« 7月19日(木) ボタンクサギ | トップページ | 7月21日(土) ノウゼンカズラ »

7月20日(金) フシグロセンノウ

120720husiguro1かつて、「ああ、これがフシグロ…!」とうれしさだけが先行したときの写真は、色具合が少し変だったり、細部がよくわからなかったり、やや悲しいものでした。
今回、デジイチでとらえ直した効果で、まずはこの花が雄性先熟タイプであることに気づきました。二つの花の鮮度によって、左が新しく右が古いことがわかります。その左の花はまだ雄シベだけ、そして右の花では雄シベが役目を終えていて、白い雌シベがのび出してきているのをとらえることができました。
ただ、花にピントをあてると葉がボヤケるのはデジイチのツラいところです。コンデジならなんとか1枚でごまかせたものを、今回はもう1枚必要になりました。
120720husiguro2おかげで、節は単に色変わりしているだけでなく、節部を覆う強化パーツのようでもあることがわかりました。次の花芽がこんな風に出てくることもわかったし、葉の周囲が細かい毛で囲まれていることも意識できました。「そんなに暴き立てないでよ」というご本人のボヤキが聞こえないでもありませんが、許してください、節黒さん。

2011年のきょうヘリオトロープ> 2010年のきょうクヌギ> 2009年のきょうスジギボウシ> 2008年のきょうゴウソ> 2007年のきょうシダルセア> 2006年のきょうラッカセイ> 2005年のきょうセイヨウハッカ> 2004年のきょうサツマイモ

|

« 7月19日(木) ボタンクサギ | トップページ | 7月21日(土) ノウゼンカズラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月19日(木) ボタンクサギ | トップページ | 7月21日(土) ノウゼンカズラ »