« 9月6日(木) オニバス | トップページ | 9月8日(土) ナガエコミカンソウ(ブラジルコミカンソウ) »

9月7日(金) コマツナギ

120907komatunagi助手が同行していれば、脇に立つなり棒きれをかざすなりして被写体の大きさを表すことができるのに、こんな暑さでは容易に付き合ってはもらえません。あいにく、この株の周りにはスケール代わりになるものもありませんでした。
それでも、このコマツナギの「高さ」は表現できたのではないかと、撮影者は一人勝手に悦に入っているのです。中腰で、あおり加減で撮ってはいますが、一つの花穂が10㎝ほどの長さですから、根元からてっぺんまで、2mはゆうにあるのがわかります。
7月の下旬に、「これはホントにコマツナギだろうか」と恐る恐るこの株を掲載したところ、「きおねこ」さんから「高くなる性質のものもある」という助言をいただきました。そのあと押しに力を得て、同じ株を再撮影です。7月には絡みつく対象を探してカールしていた枝先が、迷いを捨てたかのように一直線に空を目指していました。
親の脛(すね)に齧りついて嫁にもいかない娘には、このコマツナギを煎じて飲まそうかと、暑さで脳みそがトロけたオジサンはしばし真剣に考えたのでした。

<補注> 別の場所で、株立ちになった「幹」が逞しいトウコマツナギ(キダチコマツナギ)に出会いました。それと比べ、こちらには「茶色い幹」が見つからなかったのですが、背の高さから言えば、どうも「ふつう」ではないように思えてきました。この写真のものがまだ健在であれば、追跡調査してみるつもりです。(2015年8月1日)

2011年のきょうウワミズザクラ> 2010年のきょうヒシ> 2009年のきょうヤマナシ> 2008年のきょうハグロソウ> 2007年のきょうサラシナショウマ> 2006年のきょうコブナグサ> 2005年のきょうウコン> 2004年のきょうママコノシリヌグイ

|

« 9月6日(木) オニバス | トップページ | 9月8日(土) ナガエコミカンソウ(ブラジルコミカンソウ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月6日(木) オニバス | トップページ | 9月8日(土) ナガエコミカンソウ(ブラジルコミカンソウ) »