« 11月24日(土) サルスベリ | トップページ | 番外編 : まじめなモノづくりに感動!(ナナオのモニター) »

11月25日(日) オギ

121125ogi1オギは、このブログの2年目にチラリと登場しただけでした。そのときよりもオギらしい特徴をつかんだ一枚が撮れたので、この際に復習です。
オギは、哀れにもススキと思われていることが多く、草木に興味を持ち始めると初期段階で「なーるほど」と膝を打つ植物です。そのススキとの大きな違いは二つあり、遠目でもわかる一つ目のポイントは草姿です。
株が扇状に開くススキに対し、オギはそれぞれの茎が独立して平行です。また、茎の根元が太くて長く、ススキに比べると「竹っぽい」感じがします。
121125ogi2二つ目のポイントが穂です。まず、やや茶色を帯びたススキに比べ、穂の白さが勝ります。しかし、これは単独で見たときには判断しにくいので、より決定的な見分けはこうしてグッと近づいてみることです。ススキには各小穂に一本ずつ、長い芒がありますが、オギにはそれがありません。
ほかには、ススキよりも水気のある土地を好むので、生息場所で両者の見当をつけることもできます。乾いた山や丘にあれば、それはまず間違いなくススキで、低地で地下水位が高そうな場所にあるならオギである可能性が大です。
そしてもっと水辺になれば、そこはアシの生育場所となるわけで、小さな島の取り合いで鬱陶しい人間たちと違って、植物はじつにスマートに棲み分けをしています。

2011年のきょうオンシジューム> 2010年のきょうヘラノキ> 2009年のきょうサカキ> 2008年のきょうペラペラヨメナ(ゲンペイコギク)> 2007年のきょうカワヤナギ> 2006年のきょうナツハゼ> 2005年のきょうカマツカ> 2004年のきょうサネカズラ

|

« 11月24日(土) サルスベリ | トップページ | 番外編 : まじめなモノづくりに感動!(ナナオのモニター) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月24日(土) サルスベリ | トップページ | 番外編 : まじめなモノづくりに感動!(ナナオのモニター) »