« 7月20日(金) フシグロセンノウ | トップページ | 7月22日(日) キクイモモドキ »

7月21日(土) ノウゼンカズラ

120721nouzen花筒の内側上部を写そうとしたので、花本来の天地がわかりにくくなりました。雌シベ・雄シベがピッタリと貼り付いているのが空の方向です。
つまり、ノウゼンカズラのシベは筒の中心でピロピロして虫を待つのではなく、こうして忍者のように天井にへばりつき、「触れるもんなら触ってみな」的な姿勢なのです。花粉を媒介してもらいたいのに簡単には渡したくない…妙にヒネくれた奴です。
120721americaこのヒネくれ具合は仲間のアメリカノウゼンカズラも同様です。さらにアメリカくんの場合、ふつうのノウゼンカズラでシベの構造を学習していなかったら、雄シベだなんて思いにくい姿です。「虫が産み付けた卵」とか言われて信じる人がいたりして(^_-)。
去年はその這い上がり高度に舌を巻いたノウゼンカズラに、今年は変態的シベ構造で驚かされました。来年はいったいなにで楽しませてくれますやら。

2011年のきょうサンタンカ(イクソラ・シネンシス)> 2010年のきょうジャノヒゲ(リュウノヒゲ)> 2009年のきょうエンジュ> 2008年のきょうチングルマ> 2007年のきょうツボサンゴ・パレスパープル> 2006年のきょうシロネ> 2005年のきょうハナヅルソウ> 2004年のきょうアカメガシワ

|

« 7月20日(金) フシグロセンノウ | トップページ | 7月22日(日) キクイモモドキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月20日(金) フシグロセンノウ | トップページ | 7月22日(日) キクイモモドキ »