« 10月12日(金) ハマビシ | トップページ | 10月14日(日) ナルコユリ »

10月13日(土) ヤマハンノキ

121013yamahannoki小高い丘の斜面に生えている木を、上の道から見下ろす形で見つけました。房状に下がった雄花の素(来春に咲く蕾)の形からして、いかにもハンノキの仲間ですが、あちらは湿地を好むのに対し、ここは南向きの急斜面で水分には恵まれません。
それよりなにより、この葉です。長い葉柄、丸くも四角くも見える葉の形、彫りの深い葉脈、大ぶりな重鋸歯、それらの特徴が相俟って、ちょっと忘れにくい風貌です。
調べたら、この葉が手がかりになって、すぐヤマハンノキと判明しました。したがって、花の構造はハンノキと一緒であり、長い房である雄花の上に小さな雌花(の素)がついています。となると、写真左手の緑色の塊はいったいなに?となりますが、これはこの春に結実した雌花、つまり実でした。同じ木にはこの松ボックリが枯れて茶色になったものも残っていて、それは去年の実の残骸ということになります。

2011年のきょうツリバナ> 2010年のきょうデンジソウ> 2009年のきょうセンキュウ> 2008年のきょうハグマノキ> 2007年のきょうユキザサ> 2006年のきょうナワシログミ> 2005年のきょうイヌサフラン> 2004年のきょうガマズミ

|

« 10月12日(金) ハマビシ | トップページ | 10月14日(日) ナルコユリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月12日(金) ハマビシ | トップページ | 10月14日(日) ナルコユリ »