« 番外編 : マコモタケ | トップページ | 11月6日(火) ハウチワカエデ »

11月5日(月) チチコグサ

121105titikogusa1緩い傾斜地が少しだけ開けた場所の一部がきれいなカーペットになっていました。名前のわからない苔に埋もれるようにして、これも正体不明のロゼット(根出葉)がビッシリと蔓延っています。
121105titikogusa2座り込んでひと休みしながらシゲシゲ見つめていると、「ほら、ワタシよ、ワタシ」という声が聞こえてきました。「あ、そうか」と葉を裏返したら、思ったとおり真っ白です。…と、この時点での自分の答えはウラジロチチコグサでした。
ところが帰宅してよくよく調べたら、ウラジロの根出葉は葉表の色がもっと淡くて、形も丸いヘラ型でした。そして、このように葉が線形で深い緑のものは、葉裏が白いのにもかかわらず、「ただの」チチコグサなのでした。
初夏に花を咲かせたあと、今ごろこうして発芽し、このまま越冬して次の世代になるというのがチチコグサのサイクルと知りました。あと半年もしたらまたここで腰をおろして、「先日はどうも失礼しました」とチチコグサに謝ることにいたしましょう。

2011年のきょうタチシオデ> 2010年のきょうマコモ> 2009年のきょうヤブミョウガ> 2008年のきょうセイタカアワダチソウ> 2007年のきょうヒメバレンギク> 2006年のきょうセンボンヤリ> 2005年のきょうヒヨドリジョウゴ> 2004年のきょうナンテン

|

« 番外編 : マコモタケ | トップページ | 11月6日(火) ハウチワカエデ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外編 : マコモタケ | トップページ | 11月6日(火) ハウチワカエデ »