« 9月30日(日) トウガラシ(八ツ房) | トップページ | 10月2日(火) オオケタデ »

10月1日(月) サンショウ

121001sansyouきのう(トウガラシ)に続いてピリリシリーズになりました。この実(赤い皮の部分)を齧ると、その後30分ほどは口がゆがんだような錯覚を楽しめます。
あと少しすればこの皮が破れて、なかから黒い種(無味)が覗いて、さらにチャーミングな姿になります。そのシーンは以前とらえてあるので、今回の注目点は棘です。山には仲間のイヌザンショウも生えていてやや紛らわしくはあっても、そちらの棘は互生なのに対し、サンショウの棘は対生です。
前にイヌザンショウを載せたときにそのことがわかり、あわててサンショウの写真を調べ直したものでした。今回はそのリベンジマッチの意味で写真中央にその棘を入れ、さらに縁が波打つ奇数羽状複葉の美しさもとらえたいと欲張ってみました。

2011年のきょうハゼノキ> 2010年のきょうウラジロハコヤナギ(ギンドロ)> 2009年のきょうチャノキ> 2008年のきょうプルメリア> 2007年のきょうアケボノソウ> 2006年のきょうゴンズイ> 2005年のきょうハゲイトウ> 2004年のきょうシュウメイギク

|

« 9月30日(日) トウガラシ(八ツ房) | トップページ | 10月2日(火) オオケタデ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月30日(日) トウガラシ(八ツ房) | トップページ | 10月2日(火) オオケタデ »