« 7月8日(日) ムラサキクンシラン(アガパンサス) | トップページ | 7月10日(火) クマツヅラ »

7月9日(月) ザクロ

120709zakuro1ザクロの花を見れば「紅一点」という単語を思い浮かべますが、これがよくわからない言葉です。ザクロの花はたくさん咲くので、漢詩に詠うところの「一面の緑の中に咲くただ一つの赤い花」という状況にはならないと思うのです。王安石(詩の作者)さんのお宅のザクロがよほど発育不良だったのか、あるいは気の利いた従者が、朝な朝なに花を一つだけ残して摘んでいたとか ┐( ̄ヘ ̄)┌
そして、花の蕾もまたおもしろいのです。萼がまるでカプセルみたいな形で固くて、その先が割れ出すと手品のように花びらが広がります。
120709zakuro2その萼が落ちないで残ると、あのパックリ割れるザクロの実になります。たくさん咲いた花がすべて実になるわけではなく、不稔の萼はボタボタと地面に落ちます。花の咲く時期、ザクロの樹下の賑やかさを見れば、「紅一点」どころか「姦しい」という言葉さえ連想する始末で、さても王さんが見たザクロとはどんなものだったのか…。

2011年のきょうギボウシ(ラブパット)> 2010年のきょうタイトゴメ> 2009年のきょうツルレイシ> 2008年のきょうオオハンゲ> 2007年のきょうグリーンローズ> 2006年のきょうカラジューム> 2005年のきょうナンキンハゼ> 2004年のきょうタイサンボク

|

« 7月8日(日) ムラサキクンシラン(アガパンサス) | トップページ | 7月10日(火) クマツヅラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月8日(日) ムラサキクンシラン(アガパンサス) | トップページ | 7月10日(火) クマツヅラ »