« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

7月31日(火) ユーフォルビア・ダイヤモンドフロスト

120731euphorbia_dfこんな暑い盛りに、涼しげな花を見せてくれるうれしい木(背は低いけれど、常緑低木)です。ありがたい存在ですから、「おまえの花びらはいったい何枚なんだ!?」などと邪険なことは言わずにおきます。
さらに「涼しげはいいけど、茂り方も涼しげだなぁ」なんて毒づくこともしません。この木はとても大食いなんだそうで、この花壇の持ち主がややケチだったのでしょう。
「ダイヤモンドフロストとはまた大きく出たねぇ」なんて嫌みも抑えておきます。しっかりした管理人のもとで、これでもか!と咲き誇る姿に出会ったとき、「前にいろいろとナンクセつけてくれましたっけねぇ」なんて絡まれてはたまりませんから。

2011年のきょうオオイタビ> 2010年のきょうトチカガミ> 2009年のきょうハナカンナ(カンナ)> 2008年のきょうヒツジグサ> 2007年のきょうキハギ> 2006年のきょうナツズイセン> 2005年のきょうマンリョウ> 2004年のきょうサンゴジュ

| | コメント (0)

7月30日(月) メマツヨイグサ

120730mematuyoigusa1東武東上線(我が街・志木を走る)の50090型電車、いわゆる東上ライナーです。メマツヨイグサがまだ咲き残る朝の通勤時間帯なので、せっかくの前向きシートはふつうのロングシートに変身中です。しかしそれでもすごく座り心地がいいので、この電車にあたるととてもラッキーです。
では、ドアにもたれて立ちんぼの人はどうかというと、アルミ製の車体は軽いため走行音がとても静かで、乗っていて疲れません。…おっと、にわか鉄チャンはやめて、本題はメマツヨイグサです。線路際にこんなに盛大に茂らせていては東上線保線区の恥…あれ、どうもきょうは脱線気味で、ライナーくん、脱線しないでね。 (* ̄0 ̄)ノ
120730mematuyoigusa2さて、本題の本題です。メマツヨイグサの花びら同士には隙間がありません。前にたまたま見つけたアレチマツヨイグサと違って、一分の隙もありません。
保線区さんが自然愛護派のおかげで一体は花盛りではあっても、一本として「スキあり」がないのはさすが東上線です。(≧m≦)

2011年のきょうビロードモウズイカ> 2010年のきょうオオセンナリ> 2009年のきょうヒメイワダレソウ> 2008年のきょうシマトネリコ> 2007年のきょうマタタビ> 2006年のきょうアカザ> 2005年のきょうメヤブマオ> 2004年のきょうミズキ

| | コメント (0)

7月29日(日) シマトネリコ

120729simatoneriko都下H市で見つけたナーセリー(種苗場)です。シマトネリコの幼木がた~くさん、畝の数で言ったら10本以上は並んでいました。一畝には15・6本も植えられていましたから、かなりの主力商品のようです。
細くて小さな若木から、なかには花のあとがわかる立派な成木まで、畝ごとに各種サイズがそろえられていました。
なーるほど、この勢いであちこちのエントランスに進出しているわけです。せっかく密かに花や実を追いかけて楽しんでいたのに、とんでもない現場を見てしまいました。遠からず、「シマトネリコにあらずんば庭木にあらず」みたいな日が来ることでしょう。

2011年のきょうトケイソウ> 2010年のきょうベニスジ(ヤマユリ)> 2009年のきょうヌマトラノオ> 2008年のきょうウマノスズクサ> 2007年のきょうカライトソウ> 2006年のきょうママコノシリヌグイ2005年のきょうオミナエシ2004年のきょうホウキギ(コキア、ホウキグサ)

| | コメント (0)

7月28日(土) ネジバナ

120728nejibanaネジバナの捻れ方にもいろいろあることに感心しているうちに、「おや」と気がついたら、もうこんな姿になっていました。右端の1本の先に残った花がちょっと哀れです。
しかし、花を草木の盛りと考えるか、実が盛りと考えるか、ここは自分の価値観が問われるところです。花がなければ実がないのか、実がなければ花もないのか、どうもこれは鶏と卵のたぐいです。
要は花もきれいだし、実も好きだし…というだけのことであって、実の時期さえ過ぎてしまった我が身から見れば、うらやましさの募る稔りの時期のネジバナです。

2011年のきょうアルカネット> 2010年のきょうアメリカホドイモ(アピオス)> 2009年のきょうギンパイソウ> 2008年のきょうアオヤギソウ> 2007年のきょうソクズ> 2006年のきょうウマノスズクサ> 2005年のきょうコガマ> 2004年のきょうオオニシキソウとコニシキソウ

| | コメント (0)

7月27日(金) ハナカイドウ

120727hanakaidouミカイドウは実をつけるけれど、ハナカイドウには実がつかない…と思い込んでいたところに真っ赤な実をつけたハナカイドウの木を見つけて焦ったのは今年正月でした。今度は追検証みたいな気持ちで、青くて小さな実を探し出してニンマリです。
120727hanakaidou2この木は、4月の中旬に花盛りを確認しています。このとおり(↑)、豪華な花つきのハナカイドウでした。
120727mikaidouさてこちらはミカイドウです。ヒメリンゴとまでは言えなくても、あきらかにハナカイドウとは違うレベルで食欲をそそってくれるサイズです。
120727mikaidou2ところで、そのミカイドウの花です。ハナカイドウの花と前後してかなり追いかけたのに、どうやら花期はこちらがやや遅いようです。「あと4・5日」と思いながら、今年はこのあとしばらく時間と天気に恵まれませんでした。「実」海棠とは言いながらも、蕾の数と姿を見るとなにやら期待できそうな雰囲気です。来春こそ、やったるで!

<補注> ミカイドウの花盛りの様子はこちらです。(2013年4月11日)

2011年のきょうムクゲ> 2010年のきょうアズキ> 2009年のきょうギンバイソウ> 2008年のきょうカリブラコア> 2007年のきょうトウモロコシ> 2006年のきょうオグルマ> 2005年のきょうシルクジャスミン> 2004年のきょうタカノハススキ

| | コメント (0)

7月26日(木) コミカンソウ

120726komikansouまだ蜜柑の季節ではないのに、草むらではこんなミニミニ蜜柑が鈴なりでした。これまで、このかわいい実を写したのは10月11月だったので、自分としてはもっとも早い季節の出会いということになります。
そこで不思議が一つ生まれました。この場所の株すべてで、花を見つけることができなかったのです。10月の出会いでは実とともに花をとらえています。サイズがサイズ(後方でボケているスケール参照)ではあるとは言え、見落としたとも思えません。
花期を調べると7~10月とあるので、もしかしたら間歇的に開花するのでしょうか。前の撮影は不運にもデジイチではなかったので、今度こそ小さな雌花・雄花に接写レンズでググーッと迫ってみたいものです。

2011年のきょうアレチマツヨイグサ> 2010年のきょうシカクヒマワリ> 2009年のきょうルドベキア> 2008年のきょうクララ> 2007年のきょうルリタマアザミ> 2006年のきょうセリ> 2005年のきょうコンロンカ> 2004年のきょうカクレミノ

| | コメント (0)

7月25日(水) シャシャンボ

120725syasyanbo1シャシャンボは、花のつき方実のつき方もじつに賑やかだし、その実はおいしいし、とても好きな木です。そこで今回は、花から実への移行の様子に迫りました。
枝元から先端へ、花は順次開いていくことがわかります。その花は、くたびれると潔く脱落するらしく、グズグズと絡んでいるものが見つかりませんでした。
そんなわけで、花筒が雄シベを引き連れてあっさり脱落したあとは、むき出しになった花柱(雌シベ)が我が物顔に枝に並びます。シャシャンボという名前だけでなく、象さんのパレードみたいなこの姿もちょっと漫画チックで笑えます。
120725syasyanbo2おっと、用が済めば即退場してしまう儚(はかな)き雄シベさんの様子もしっかりとどめておいてあげましょう。男はシャイなんです…とでも言いたげに花筒のなかに閉じ篭もっていて、枝に手を添えて覗かないと、決して顔を見せてはくれません。

2011年のきょうニワウルシ(シンジュ)> 2010年のきょうキバナノミソハギ> 2009年のきょうフサザクラ> 2008年のきょうマツブサ> 2007年のきょうオニユリ> 2006年のきょうオトギリソウ> 2005年のきょうヒレハリソウ(コンフリー)> 2004年のきょうファンフラワー

| | コメント (0)

7月24日(火) キリンソウ

120724kirinsou増補版には収録してあるものの、こちら(ブログ)への掲載は忘れたままでした。アキノキリンソウをここに載せた(2006年秋)とき、その名前の元であるキリンソウにリンクさせられないのを恥ずかしく思ったもので、ようやく輪がつながりました。
「輪」と言えば、これ、漢字で黄輪草とあてることがあります。今までは「どこが輪なの?」と疑りの眼(まなこ)で見ていたのに、今回の写真だと花が輪になっているように見えなくもありません。もう一つの漢字候補・麒麟草だと、いかにも荒唐無稽・脈絡欠如なので、なにが正解かはさておいて、自分的には「黄輪」に傾きました。

2011年のきょうシオデ> 2010年のきょうショクダイオオコンニャク> 2009年のきょうコクサギ> 2008年のきょうホテイソウ> 2007年のきょうソバナ> 2006年のきょうツキヌキニンドウ> 2005年のきょうニワウメ> 2004年のきょうルリヤナギ

| | コメント (0)

7月23日(月) コマツナギ

120723komatunagi「狭くて浅い観察範囲のくせに、私たちのことを決めつけないでよ!」とコマツナギさんに叱られました。這うように生育するのがコマツナギの特徴と思っていたら、ものの見事に空に向かってのびている元気者に出会いました。陽当たりのいい斜面で、気持ちよさそうに四方八方に蔓をのばしています。
もちろん、一般の木のようにどこまでも自立してのびるというワケではなさそうでも、それにしてもここまで(地面から1.5mくらい)枝が立ち上がるとは驚きました。
そこで、もしやトウコマツナギ(樹高2~4m)ではという疑いも出ます。ただ、幹(根もとの枝)の太さはふつうのコマツナギでした。また、もしトウコマツナギならもう少し細かく枝分かれし、花穂の数ももっと多いようです。
図鑑類でもコマツナギの高さは1mに満たないことになっているのに、実物というのはそんな定義などは気にもとめずに、悠然と我が道を行ってくれます。

<補注> ほぼ6週間後、このコマツナギはさらに立派な姿に育っていました。(2012年9月7日)

2011年のきょうガクアジサイ> 2010年のきょうオオアワダチソウ> 2009年のきょうエゴノキ> 2008年のきょうクリ> 2007年のきょうミョウガ> 2006年のきょうキヌタソウ> 2005年のきょうヒヨドリジョウゴ> 2004年のきょうタブノキ

| | コメント (2)

7月22日(日) キクイモモドキ

120722kikuimomodokiイヌ」キクイモにも淡い憐憫の情を感じたのに、キクイモ「モドキ」と偽物扱いされるこちらには「めげるんじゃないよ」と声をかけてしまいます。
別名だと、かわいらしくヒメヒマワリなんて呼ばれてもいます。しかし、この名前は以前ヘリアンサス・アトロルベンスのときに触れたように、ちょっと紛らわしいのです。したがって、哀れではあってもこの花は「モドキ」扱いしておくしかありません。
さらに申し訳ないのは、いきなり八重に出会ってしまったことです。キクイモモドキには花が一重でいかにもキクイモに近い風情のものがあり、それがあればこそ、八重のこちらもキクイモモドキなのに、真んなかが欠けていてはつながりが悪くて当然です。
とは言いながら、花は密に咲くし、きわめて丈夫だというし、夏の花壇には役立ちそうな存在です。問題は、名前を聞かれたときにどう答えるか、ですけれど (^-^;

2011年のきょうパイナップルリリー> 2010年のきょうヒメヤブラン> 2009年のきょうイヌヌマトラノオ> 2008年のきょうオオダイコンソウ> 2007年のきょうヤブカラシ> 2006年のきょうクリナム・パウエリー> 2005年のきょうイヌゴマ> 2004年のきょうノブドウ

| | コメント (0)

7月21日(土) ノウゼンカズラ

120721nouzen花筒の内側上部を写そうとしたので、花本来の天地がわかりにくくなりました。雌シベ・雄シベがピッタリと貼り付いているのが空の方向です。
つまり、ノウゼンカズラのシベは筒の中心でピロピロして虫を待つのではなく、こうして忍者のように天井にへばりつき、「触れるもんなら触ってみな」的な姿勢なのです。花粉を媒介してもらいたいのに簡単には渡したくない…妙にヒネくれた奴です。
120721americaこのヒネくれ具合は仲間のアメリカノウゼンカズラも同様です。さらにアメリカくんの場合、ふつうのノウゼンカズラでシベの構造を学習していなかったら、雄シベだなんて思いにくい姿です。「虫が産み付けた卵」とか言われて信じる人がいたりして(^_-)。
去年はその這い上がり高度に舌を巻いたノウゼンカズラに、今年は変態的シベ構造で驚かされました。来年はいったいなにで楽しませてくれますやら。

2011年のきょうサンタンカ(イクソラ・シネンシス)> 2010年のきょうジャノヒゲ(リュウノヒゲ)> 2009年のきょうエンジュ> 2008年のきょうチングルマ> 2007年のきょうツボサンゴ・パレスパープル> 2006年のきょうシロネ> 2005年のきょうハナヅルソウ> 2004年のきょうアカメガシワ

| | コメント (0)

7月20日(金) フシグロセンノウ

120720husiguro1かつて、「ああ、これがフシグロ…!」とうれしさだけが先行したときの写真は、色具合が少し変だったり、細部がよくわからなかったり、やや悲しいものでした。
今回、デジイチでとらえ直した効果で、まずはこの花が雄性先熟タイプであることに気づきました。二つの花の鮮度によって、左が新しく右が古いことがわかります。その左の花はまだ雄シベだけ、そして右の花では雄シベが役目を終えていて、白い雌シベがのび出してきているのをとらえることができました。
ただ、花にピントをあてると葉がボヤケるのはデジイチのツラいところ(注)です。コンデジならなんとか1枚でごまかせたものを、今回はもう1枚必要になりました。
120720husiguro2おかげで、節は単に色変わりしているだけでなく、節部を覆う強化パーツのようでもあることがわかりました。次の花芽がこんな風に出てくることもわかったし、葉の周囲が細かい毛で囲まれていることも意識できました。
こういうのも、災い転じて福と成すと言うのでしょうか。

<補注> この段階では、絞りの調節機能をよくわかっていなかったようです。(2017年7月16日)

2011年のきょうヘリオトロープ> 2010年のきょうクヌギ> 2009年のきょうスジギボウシ> 2008年のきょうゴウソ> 2007年のきょうシダルセア> 2006年のきょうラッカセイ> 2005年のきょうセイヨウハッカ> 2004年のきょうサツマイモ

| | コメント (0)

7月19日(木) ボタンクサギ

120719botankusagiこの木を植えたお庭が近所に複数あるおかげで、このブログの初年度2年目に続けて載せています。だいたいの解説はそこで終わっているのに、今回はなんの芸もなく、あらためて解説することもなく三度目の登場です。
いえいえ、じつはここにヒラヒラものを加えることが今年のお題だったのです。狙いどおり、大きなアゲハも来ていました。おデブな蜂もきました。しかし、皆さん、とてもせわしいのです。一枚として、見られる写真は撮らせてもらえませんでした。
花が景気よく空を向いて開いているせいで、たぶん採蜜は一瞬で済むのでしょう。花のつくりを複雑にした底意地の悪い花よりは好感が持てますが、うーん、気前が良すぎるというのも困ったものであることに初めて気づきました。

2011年のきょうヨロイグサ> 2010年のきょうチチコグサ> 2009年のきょうメハジキ> 2008年のきょうオオツヅラフジ> 2007年のきょうチゴザサ> 2006年のきょうヤクシマハギ> 2005年のきょうコバギボウシ(斑入り種)> 2004年のきょうヒメヒオウギズイセンとミズヒキ

| | コメント (0)

7月18日(水) スズカケソウ

120718suzukakesou絶滅危惧種で、ふつうに野歩きをしていてお目にかかるものではありません。
自生地では岸壁に懸垂して育つので、蔓が下向きにのび、したがって花が逆さまに開くと言います。これは栽培品で、添え木に絡んで上向きにのびていました。そのため、花は上向きに開いています。
たしかに、下向きの方が鈴懸(勧進帳の弁慶の衣装で、襟に連なったボンボリのこと)の風情はありそうです。上向きだと昇り曲導付(のぼりきょくどうつき)の花火みたいで、ポン・ポン・ポンと紫色の小花を開いたあとには、ドーンと三尺玉が開いてくれないと収まりがつきません。ヨッ、たぁ~まやぁ~!

<補注> 文中の「鈴懸」の理解について、誤解であるというご指摘(コメント参照)をいただいています。

2011年のきょうニンジンボク> 2010年のきょうゴボウ> 2009年のきょうマツカゼソウ> 2008年のきょうアオツヅラフジ> 2007年のきょうシオデ> 2006年のきょうノハナショウブ> 2005年のきょうサトイモ> 2004年のきょうジュズダマ

| | コメント (2)

7月17日(火) コンロンカ

120717konronka初めてこれを見て、「なんじゃこりゃ」と驚いたのはもう7年も前のことで、近頃はずいぶんとあちらこちらで見かけるようになりました。
ただ、流行りだしてから買ったお宅のものはまだ鉢植えのままだったり、露地に降ろしていてもまだ背が低かったりしているのに、この株はガッシリ立派な風体でした。背丈は1mを超えていて、木質部が目立ち、「年代もの」であることがわかります。
「さても不思議な葉だよなあ」と思いながら古い記事を確認したらこれは萼でした。自分の記憶力の悪さに「愕」然…などと涼し~くなりそうな締めにしておきます。

2011年のきょうエンビセンノウ> 2010年のきょうヤナギハナガサ> 2009年のきょうマサキ> 2008年のきょうヤナギラン> 2007年のきょうチダケサシ> 2006年のきょうトモエソウ> 2005年のきょうオイランソウ> 2004年のきょうヤブツバキ

| | コメント (4)

7月16日(月) ワラビ

120716warabiここまで育ってしまえば、もう蕨取りの人たちは見向きもしませんが、写真撮りの人は必死にシャッターを押しまくりました。
この造形の美は、決して食べられるためにあるものではないでしょう。…というのはこうして撮影しているときの発言で、食卓では「この絶妙のとろけ具合は、まさに自然の恵みだねぇ~」とか言っているのだから、まったく、罪深いヤツです。

2011年のきょうヒトツバカエデ> 2010年のきょうヒマラヤヤマボウシ> 2009年のきょうヤブマオ> 2008年のきょうモクゲンジ> 2007年のきょうクレオメ> 2006年のきょうアサザ> 2005年のきょうヒメヒオウギズイセン> 2004年のきょうリアトリス

| | コメント (0)

追加編 : シマトネリコ

120716simatoneせっかく打ち立てた「はた衛門」説は早くも&脆くも崩れ去りました。
シマトネリコは木が大きくならないと花は咲かないのだと結論づけてから最初の花どきだというのに、なんと鉢植えのくせに、幹だってまだこんなヒョロヒョロなのに、しかも二鉢(向かって左側にも)も、くっそぉー、花がぁ~! 樹高3m&幹の太さ5cmなんていう基準はまったくのウソでした。
とすると、花の咲かないお宅は育て方がよっぽど…(おーぉ、これ、八つ当たり・笑)。いえいえ、この美容室のスタッフがよほどのグリーンフィンガー? オジさんには縁のないお店ですが、今度、助手たちに勧めてみようかな。

| | コメント (0)

7月15日(日) ワイヤープランツ

120715wireplants1この春、思いがけずに実を見つけたワイヤープランツの大きな茂みです。そろそろ花どきだろうと勇んで近づいたものの、目を凝らすまでは空振りかと心配しました。
蟻(画面中央)と比べてわかるとおり、なにしろ小さい(花の直径=4~5mm)し、色がこんな案配ですから、葉のなかに溶け込んでいます。ただ、次第に目が慣れると、ほとんどの枝先には花があり、いまがまさに花盛りであることがわかります。
120715wireplants2こうして接近すると、5枚の花びらに見えたのは萼であることがわかります。つまり、本来の花びらはないタイプの花です。飛び出ている白い3本は雌シベに思えるのですが、そうすると雄シベが見あたらないことになります。この先は、携帯顕微鏡みたいなものがないと、こういう小さな花にはお手上げです。

2011年のきょうコリアンダー(コエンドロ)> 2010年のきょうアーティチョーク(チョウセンアザミ)> 2009年のきょうイヌビワ> 2008年のきょうムラサキバレンギク> 2007年のきょうイチジク> 2006年のきょうヒマワリ> 2005年のきょうオオエノコログサ> 2004年のきょうユリ(品種不詳・カノコユリ系)

| | コメント (2)

7月14日(土) トチバニンジン

120714totibaninjin藪のなかに真っ赤な実を見つけ、「今度はぜひ花を!」と思ってからもう5年が過ぎていました。かつ、念願の花は今年もまたはずしました。
まだ緑色の実の、それぞれの先端に雌シベの痕跡らしい突出部が残っています。あぁ、この場所に来るのがあとひと月早かったら、と思うと無念の涙にくれますが、こうして段階的にターゲットに近づいていくのもまた楽しみと思わなくては…。
それに、前のときのOptioから今回はデジイチになっているので、写真もちょっとはマシになったかな、とか思いつつ、いやいや、こんな暗がりではISO感度をもう少し上げるべきだったか、露出優先にすべきだったか、反省点は山積みです。こうして修練を重ねておけば、念願の花に出会えたときは、さぞや素晴らしい一枚が撮れることでしょう(と自分にプレッシャーをかけておくことにします)。

<補注> 素晴らしい一枚になったかどうかは別にして、トチバニンジンの生態を少しだけ理解できました。(2017年6月25日

2011年のきょうノウゼンカズラ> 2010年のきょうベニバスモモ(ベニスモモ)> 2009年のきょうミヤギノハギ(ナツハギ)> 2008年のきょうジュンサイ> 2007年のきょうチョウセンシラベ・シルバーロック> 2006年のきょうカランコエ> 2005年のきょうマルバマンネングサ> 2004年のきょうホテイソウ

| | コメント (0)

7月13日(金) シマトネリコ

120713simatoneriko_hosei念願だった「地元でシマトネリコの花を撮る」ことができました。窓脇や玄関前に植えるお宅が目に見えて増えるなか、花や実をつけない木が多いのが不思議だったのです。
しかし、去年の冬に盛大に実をぶら下げた木を隣町で見つけました。その結果、開花結実にはある程度の木の大きさが必要なことに気づきました。
そこで狙っていた大きな木のうちの1本(高さ4m前後)がこれです。ヨーシ・ヨシ、涼しげに白い花で覆われていました。ただ、花の位置が高すぎるし、敷地の少し奥にある木なので、花のつくりがわかるところまで迫ることができません。
120713simatone2そこでさらに探すと、好都合にここまで花に近づける木に出会うことができました。求めよ、さらば開かれん!です。なるほど、こういうつくりでしたか。棍棒のような蕾が次々に開くのでしょうから、案外に長い期間、花を楽しむことができそうです。

<補注> この記録の段階では、シマトネリコが雌雄異株であることを理解していませんでした。1枚目写真は結実を確認した木なので雌株、2枚目写真は2個の葯の間にあるべき雌シベがないので雄株です。(2013年12月4日)

2011年のきょうハナハッカ(オレガノ)> 2010年のきょうタマゴタケ> 2009年のきょうタカトウダイ> 2008年のきょうオタネニンジン> 2007年のきょうセイヨウニンジンボク> 2006年のきょうチドリソウ> 2005年のきょうヘメロカリス> 2004年のきょうヘクソカズラ

| | コメント (0)

7月12日(木) ハンゲショウ

120712hangesyou意図せざる結果というのは往々(おうおう)にしてあるもので、暗い沼の水面を利用して背景を黒くボカそうと思ったら、喫煙コーナーのような写真になっていました。
もちろん、ハンゲショウがそんな煙たい環境を好むワケはありません。たしかに微妙な風が吹いていましたが、水面の波紋ってこんなに複雑だとは気づきませんでした。
暦上の半夏生は先週あたりでしたから、季節の草花というのもはきちんと自分の出番を心得てはずしません。この春先の梅や桜にはずいぶんヤキモキしましたが、四季の大きな流れはまだまだ正常を保っている…と思いたいものです。

2011年のきょうヘラノキ> 2010年のきょうネジバナ> 2009年のきょうムラサキクンシラン(アガパンサス)> 2008年のきょうキブシ> 2007年のきょうヘリアンサス・アトロルベンス> 2006年のきょうカラスビシャク> 2005年のきょうヤブミョウガ> 2004年のきょうアメリカフヨウ

| | コメント (0)

7月11日(水) スモモ

120711sumomoいかにイヤシンボのワタシでも、こんなに未熟なスモモではまだ生唾ゴックンとはなりません。しかし、梅や桃とは違った透明感のある皮の美しさには惚れぼれです。
もうとっくに、店先には赤く熟したものが並んでいるので、産地ではいろいろ手を尽くした栽培をしているのでしょう。そうではない自然状態のこの木は、たぶん今月下旬くらいから食べ頃になりそうです。
摘果もされていないのでこんなに鈴なりでした。手をかけた大きくて甘いのがいいのか、とにかく数があった方がうれしいのか、実を見上げてしばし悩みました。

2011年のきょうクサスギカズラ> 2010年のきょうギンバイソウ> 2009年のきょうコバギボウシ> 2008年のきょうイランイラン> 2007年のきょうラムズイヤー> 2006年のきょうゴシキドクダミ> 2005年のきょうアガパンサス> 2004年のきょうカラスウリ

| | コメント (0)

7月10日(火) クマツヅラ

120710kumatudura本来は「路傍の草」なのに、志木の近辺では貴重品です。クマツヅラってどういう意味かと思ったら、熊みたいに強い蔓(葛=カヅラ≒ツヅラ)語源説があるようで、そんなに強いくせに雑草負けするとは、熊も見かけ倒しなものです。
漢名だと馬鞭草というそうで、バベンソウと音読みすると語呂があまりよくありません。ただ、花穂の形状からすれば、ワケのわかりにくいクマツヅラよりはピンと来るところがあります。こんなかわいい花でお尻をピシピシされるのなら、お馬さんだって張り切って走ってくれるのではないでしょうか。

<補注> クマツヅラの大きな群落に出会いました。(2017年7月9日

2011年のきょうノムラカエデ> 2010年のきょうヤハズアジサイ> 2009年のきょうアブラチャン> 2008年のきょうカラスビシャク> 2007年のきょうカラタチバナ> 2006年のきょうモナルダ> 2005年のきょうサルスベリ> 2004年のきょうメマツヨイグサ

| | コメント (0)

7月9日(月) ザクロ

120709zakuro1ザクロの花を見れば「紅一点」という単語を思い浮かべますが、これがよくわからない言葉です。ザクロの花はたくさん咲くので、漢詩に詠うところの「一面の緑の中に咲くただ一つの赤い花」という状況にはならないと思うのです。王安石(詩の作者)さんのお宅のザクロがよほど発育不良だったのか、あるいは気の利いた従者が、朝な朝なに花を一つだけ残して摘んでいたとか ┐( ̄ヘ ̄)┌
そして、花の蕾もまたおもしろいのです。萼がまるでカプセルみたいな形で固くて、その先が割れ出すと手品のように花びらが広がります。
120709zakuro2その萼が落ちないで残ると、あのパックリ割れるザクロの実になります。たくさん咲いた花がすべて実になるわけではなく、不稔の萼はボタボタと地面に落ちます。花の咲く時期、ザクロの樹下の賑やかさを見れば、「紅一点」どころか「姦しい」という言葉さえ連想する始末で、さても王さんが見たザクロとはどんなものだったのか…。

2011年のきょうギボウシ(ラブパット)> 2010年のきょうタイトゴメ> 2009年のきょうツルレイシ> 2008年のきょうオオハンゲ> 2007年のきょうグリーンローズ> 2006年のきょうカラジューム> 2005年のきょうナンキンハゼ> 2004年のきょうタイサンボク

| | コメント (0)

7月8日(日) ムラサキクンシラン(アガパンサス)

120708agapanthus子供のころ、初めて自分のカメラを持ったとき、指南役の父に叱られた一枚があります。それは風景を斜めに写したもので、なぜだか理由は教えられずに、「こういう写し方はイカン」と言われたのです。爾来、斜め写真は自分のなかの禁忌です。
したがってこのアガパンサスも、決してカメラを傾けて撮ったものではありません。などという長い言い訳が必要なほどに、アガパンサスというのはこうしてきっちりそろってみんなが同じ角度に傾いてくれます。
じつはこの写真の場合、右手には塀があります。隣になにがあろうと、ほかの多くの植物は直立して育つのに、アガパンサスはダメなのです。周りをいっさい気にしない傍若無人なヤツは困ったものでも、気にしすぎてオドオドして見えるヤツもなにやら鬱陶しいもので…あ、話は人間のことではありませんでした。

2011年のきょうヒメリンゴ> 2010年のきょうオオバノトンボソウ> 2009年のきょうヤブコウジ> 2008年のきょうサンシュユ> 2007年のきょうトリアシショウマ> 2006年のきょうキュウリ> 2005年のきょうトウネズミモチ> 2004年のきょうビヨウヤナギ

| | コメント (8)

7月7日(土) ゴマギ

120707gomagi1踏み込む人がいない道を藪こぎした甲斐がありました。梅雨の晴れ間の陽射しを浴びて、樹冠を覆い尽くさんばかりにたわわな深紅の実を見つけました。
120707gomagi2川に下る斜面に生えていて、足場が確保できません。せっかくのきれいな実に手が届かない悔しさに歯ぎしりしながらも、レンズでグッと迫ってみました。
対生で葉脈の彫りが深く、鋸歯を持つ厚手の葉はガマズミ属の特色です。ただ、葉がガマズミよりスマートで樹高もあり、湿地を好むところからゴマギと見ました。
ということは、葉っぱをこすって、その特有の香りを確かめないと記事がしまらないワケです。あー、くやしい。次からはザイルも必携品ですか ┐(´-`)┌

2011年のきょうヤマユリ> 2010年のきょうタケニグサ> 2009年のきょうトモエソウ> 2008年のきょうサルビア・インディゴスパイア(ラベンダーセージ)> 2007年のきょうシャシャンボ> 2006年のきょうナス> 2005年のきょうチヂミザサ> 2004年のきょうシャグマユリ(トリトマ、トーチリリ-)

| | コメント (0)

7月6日(金) サフィニア

120706surfinia1近所の中学校の花壇です。部活に園芸部はないらしく、かなりお粗末な管理状態ですが、真っ赤な花は雨にも日照りにもめげずに咲き続けています。
さて、これをただのペチュニアだと思って見過ごさずに撮影できたのにはワケがあります。花壇のあちこちに樹脂製の立派な札が何枚も立っていたのです。
120706surfinia2なるほど、これは「がんばろう日本!」運動の一環のようで、たぶん花は寄付されたのでしょう。いいことです。札に企業名がなければ、もっといいことです(笑)。
わざわざ断らずとも、サフィニアがこの会社の「商品」であることはみんな知ってると思うんですよね。ホームセンターにはたくさん売られてますから。ふつうのペチュニアに比べたらバカ高いので、買ったことはありませんけど ヾ(´ε`*)ゝ
ところでサフィニアという名前のワケを初めて知りました。這う性質がペチュニアより強いので、サーフィン(海面を這う?)とペチュニアを合体したんですって。かなりトホホな命名で赤面しますが、ペチュニアとの見分けにはいいヒントになりそうです。

2011年のきょうカジカエデ(オニモミジ)> 2010年のきょうイワガラミ> 2009年のきょうノカンゾウ> 2008年のきょうボッグセージ> 2007年のきょうギンロバイ> 2006年のきょうヤマモモ> 2005年のきょうリョウブ> 2004年のきょうモミジアオイ

| | コメント (0)

7月5日(木) イワガラミ

120705iwagarami1イワガラミの再掲です。前に載せた(2010年7月)のは東北旅行中でデジイチ不携帯だったので、白飛びしたお粗末写真でした。それに比べれば、今回は思うままに接写できたというのに、今度は地元なので時期がやや遅すぎました。こうしてみると、被写体の都合とこちらの都合をぴったり合わせるのはむずかしいものです。
しかし、前回は細部を写せなかったために、写真でわかりにくい箇所は文字で補ったところを、今回はググッと接写でとらえることができました。「シベだけの花」とか「葉のような装飾花」とか、拡大写真だと実物の4~5倍で見ることができます。
120705iwagarami2
また、花(両性花と装飾花)だけでなく葉も美しいのがイワガラミの特長です。荒くてやや不規則な鋸歯と柔らかな葉質の対比がおもしろいし、葉柄や葉軸の赤みと緑のコントラストもきれいです。
前回の文字記録と今回の写真記録でもう準備は完了です。あとは最適時期にベストショットがあればいいだけ…って、それが最大の難問ではあるわけです。

<補注> イワガラミと比較対照されやすいツルアジサイの葉だけをとらえました。(2017年10月8日)

2011年のきょうノハナショウブ> 2010年のきょうバーベナ> 2009年のきょうオオバギボウシ> 2008年のきょうブルーサルビア> 2007年のきょうリシマキア・プンクタータ> 2006年のきょうアフリカハマユウ(インドハマユウ)> 2005年のきょうノブドウ> 2004年のきょうアサガオ

| | コメント (0)

番外編 : オオヨシキリ

Ooyosikiri_2ギョーギョーシ・ギョーギョーシ・ケケケヶヶと大きな声でわめき立てる鳥を初めて写すことができました。いつもは葦原のなかにいて姿を見せないのに、こうしてクヌギの枝に飛び上がってもやっぱり大声でわめいていました。
この騒音源はヨシキリという鳥らしいことは知っていたものの、あらためて調べるとヨシキリにはコヨシキリとオオヨシキリの別があるのでした。大声で鳴くのはオオヨシキリだそうで、見分けのポイントであるボサボサの髪型?も一応見える程度に写すことができていました。写真を選び出していると、耳にあの鳴き声が蘇ります。

| | コメント (0)

7月4日(水) ナギナタソウ

120704naginatasou1葉が薙刀(なぎなた)を思わせるからこんな名前なのだと思いはしても、それはあくまで勝手な推測です。わりと珍しい草で、手元の牧野図鑑には収録されておらず、そういうときに頼りになる大辞林や広辞苑にも載っていません。
同じ「薙刀」を頭に乗せたナギナタコウジュはどれにも出ているので、この掲載・非掲載の違いがすなわち見かけやすさの差なのでしょう。
雌雄異株で、雄株(↑)が開花時期を迎えていました。小さなバナナみたいな姿がかわいいと言えば言えるものの、あまり花を観賞する植物ではないようです。
120704naginatasou2さてこちら(↑)は同じ場所の雌株です。もう花(果実の先にあるピラピラ)が終わっていて、種の莢が膨らみかけていました。人間も男性より女性が早熟だし、植物も多くは雌性先熟です。種の保存にはそれが好都合ということなのでしょう。

2011年のきょうニワフジ> 2010年のきょうアカメガシワ> 2009年のきょうクサフジ> 2008年のきょうキミノニワトコ> 2007年のきょうヒツジグサ> 2006年のきょうコンボルブルス> 2005年のきょうワルナスビ> 2004年のきょうメタセコイア

| | コメント (0)

7月3日(火) アマチャ

120703amatyaずいぶん育ちの悪いアジサイだこと…などと、遠目で見かけたときはパスしそうになりました。それでもとりあえず傍に寄ってみるのだから、我ながら好き者です。
ただ、近づくにつれてアジサイとは違うことがハッキリしてきます。まず花の位置が問題で、こんなに葉に埋もれて咲くとはかなり妙です。また枝振りが違っていて、アジサイのようにこんもり半球型にはならず、株分かれしたそれぞれの茎が直立して、茎が赤いこともあって、なんだか蕎麦畑にいるみたいです。
どうやらこれがあのお釈迦様御用達の甘茶の素のようです。ただ、生の葉を齧ってもまったく甘さはありません。集めた葉を蒸して発酵させるとあの甘さが出るのだそうで、誰がどうしてそんなことを見つけたのか、お釈迦様でもご存じないでしょう。

2011年のきょうシロザ> 2010年のきょうストケシア(ルリギク)> 2009年のきょうタマザキクサフジ(ツルレンゲ、クラウンベッチ)> 2008年のきょうウツボグサ> 2007年のきょうイタチハギ> 2006年のきょうオカトラノオ> 2005年のきょうボタンクサギ> 2004年のきょうユズリハ

| | コメント (2)

番外編 : SSDってすばらしい!

きのう・きょうと雨に降り籠められて、差し迫った仕事もないことだし、積もり積もった机の上(や机上電脳のなか)を整理しています。おかげで、番外編に記録しておくべきことを一つ忘れたままだったことを思い出しました。
メインPCをトリプルブート(XP・Vista・7のどれでも起動できる)にしたことは4月下旬に記録済みです。じつは、その3番目のOS(Windows 7)を入れた記憶媒体のことを書き忘れていました。初めてSSDを使ってみたのです。
120702atxミニタワーとは言っても、凝ったデバイスには無縁の自分ですから、箱を開けるとなかはスカスカ(↑)です。取り外してある銀色のキューブはHDDなどを収容する棚で、この棚の上部にSSDを取り付けました。
120702crucialこれがそのSSDで、64GB、7,159円でした。このSSDのおかげで、そのすばらしさに惚れ込んでしまったので、後日組み立てたリビングPCも迷うことなくSSD仕立てにしました。こちらはメーカーがOCZで、同じ64GBがなんと4,980円でした。
リビングPCにはデータを入れないし、メインPCのSSDはシステムやアプリだけ(データは別のHDDに収容)なので、どちらもとりあえず64GBで間に合ってはいます。しかし、これからもう少し安くなってくれば、テラサイズは夢としても、300とか500(GB)とか、実用に差し支えない容量のSSDを使えるようになりそうです。
おっと、SSDに惚れ込んだ理由を書き忘れました。やはり起動とシャットダウンが速いのです。メインもリビングも、起動(青いグルグル輪ッカが消えるまで)は40秒足らず、シャットダウンは7~8秒です。Vista(250GB・HDD)の末期は、起動に1分半以上かかっていたので、とにかく気持ちいい軽快感です。
あと、トラブルがあるなんて噂も巷にはあったわりに、自分のSSDはどちらもここまで2カ月前後使って無問題です。そのほか熱と音とは無縁という仕掛け自体も高く評価できます。ずいぶんと遅い「SSDへの目覚め」ではあっても、もうこれからはSSDなくしてはた衛門はありえません(^_^;)。

| | コメント (0)

7月2日(月) ツノゲシ

120702tunogesiなんともとりとめのない姿です。これでは、お庭に植えようという人は稀になるはずで、とても見る機会の少ない草です。
南欧が原産で、種から油(食用・照明用)を採ったそうです。その種の莢がビヨンビヨーンと勝手放題にのびて、これが「ツノ」に見えるというわけです。ちょっと多肉質の葉も、ふつうのケシに比べると茎上部までのさばっていて、それでなくても質の薄い花が申し訳なさそうに葉の間に埋もれていました。

2011年のきょうトウグミ> 2010年のきょうネムノキ> 2009年のきょうキンコウカ> 2008年のきょうモモバギキョウ> 2007年のきょうヤマユリ> 2006年のきょうテリハノイバラ> 2005年のきょうツルハナナス> 2004年のきょうノウゼンカズラ

| | コメント (0)

番外編 : 珍客来訪(ヒダリマキマイマイ)

Katatumuri当家に珍客の来訪がありました。その堂々とした体格に目を見張ります。しかし、このような客人が生まれ出(いず)るような自然環境などは当家にはなく、いったいどこからエッチラオッチラやって来なさったのか、超・不思議です。
集まってきた隣近所のガキンコどもも、「すげえ」「見たことな~い」と言うので、そんじょそこらにありふれた存在ではなさそうです。
大きさでググってみたら、すぐ名前がわかりました。カタツムリの殻の巻き方向なんて意識したことがなかったのに、こんな名前(ヒダリマキ)がつくくらいですから、彼らの世界では少数派なのでしょう。おかげで、カタツムリの殻の巻き方向は中心から考えるという基礎知識を得ることができました。

| | コメント (0)

7月1日(日) チシャノキ

120701tisyanoki1たまたまの巡り合わせで、このチシャノキの名前を借りたマルバチシャノキのことは今まで三度も取り上げています。遅ればせながら、ようやく「丸くない」、本来のチシャノキを撮影できました。大きな木が花盛り、ドンピシャのタイミングでした。
まず、気になる葉です。形はごくふつうの葉っぱ型です。かなりゴワッとしていて、冗談でもレタス(ちしゃ)の代用にはなりません。春先の若葉が食べられるのか、また宿題を背負ってしまいました。
120701tisyanoki2さて花です。300mm望遠でしか撮れない高さだったので、細かい観察は無理だったものの、マルバのように雌シベになにか仕掛け(注)があるとは思えません。また、花穂の形も花のつくりもマルバと違います。花としての見応えなら、こちらに軍配です。

<補注> 文中の「マルバのように雌シベになにか仕掛け」は誤解でした。マルバチシャノキはごく単純に雌雄が同居する花でした。(2016年5月22日

2011年のきょうサジオモダカ> 2010年のきょうオオバジャノヒゲ> 2009年のきょうオニシモツケ> 2008年のきょうマタタビ> 2007年のきょうコナスビ> 2006年のきょうアリアケカズラ> 2005年のきょうハルシャギク> 2004年のきょうザクロ

| | コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »