« 8月4日(土) 矮性サルスベリ | トップページ | 8月6日(月) タイワンニンジンボク »

8月5日(日) コバンソウ

120805koban1コバンソウの花(!)を見つけてから丸2カ月、もうすでに消えてなくなりそうに枯れきってしまっていたのを2・3本引っこ抜いてきました。イネ科であるからには、なりは小さくてもちょっとは食べられる実(種)をつけるのでは…という期待に胸弾みます。
白い紙の上で揉みほぐしてみると、ん、期待したようにバラバラと落ちてくる種はありません。何粒か、黒いものが見えますが、これはゴミでした(涙)。どっかに種は入っていないものか、かなりしつこく分解しましたが、なにも出てきません。
120805koban2それもそのはずでした。殻の内側にへばりついているこの薄皮が種なのだそうです。まるでタマネギとか百合根の鱗片をプレスして乾かしたみたいな、楽しみに待ったワタシの2カ月をあざ笑うかのような、ニヒルで小癪な「種」でした。
もしこれを栽培したいときは、「種を植える」手間はなく、グシャグシャと崩したこの「ごみ殻」をテキトーに捨てておけばいいとのことです。繁殖力は旺盛で、庭を一面小判の海にすることも簡単なようですが、問題はそんなスペースがどこにもないことです。

2011年のきょうカンガレイ> 2010年のきょうガガブタ> 2009年のきょうカラスザンショウ> 2008年のきょうハマユウ> 2007年のきょうクサレダマ> 2006年のきょうサボンソウ> 2005年のきょうベゴニア> 2004年のきょうフヨウ

|

« 8月4日(土) 矮性サルスベリ | トップページ | 8月6日(月) タイワンニンジンボク »

コメント

薄皮がタネとは、驚きました。
私も以前から気になって、ときどきつまんで分解して探していたんですが、そいうことだったんですね!

私は小判色になる前の、緑が残るくらいのコバンソウガ好きなんですけど、その頃はどうなっているんですかね?
おかげさまで、また楽しみができました。ありがとうございます。

投稿: sizenkansatu | 2012/08/06 22:45

sizenkansatuさんへ:
たぶん最初から最後までこの薄皮状態だと思います。
花が咲いていた(笑)ときも、この薄皮の先端が雌シベだったんでしょうね。

投稿: はた衛門 | 2012/08/07 06:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8月4日(土) 矮性サルスベリ | トップページ | 8月6日(月) タイワンニンジンボク »