« 6月30日(土) タチアオイ | トップページ | 番外編 : 珍客来訪(ヒダリマキマイマイ) »

7月1日(日) チシャノキ

120701tisyanoki1たまたまの巡り合わせで、このチシャノキの名前を借りたマルバチシャノキのことは今まで三度も取り上げています。遅ればせながら、ようやく「丸くない」、本来のチシャノキを撮影できました。大きな木が花盛り、ドンピシャのタイミングでした。
まず、気になる葉ですが、形はごくふつうの葉っぱ型です。かなりゴワッとしていて、冗談でもレタス(ちしゃ)の代用にはなりません。春先の若葉が食べられるのか、また宿題を背負ってしまいました。
120701tisyanoki2さて花です。300mm望遠でしか撮れない高さだったので、細かい観察は無理でしたが、マルバのように雌シベになにか仕掛けがあるとは思えません。また、花穂の形も花のつくりもマルバと違います。花としての見応えなら、こちらに軍配です。

<補注> 文中の「マルバのように雌シベになにか仕掛け」は誤解でした。マルバチシャノキはごく単純に雌雄が同居する花でした。(2016年5月22日

2011年のきょうサジオモダカ> 2010年のきょうオオバジャノヒゲ> 2009年のきょうオニシモツケ> 2008年のきょうマタタビ> 2007年のきょうコナスビ> 2006年のきょうアリアケカズラ> 2005年のきょうハルシャギク> 2004年のきょうザクロ

|

« 6月30日(土) タチアオイ | トップページ | 番外編 : 珍客来訪(ヒダリマキマイマイ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月30日(土) タチアオイ | トップページ | 番外編 : 珍客来訪(ヒダリマキマイマイ) »