> 2010年のきょうゴシュユ> 2009年のきょうツルソバ> 2008年のきょうリンゴ> 2007年のきょうマンデビラ(ディプラデニア)> 2006年のきょうツタウルシ> 2005年のきょうオトコヨウゾメ> 2004年のきょうアキノウナギツカミ

| | コメント (0)

11月23日(金) カラスノゴマ

121123karasunogoma葉が黄葉する時期にはまだこの莢が青く、なかの種は未熟で真っ白でした。あれからわずかな日数なのに、葉は完全に枯れ落ち、こうして莢が割れていました。秋は駆け抜けるものであって、爽やかな日々など数えるほどだったことを実感します。
さてこうして完熟の種に出会って意外だったのは、それが黒胡麻ではなく金胡麻だったことです。「カラス」というので、つい勝手に種は黒だと思い込んでいました。
植物に鳥の名前を冠するときは、その色を引用するのではなくサイズの比較に使われていることを忘れていたなんて、カラスに「アホー」と笑われてしまいます。

2011年のきょうサンジャクバナナ> 2010年のきょうオウゴンカシワ(ナラガシワ)> 2009年のきょうラクウショウ> 2008年のきょうキカラスウリ> 2007年のきょうシロウメモドキ> 2006年のきょうツルウメモドキ> 2005年のきょうキカラスウリ> 2004年のきょうハクサイ

| | コメント (0)

11月22日(木) エノキ

121122enokiエノキがここまできれいに黄葉するとは!と驚いた一枚です。多くの蝶や蛾、あるいはキリギリスなどまでがこの葉を好むせいで、たいていのエノキの葉はこの時期になると見るも無惨にボロボロです。失礼ながら美しさなど感じたことはありませんでした。
そこで「きれいだなー」と喜んでいればいいのに、「虫がいないせい?」と少し不安になってきました。ここは広い河川公園で、管理も行き届いているので、殺虫剤を噴霧しているとしたらちょっとイヤな感じです。できれば木々が多すぎて虫たちが食べきれないのが真相であってほしい…と虫のいいことを考えました。

2011年のきょうアアソウカイ> 2010年のきょうシマカンギク> 2009年のきょうホコリタケ> 2008年のきょうコダチダリア(キダチダリア、皇帝ダリア)> 2007年のきょうギンバイカ> 2006年のきょうナギ> 2005年のきょうカリン> 2004年のきょうオオモミジ

| | コメント (2)

11月21日(水) カナムグラ

121121kanamugura1「カサカサした形は、このまま実になる」と9月の雌花で予告したカナムグラです。いったいぜんたいどういう作りなの?と言いたいほど憎々しい姿で、一皮一皮剥きたくなりますが、手袋の用意なしでしたから、挑戦はあきらめです。
ただ、色づいた赤が妙にきれいで、刺々しい風貌とはまったく不釣り合いです。どんな嫌われ者にも、一つくらいは美点があるという教訓でしょうか。
121121kanamugura2おっと、無理して剥かずとも、よく探せば自然に種が露出しているものがありました。かわいい草木なら二・三粒いただいて帰るところですが、これは完全スルーです。

2011年のきょうメガルカヤ> 2010年のきょうミツデカエデ> 2009年のきょうアブラチャン> 2008年のきょうアメリカヅタ> 2007年のきょうカタバミ> 2006年のきょうヤポンノキ> 2005年のきょうシロダモ> 2004年のきょうドウダンツツジ

| | コメント (0)

11月20日(火) ナンキンハゼ

121120naniknhaze1背景の水面がこの写真のポイントです。ナンキンハゼが水辺を好む証拠写真で、幾本かの幼生が実生で育っていました。
121120naniknhaze2こちらは水辺からやや離れた土手下の成木です。早いものは実の皮が割れて、なかから白い種がのぞいています。
皮が完全に剥け落ちると、まるで砂糖菓子のようで、これを持ち帰りたいというご婦人もいましたが、そういう奇特な人以外は誰も種を運ばないので、自然に落下してコロコロ転がった先が次世代の生育地となります。
さてこのナンキンハゼの紅葉は、数ある紅葉のなかでも最も深い赤色の一つです。昔、まだ木の種類をなにも知らなかったころ、奈良のお寺の境内でこの落ち葉を拾い、スペード型の形とともにいたく気に入って、栞にしていたことを思い出しました。

<補注> 上述の「誰も種を運ばない」というのは間違いでした。後日、カラスがこの実を食べるのを目撃しましたし、そのことを記事にしたら、カラス以外にもいろいろな鳥がナンキンハゼの実を食べるというコメントをいただきました。(2013年1月8日)

2011年のきょうメグスリノキ> 2010年のきょうキチジョウソウ> 2009年のきょうイワニガナ(ジシバリ)> 2008年のきょうチシャ(レタス)> 2007年のきょうオキザリス・フラバ> 2006年のきょうレンギョウ> 2005年のきょうツリバナ> 2004年のきょうチャノキ

| | コメント (0)

11月19日(月) マンデビラ(ディプラデニア)

121119mandevillaこんな派手な花はめっきり見かけなくなる時期なので、つい他人さまのお庭にレンズを向けてしまいます。5年前も、同じ事情で今ごろこの花を載せていました。
そのときはわけもよく知らずに旧属名のディプラデニアをメインタイトルにし、マンデビラという名前は別名として記録しておいたものでした。
ところが、今回この花に出会ったときにつぶやいた名はマンデビラでした。しかも現在はキョウチクトウ科マンデビラ属に分類するそうです。自分でも覚えやすく、学問的にも間違っていないなら、この花の名前の表示順はめでたく変更です。

2011年のきょうスズメウリ> 2010年のきょうスイショウ> 2009年のきょうダンコウバイ> 2008年のきょうツノナス(フォックスフェイス)> 2007年のきょうドウダンツツジ> 2006年のきょうソラヌム> 2005年のきょうシロヨメナ> 2004年のきょうビワ

| | コメント (0)

11月18日(日) ニガキ

121118nigaki先日のシロモジで反省したばかりなのに、またもやです。しかも、青い実まではとらえていたシロモジに比べ、このニガキは春の花以後、ずっと忘れていました。
丸くて緑の実が黒く熟すというけれど、樹上にはもちろん、下の地面にもそれらしいものはまったくありません。たぶん、葉と同じでかなり良薬系の悶絶味なはずなので、一気に鳥さんが食べ尽くす可能性は低いと思うのですが、もしかして本当に薬になるので、めざとい人間が収穫するとか?
とりあえず今年は「黄葉がきれいだね」とごまかして終わり、結実から完熟までの実の様子、それと春に撮り損なった雄株の発見については今後の課題としておきます。

2011年のきょうビレヤ・シャクナゲ> 2010年のきょうシマサルスベリ> 2009年のきょうヒオウギ> 2008年のきょうスイレンボク> 2007年のきょうエアーポテト> 2006年のきょうフユノハナワラビ> 2005年のきょうムサシアブミ> 2004年のきょうセンリョウ

| | コメント (0)

11月17日(土) シュウメイギク

121117syuumeigiku3時半ころにはお日さまがかなり物陰に隠れがちになり、4時にはもう撮影不能というこのごろです。ああ、まだ撮りたいのに!と焦りますが、そんな太陽の低い入射角のおかげで、思わぬ美しい光景に出会えることは喜ばなくてはなりません。弱くはなった陽射しですが、わりと分厚いシュウメイギクの花びらを見事に透かしてくれていました。
しかも、こうして影絵状態で見ると、花のあとに残った花床の丸さが目立ちます。麗人系の花だと思っていたシュウメイギクの、老後のコミカルな姿です。

2011年のきょうペペロミア・オブツシフォリア> 2010年のきょう島バナナ(バナナ)> 2009年のきょうヒッコリー> 2008年のきょうムラサキカタバミ> 2007年のきょうチョコレートコスモス> 2006年のきょうウコギ> 2005年のきょうヨメナ> 2004年のきょうヒイラギ

| | コメント (0)

11月16日(金) イロハモミジ

121116iroha1画面中央の葉が笑えます。貼り付いて長く太陽を遮ってきた葉が、はずみで取れたのでしょう。きれいな紅葉には陽当たりが大事な要素であることの証明です。
121116iroha2さて、いきなり高尾山の宣伝ポスターです。「なんで、いろはもみじっていうの?」って、急に言われたら、焦ってしまいます。7裂する葉を数えると、イロハニホヘトなんですが、5裂は珍しくないし、たまには9裂だってあるし、などと鬱陶しいことを言ったら、きれいなお姉さんに嫌われてしまいます。
おっと、このお姉さん、誰だろうと思ったらあのお江さんの上野樹里でした。どうして? 高尾山のテーマが「樹の里」でした。ぷぷっ。加えて、テーマソングは小野リサが歌っていました。なんとなくワタシら世代がターゲットなんでしょうか。

2011年のきょうカイノキ> 2010年のきょうキッコウハグマ> 2009年のきょうシオデ> 2008年のきょうアシ(ヨシ)> 2007年のきょうフユザクラ> 2006年のきょうコンギク> 2005年のきょうノコンギク> 2004年のきょうアブチロン

| | コメント (0)

11月15日(木) オオバナノノコギリソウ

121115achillea_ptarmicaふつうのノコギリソウと同じく、真夏が本来の花期なのですが、こうして少なからぬ数の花がほころんでいました。小さな花が笠のようにかたまって咲くノコギリソウとはずいぶん違う風情で、こうして一輪一輪が独立して咲きます。
ついスケールを差しのべてしまうほどに、「オオバナノ」という名前には違和感のあるサイズです。しかし、上記の理由で比較対象がふつうのノコギリソウなので、この名前は決して誇大広告にはあたりません。
ところでここまで文中のリンクがありません。当然に収録しているべきノコギリソウがまだで、あるのはセイヨウノコギリソウでした。まあ、これでもノコギリソウの感じはつかめるよなあと自己弁護しつつ、来夏のターゲットリストがまた増えました(涙)。

<補注> ふつうのノコギリソウとは、オホーツクの海辺で感激の対面を果たしました。(2015年9月9日)

2011年のきょうワイルドオーツ(ニセコバンソウ)> 2010年のきょうヘビノボラズ> 2009年のきょうコウカジュ> 2008年のきょうルリフタモジ(白)> 2007年のきょうイヌマキ> 2006年のきょうサイカチ> 2005年のきょうノコンギク> 2004年のきょうコセンダングサ

| | コメント (0)

11月14日(水) シロモジ

121114siromoji夏の終わり、コケシからスモモに変貌したこの木の実を載せました。そのとき、「記録を続ける」などと公言したくせに、久しぶりに来てみたら、もう実は一つも残っていませんでした。2カ月以上も忘れていたとは、我ながら冷血漢です。
そんな男を毛嫌いするでもなく、シロモジさんはきれいな黄葉の装いで迎えてくれました。初夏の瑞々しい葉のときも、この形のおもしろさ(3裂の具合と裂け目基部のくびれ)を称えましたが、黄色くなって背景とのコントラストが強まったおかげで、いっそうそれが目立つようになっていました。
ジッと見ていると、鳥が飛び立つ姿にも見え出します。このあと「落葉」するのではなくて、みんなで空に飛び立っていく…柄にもなくそんな童話を書いてみたくなりました。

2011年のきょうトネリコ> 2010年のきょうカラスノゴマ> 2009年のきょうミツデカエデ> 2008年のきょうヒシ> 2007年のきょうハツカダイコン> 2006年のきょうヒメノウゼンカズラ> 2005年のきょうモッコク> 2004年のきょうウインターコスモス

| | コメント (2)

11月13日(火) サルビア・インディゴスパイア(ラベンダーセージ)

121113lavender_sage本名ではあまり呼ばれず、通称のラベンダーセージでまかり通っています。したがって、その名前を「ラベンダーといってもラベンダーではなく、セージとはいうけれどサルビアで…」などと非難するのはワガママではあるわけです。
イヤなら本名で呼んでよ!とご本人はむくれているでしょうが、そんな煩わしい名前とは正反対に、花は初夏(晩春)から咲き続けていて、まだまだいけそうという、じつに勤勉で健気な性格です。
もっとも、同じ花がそんなに長く花壇を独占しては見飽きてしまうという人間側の勝手な事情のせいか、コストパフォーマンスの高さのわりにはあまり普及していません。さらに花期の長さに加えて、水もあまり欲しがらずにどんどん大きくなるので、育てているうちに鬱陶しくなる人も多いのかと、余計な心配もしてしまいます。
過ぎたるは及ばざるがごとしというか、適度に虚弱体質で手のかかる方がモテるのだとしたら、ワタシもちょっと咳き込んでみたりしようかしらん。

2011年のきょうアシボソ> 2010年のきょうサルビア・エレガンス(パイナップルセージ)> 2009年のきょうヤブサンザシ> 2008年のきょうムシカリ> 2007年のきょうコミカンソウ> 2006年のきょうプレクトランサス・モナ・ラベンダー> 2005年のきょうセンニンソウ> 2004年のきょう早咲きツバキ(西王母)

| | コメント (2)

11月12日(月) バクチノキ

121112bakutinoki1名前も変だし、樹皮も実の形も変だったら、花もやっぱり尋常ではありませんでした。だいたいにして、もう冬が近いというこの時期に咲くこと自体が少数派だし、その姿も「花=美しい」というお決まり連想からはグイッとずれています。
121112bakutinoki2ほぼ存在意義のない5枚の小さな花びらを尻目に、マスカラ風に飛び出した雄シベが派手です。また、それらの取り巻きを従えて真ん中に立つ雌シベは、まるで姐御のようにドッシリしています。
なお、前回ははずみで写っていた葉の腺点(葉柄と葉身の境目)も、今度はしっかりとらえることができました。これはたぶん集客担当の仕掛けだと思うのですが、虫が来ているのを見たことがありません。
そもそも、集客は花がすればいいのであって、葉が腺点を持つ必要はないのになあ…と思うのですが、バクチノキにとっては大きなお世話というものでしょう。

2011年のきょうセイヨウニンジンボク> 2010年のきょうアコニット(セイヨウトリカブト)> 2009年のきょうヤブムラサキ> 2008年のきょうカキ(品種不明) > 2007年のきょうイチゴノキ> 2006年のきょうケンポナシ> 2005年のきょうハマギク> 2004年のきょうセイヨウアサガオ

| | コメント (0)

11月11日(日) センブリ

121111senburi4年前にセンブリを見つけたときは、そのめずらしさに興奮したものです。ところが、その貴重品が、今回は野道の両側にズラーッと並んでいました。まさに野草状態で、これが正しいセンブリの姿(以前の写真は栽培品)です。
うれしさに舞い上がりながらも、この環境について考えてみました。笹の葉に混じって生育していて(センブリの葉は細い線形)、その笹は強く刈り込まれています。
つまり、人為的に手入れがされた、やや陽当たりが良い林縁が彼らの環境適地であることがわかります。そして、その後半の条件に適合する場所は多くても、笹を刈る人がいなくなったのがセンブリ生息地激減の理由と思い至りました。
逆に言えば、野山に手を入れさえすれば、春にはセツブンソウが、秋にはセンブリが花開いてくれるわけです。問題は誰がその手入れをするのかで、「ワタシ、撮る人」と澄ましていてはいかんなあ、という思いがそぞろ湧いてきます。

<補注> 翌年、同じような生育環境で群生するフユノハナワラビに出会いました。(2013年11月4日)

2011年のきょうトマチロ> 2010年のきょうカイノキ> 2009年のきょうオシロイバナ> 2008年のきょうシュウメイギク(八重)> 2007年のきょう早咲きツバキ(西王母)> 2006年のきょうラッキョウ> 2005年のきょうミツマタ> 2004年のきょうウメモドキ

| | コメント (0)

11月10日(土) ユリノキ

121110yurinoki1カツラハウチワカエデカキノキと取り上げてきた今年の紅黄葉シリーズですが、きょうのユリノキは、ずっと昔の冴えない写真のお口直しです。
この特徴的な形の葉が色づくと、ユリノキという本名よりも、別名であるハンテンボク(半纏木)の方に親しみがわきます。
121110yurinoki2光に透かした美しさだけでなく、順光の下でも葉表の艶が意外な美しさです。花の時期には、葉表にこんな艶があるとは気づきませんでした。
そして、大きな半纏だけでなく、こんな時期なのに子供用サイズ(画面左側)もあることは意外でした。遅れて展開して小さいままに枯れるのはやや不憫に思えても、それはそれでその葉の一生なのでしょう。

2011年のきょうツリバナ> 2010年のきょうウラジロノキ> 2009年のきょうトキリマメ> 2008年のきょうミドリハッカ(スペアミント)> 2007年のきょうトウゴマ> 2006年のきょうアザミゲシ> 2005年のきょうヒメツルソバ> 2004年のきょうユズリハ

| | コメント (0)

11月9日(金) ソバ

121109soba1かつて10月にソバの花をここに載せたときは、まだこんな実はほとんど目立たない状態でした。場所の違うものを比べるのは無謀な話ですが、おおまかにはこのひと月の間に花から実へと変化するのがソバの生育サイクルのようです。
そもそもソバは種まきから収穫までの期間が2カ月半程度で、米や麦に比べれば非常に手っ取り早い作物です。もっとも、蕎麦屋に長居は無粋というくらいで、育てるのも食べるのもスピーディを旨として、気っ風がいいのがソバなのでしょう。
121109soba2そんなソバの実をしみじみ味わっては啖呵が飛んできそうですが、挽きもしないこんな実を齧っただけで、コクのある旨みが口のなかに広がります。
コーヒーと紅茶、犬と猫、など、どっちが好きという悩ましい選択はいろいろありますが、「うどんと蕎麦」と言われたら、ワタクシ、ためらうことなく蕎麦派でございます。

2011年のきょうイワレンゲ> 2010年のきょうキクニガナ(チコリ)> 2009年のきょうアワコガネギク> 2008年のきょうジャコウソウモドキ> 2007年のきょうシラキ> 2006年のきょうスズメウリ> 2005年のきょうハナミズキ(アメリカヤマボウシ)> 2004年のきょうダチュラ

| | コメント (2)

11月8日(木) カキノキ

121108kaki日本画の福田平八郎は柿の木(しかも葉)が好きだったようで、青い時期の葉まで写しています。ただ、有名なのは秋の葉を描いた「彩秋」と題された一枚でしょう。
極端にデフォルメされたその形と色あいは、邪気のない子供の絵そのままで、不純物にまみれきったオジサンたちは、その絵を前にして涙してしまうのです。
ところが、それほど昇華されない実物の葉にでも目を奪われてしまう人もいて、通りがかる人たちの不審の目に晒されながら、平八郎モドキをものせんとがんばったのでした。しかし、あの絵のようにトルコ青に染まる葉は見つかりません。「くそー、今度は絵の具を持ってこなくちゃ」と悔しがるのですから、俗人もここに極まれりです。

2011年のきょうジュウガツザクラ> 2010年のきょうツルナ> 2009年のきょうヤマツツジ> 2008年のきょうイロハモミジ> 2007年のきょうオナモミ> 2006年のきょうサルノコシカケ> 2005年のきょうイロハモミジ> 2004年のきょうヨウシュヤマゴボウ

| | コメント (0)

11月7日(水) リンドウ

121107rindouきょうのタイトルは一応リンドウなんですが、本当の主役は右側の葉で休憩中のミツバチさんです。なぜかというと…。
蜂って、誰が見ていなくてもサボることなく、いつでも必死に蜜や花粉を集めているのだと思っていました。それがこのミツバチさん、ぜんぜんやる気なしでした。ワタシが根負けしてこの場所を離れるまで、ジッと動かず、この葉の上で日向ぼっこなのです。
蜂にはノルマはないんでしょうねえ。成績が悪いから減給なんて言われないんでしょうねえ。陽が西に傾いたころ巣に帰り、「いやー、きょうもよく働いたなぁ」なんて言いながら冷えたビールを一杯…、来世は蜂にしてください、神様!

2011年のきょうオオバシコンノボタン(アツバノボタン)> 2010年のきょうサルビア・インボルクラータ> 2009年のきょうヒラミレモン> 2008年のきょうハヤトウリ> 2007年のきょうノアサガオ> 2006年のきょうハマナス> 2005年のきょうノジギク> 2004年のきょうハヤトウリ

| | コメント (0)

番外編 : オオスズメバチ

121106oosuzumebatiちょっと前(9月末)の画像です。尾根道から見下ろす形でノダケを写していたら、体長3㎝くらいはある大きな蜂が画面に乱入してきました。オレンジ色のヘルメットがかっこいいので、望遠を目一杯効かせて、バシャバシャ撮りまくりました。
それが、おとといTVを見ていたら、この蜂を取材した番組があって、なんと、これ、オオスズメバチだというではありませんか! めっちゃ攻撃性が強くて、なにもしなくても刺されることがある蜂です(年間20~30人死亡)。
もし、接写できる距離だったとしたら、はた衛門、山道に死す!ところでした。きれいだなあ、と口を開けていないで、これからコイツを見かけたら、即退散です。

| | コメント (0)

11月6日(火) ハウチワカエデ

121106hautiwa以前、ハウチワカエデを取り上げたときは色づきが黄色でした。そのとき、秋の木々には葉が「黄色にしかならないもの、赤くしかならないもの、両方がうまく混じるもの、赤・黄どちらにもなりえるもの」があることに触れていますが、今回のこの色合いは、さて赤と断じればいいのか、赤黄両方がうまく混じったと思えばいいのか、微妙です。
しかし、色合いの判定はむずかしくても、きれいであることは一目瞭然です。丘の中腹にきらめくこの木を目指して登り始めたものの、途中でいろいろ道草しているうちにすっかり目的を忘れていました。そんなおバカがふと見上げた視界にこの木が輝いていたのだから、きっとこの木と自分は赤と黄を綯い交ぜにした糸で結ばれていたのでしょう。

2011年のきょうヒメイチゴノキ> 2010年のきょうシロバナキツネノマゴ> 2009年のきょうオオミサンザシ> 2008年のきょうイシミカワ> 2007年のきょうオオオナモミ> 2006年のきょうアキノノゲシ> 2005年のきょうムベ> 2004年のきょうヤツデ

| | コメント (0)

11月5日(月) チチコグサ

121105titikogusa1緩い傾斜地が少しだけ開けた場所の一部がきれいなカーペットになっていました。名前のわからない苔に埋もれるようにして、これも正体不明のロゼット(根出葉)がビッシリと蔓延っています。
121105titikogusa2座り込んでひと休みしながらシゲシゲ見つめていると、「ほら、ワタシよ、ワタシ」という声が聞こえてきました。「あ、そうか」と葉を裏返したら、思ったとおり真っ白です。…と、この時点での自分の答えはウラジロチチコグサでした。
ところが帰宅してよくよく調べたら、ウラジロの根出葉は葉表の色がもっと淡くて、形も丸いヘラ型でした。そして、このように葉が線形で深い緑のものは、葉裏が白いのにもかかわらず、「ただの」チチコグサなのでした。
初夏に花を咲かせたあと、今ごろこうして発芽し、このまま越冬して次の世代になるというのがチチコグサのサイクルと知りました。あと半年もしたらまたここで腰をおろして、「先日はどうも失礼しました」とチチコグサに謝ることにいたしましょう。

2011年のきょうタチシオデ> 2010年のきょうマコモ> 2009年のきょうヤブミョウガ> 2008年のきょうセイタカアワダチソウ> 2007年のきょうヒメバレンギク> 2006年のきょうセンボンヤリ> 2005年のきょうヒヨドリジョウゴ> 2004年のきょうナンテン

| | コメント (0)

番外編 : マコモタケ

121104makomotakeとあるイタリアンのお店でお昼をいただいていた途中、近寄ってきたスタッフが、「マコモタケのお味はいかがでしたか」と問いかけてきました。
一瞬、虚を突かれて「どのキノコのことだ?」などと血迷ったあと、「え、あのマコモのマコモタケ!」と思い至りました。品良くお皿の上に並んでいた(すでにお腹のなか)食材を思い起こすと、「エリンギにしては歯触りがシャキッとしてコクのある味だこと」と思って食べた細切り・塩あぶりの一品がありました。
中華料理の場合は油や濃い味つけのために素材本来の味を感じにくいのですが、ああして素焼きにすると、なかなかしみじみした味がします(などと言いつつ、食べたときはその正体などまったく気にもしなかった味覚音痴でございます)。
帰り際、店の入り口に「きょうの食材」として写真のように飾られていました。店の扉を開ければ正面にあったこれに気づかなかったのですから、いったいワタシはなにを見ているものやら。あ、そう言えば迎えてくれたスタッフがかわいい女性でした。 ヾ(ーー )

| | コメント (0)

11月4日(日) カツラ

121104katuraカツラと言えばこの丸い葉、しかもこの美しい黄葉がチャームポイントなのに、これまでは花ばかり追いかけてきました。遅れ馳せの真打ち登場です。
いかにも長閑(のどか)な秋の日を思わせる一枚ではあっても、足下では家族連れがワイワイとお昼を広げておりました。そこへ変なオジサンがコソコソと近づいてきて緊張が走ったというのが写真の舞台裏です。
いえ、別に嫌がらせをしたかったわけではないのです。光線の具合がきれいなところ・きれいなところと移動したらそうなったわけで、某公園のカツラの下でくつろいでいらっしゃった皆様、どうぞお許しくださいませ。

2011年のきょうジョウリョクヤマボウシ> 2010年のきょうマルバノキ> 2009年のきょうアブチロン(黄花)> 2008年のきょうザクロ> 2007年のきょうキャラボク> 2006年のきょうアイ> 2005年のきょうサネカズラ> 2004年のきょうヒメツルソバ

| | コメント (0)

11月3日(土) リュウノウギク

121103ryuunougiku名前(竜脳)はいかめしいのですが、ふつうに道端に咲く野菊です。そんな野の花とドラゴンがどうして結びつくのかというと、この草の香りが中国で竜脳と称する香料に似ているからなのだといいます。
さて、その竜脳香を知らないのだから比較にもならないと思いながらも、とりあえずこの菊の葉を揉んでみました。なるほど、菊っぽい苦い香りとともにメンソールのように突き抜ける爽快感がありました。

2011年のきょうネリネ> 2010年のきょうウキクサ> 2009年のきょうフジバカマ> 2008年のきょうエビヅル> 2007年のきょうハイアワユキセンダングサ> 2006年のきょうタコノアシ> 2005年のきょうサワフタギ> 2004年のきょうクチナシ

| | コメント (2)

11月2日(金) クヌギ

121102kunugi1先月末からドングリを取り上げています。とは言え、まだ撮影できていないドングリ類は多くて、今シーズンは基本の確認というところです。
大きくて丸々したこの形は、ドングリのなかでは子供受け度合いNo.1です。ただ、食べるには面倒が伴う(アクが強い)ので、はた衛門ランクではやや下位です。
121102kunugi2落ちたドングリの殻斗はとれてしまいやすいので、完全な姿は樹上で楽しみます。ドングリ類のなかでは一風変わった姿です。
小さなイソギンチャクみたいだった殻斗が、暑い盛りに口を開き出し、そこからまだ緑色をしたドングリが顔をのぞかせ、それらが次第に茶色に変貌してここまできました。このあと、葉が黄色に染まればクヌギのフィナーレです。

2011年のきょうオオデマリ> 2010年のきょうカエンキセワタ(レオノティス)> 2009年のきょうジョウリョクヤマボウシ> 2008年のきょうジャケツイバラ> 2007年のきょうルリフタモジ> 2006年のきょうオリヅルラン> 2005年のきょうクフェア・タイニーマイス> 2004年のきょうユリノキ

| | コメント (0)

11月1日(木) ヤマラッキョウ

121101yamarakkyou控えめで質素だなどと失礼な表現をしていたヤマラッキョウの花に対して、深くお詫びの一枚です。真冬には、枯れ上がった花に残ったわずかな赤紫を愛でたことはありますが、やはり「ときは今」と咲き誇る姿は格別です。
おっと、やっぱりまだまだお詫びは足りませんでした。望遠レンズで背景をボカす楽しさだけにとらわれて、接写を忘れました。花びらから飛び出したシベのなかで先端が赤いものの正体がわかりません。
雌シベの先にはこのような膨らみはないはずだし、その雌シベもよく見えません。「もぉ、トロいオジサンねえ」というヤマラッキョウ嬢の声が聞こえます。

2011年のきょうキッコウハグマ> 2010年のきょうセキヤノアキチョウジ> 2009年のきょうナンキンハゼ> 2008年のきょうアカカタバミ> 2007年のきょうアブラツツジ> 2006年のきょうナギナタコウジュ> 2005年のきょうススキ> 2004年のきょうガガイモ

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »