« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

6月30日(土) タチアオイ

120630tatiaoi1前にタチアオイのシベが雄性から雌性に変化する様子を撮影したとき、そのシベや花粉がよく見えるように、花びらの色が濃いものを選びました。あのときは、タチアオイの花色として、あれがもっとも黒っぽいと思っていました。
しかし、世のなかは広くて深いものです。今回見つけたこれ、マジに黒です。陽に透かせば赤みは見えますが、そんなイジワルをしなければ、ほぼ完璧に黒です。
120630tatiaoi2しかしまあ、世のなかは広くて深いものです。別のお宅の庭にはこんなえげつない一品がありました。なにが悲しゅうてタチアオイがカーネーションのマネをせにゃならんのかい!と心で罵りながら、指は勝手に弾んでシャッターを押しておりました。

2011年のきょうネコノチチ> 2010年のきょうフタリシズカ> 2009年のきょうボリジ> 2008年のきょうモミジバゼラニウム> 2007年のきょうハマカンザシ> 2006年のきょうブーゲンビリア> 2005年のきょうセイヨウノコギリソウ> 2004年のきょうヒョウタン

| | コメント (2)

6月29日(金) ソテツ

120629sotetu念願が叶うときというのはあっけないものです。ソテツの苗なんて、自分であの「赤い卵」を植えてみるしか撮影の機会はないだろうと、半分あきらめモードでした。それが、「見たい」と書いた翌月に出会えてしまうとは、神様ってやさし~い!
そして、たしかにクサソテツに似ています。たったひと株ではなく、こうして隣り合って芽吹いていたから、ますますクサソテツにそっくりでした。あれ、違うか。クサソテツの方がこのソテツの若い苗に似ているのでした。
しかも、生長すればほぼ武器と言える葉先の刺々しさも、今の時期なら、シダ類みたいとはいかなくても危険物ではありません。シゲシゲ見れば、葉のつくりがまるで異なる(単純な羽状複葉のソテツに対し、クサソテツは2回羽状複葉)のですが、そんな細かいことを言ったら神様が臍を曲げます。ここはアバウトで、「似てま~す!」。

2011年のきょうウリカエデ> 2010年のきょうカワラナデシコ> 2009年のきょうイブキトラノオ> 2008年のきょうチガヤ> 2007年のきょうハンネマニア(チューリップポピー、メキシカンチューリップポピー)> 2006年のきょうノカンゾウ> 2005年のきょうボケ> 2004年のきょうボタンクサギ

| | コメント (2)

6月28日(木) キケマン

120628kikeman「なんだよ。子分のムラサキケマンなんてずっと昔に登場させたくせに、俺は今ごろようやくかい」…キケマンの花がそんなブータレの表情に見えます。
いいえ、決して悪気はなかったんです。ほら、会ったのが雨の日だったり、せっかくの群生をバスの窓から見送ったり、とにかくあなたとはリズムが合いませんでした。遅れたお詫びに、ね、実まで一緒に写してあげましたよ。

2011年のきょうクサキョウチクトウ(オイランソウ)> 2010年のきょうカジノキ(雌株)> 2009年のきょうオオバオオヤマレンゲ> 2008年のきょうカタクリ> 2007年のきょうナツハゼ> 2006年のきょうキンレンカ> 2005年のきょうミズキ> 2004年のきょうラベンダー

| | コメント (0)

6月27日(水) ウオトリギ

120627uotorigi1秋には赤い宝石のような実をつける木の開花をとらえました。どこにでもある木ではないので、実のときはまだしも、花のタイミングに合ったのは幸運でした。
撮影した木は、3年前に実をつけていたものですから、盛大に花粉をつけたこの花が結実したはずです。実際、花粉のなかには白い雌シベが埋もれていました。
120627uotorigi2ところが!なのです。幸運と混乱は背中合わせだと思い知らされました。別の場所にある木には、まるっきり葯を持たない「雌花らしきもの」しかないのです。あれ?と元の場所に戻って調べると、こちらには「雄花らしきもの」しか咲いていません。
雄花らしきものが咲く木に実がなる? 1本の木で雄性・雌性が入れ替わるのか? 雌花らしきものが咲いていた木には実がついていただろうか?
ハテナマークばかりで情けないのですが、実も変ならば花も変な木であることだけはわかりました。そうそう、蕾を見ればわかりますが、花に見えるのは萼のようです。その気で見たら、薄くて小さな白い花びらが、萼と花糸の間にありました。

<補注> 問題解決の糸口にたどりつきました。(2016年7月22日

2011年のきょうシチダンカ> 2010年のきょうヒメコウゾ> 2009年のきょうムラサキセンダイハギ> 2008年のきょうウチワサボテン> 2007年のきょうクマツヅラ> 2006年のきょうカリフォルニアローズ> 2005年のきょうタイマツバナ> 2004年のきょうヤブカンゾウ

| | コメント (2)

6月26日(火) アカツメクサ

120626akatumekusa1この夏はどうしたことか、アカツメクサを調べ直す必要が重なりました。まだじっくり時間を取れていないので暫定内容ですが、早めに記録しておきます。
1件目はアカツメクサの花が2個合着(1つの花がダブル?)したものが福島で目立つという問題です。これを報告してくださったのは、自然観察の眼力が高い福島在住の方で、これまでの「記憶では見たことがない」そうです。
志木ではどうなのか気になるので、近所を少し探してみました。福島ほど目立つわけではありませんが、1枚目の写真(右側に2つめの花が展開中)のようなものが、一つの群生のなかにいくつかは見つかりました。
120626akatumekusa2ただし、福島のものは1本の花柄の先で花がダブっているように見えるのに対し、志木のものは花柄が分かれているかもしれません。2枚目の写真(↑)は1枚目とは別の個体で、こちらは花柄がはっきりと分岐しています。
この状態のものはおととし以前にも各地で観察されているので問題ありませんが、1枚目写真のような個体をもっと探しだし、その花柄を調べてみないと、軽々に騒ぎ立てていいことではないと思います。
というわけで、この件は自分の覚え書きであると同時に、興味を持ってくださった方がそれぞれの土地で同じことを調べてくださればという願いでもあります。
120626akatumekusa3さてもう1件は、ずっと昔(2004年)の自分の眼力不足の告白です。アカツメクサの花は全方向一緒には開花しないことに気づいたのは良かったのですが、その開花順(最後の葉との関係)の見立てがどうも逆だったようです。詳しくは、これを指摘してくださったsizenkansatuさんのログにゆずりますが、3枚目の写真で明らかなように、開花の遅い左側には未発達(3出小葉にならずに葉が1枚だけ)の葉があり、どうやらこれが「最後の葉」なのでした。
多くの人が、ふつうは振り向きもしないであろうアカツメクサですが、ちょっとしゃがみ込んで調べた程度では語りきれない「深部」があるようです。梅雨があけるころには、じっくりと土手に座り込んで、彼らとツメた話をしたいものです。

2011年のきょうウチワサボテン> 2010年のきょうイヌウメモドキ(雄株)> 2009年のきょうシコタンソウ> 2008年のきょうヒメカイウ> 2007年のきょうカクテル(つるバラ)> 2006年のきょうヤポンノキ> 2005年のきょうガクアジサイ> 2004年のきょうモッコク

| | コメント (4)

番外編 : 6月のヒラヒラもの in 2012

Tyou1恒例のヒラヒラもの特集です。まずはこの蝶の翅に注目です。下になったハルジオンの花が透けて見えます。翅の透明度だけなら、前に載せたスケバハゴロモに負けますが、こちらは翅がグッと大きいので、見応えがあります。
Tyou2で、その透明くんとよく似た蝶なのに、こちらはまったく透けません。もしかして透明くんとは雄雌の関係なのかと思い、一応撮っておきました。
Tyou3この蝶のチャームポイントは言うまでもなく翅の端の水玉です。黒点の中心が白いのも気が利いていますが、止まった葉にも似たような穴があって、意図的にこの位置にとまったのなら忍者蝶とでも呼んであげたくなります。
Tonbo1さて、トンボもすいぶん種類があるものです。こんなにピカピカと輝いたら、敵に見つかりやすくてまずかろうと思うのですが、どんな目的でこんなに派手なのやら。
Tonbo2派手と言えばこちらも相当なもので、この血染めのような翅がいったいどういう機能を果たすものか、皆目見当がつきません。あ、そうか。捕まえようとした子がビビッてあきらめる…そんなことはないでしょうねえ。

| | コメント (4)

6月25日(月) キョウチクトウ(白八重)

120625kyoutikutou自分で掲げた疑問に、8年後の回答です。「はい、キョウチクトウの白っぽい花にも一重ではないものがありました」…冴えない答えです。
白の八重はあるかという質問に、「一重ではないもの」という言い方はずいぶんな逃げですが、いかになんでもこれを八重と言い切るのは気が引けます。加えて、スッキリと白ではないこの色も問題で、どう見てもこれはクリーム色です。
つまり、本当の白花八重のキョウチクトウはどうやら存在しないものの、紛らわしいものはこうして見られるというのが、ようやく辿り着いた結論です。よーし、この木の根元に美白剤を撒き続けて、立派な色白美人に変身させちゃいますか。

2011年のきょうモミジイチゴ> 2010年のきょうウメモドキ(雄株)> 2009年のきょうナツユキカズラ> 2008年のきょうハナイカダ> 2007年のきょうイソトマ・アネシフォリア> 2006年のきょうベニバナ> 2005年のきょうシロシキブ> 2004年のきょうハマナス

| | コメント (0)

6月24日(日) オオバノトンボソウ

120624oobanotonbosou虫取り網をかついだ子供を見かけるようになると、「夏だなあ」と実感します。「虫さんたち、うまく逃げなよ!」とも思うし、「がんばれ、少年、しっかり捕まえろ!」とも思うわけで、どうにも矛盾するオヤジ心です。
そこにいくと、このトンボさんは少年たちの追跡を受けることもなく、木陰でゆっくりと羽化のときを待っていました。めでたくトンボになるのは、来月半ばでしょう。
そのシーンはおととし載せていますが、生息環境のせい(としておきます・笑)で写真が冴えませんでした。めでたく翅がのびたときにこんな木漏れ日に恵まれるとは限らないので、とりあえず「ヤゴもかわいい」ことを記録しておきます。

2011年のきょうギシギシ> 2010年のきょうモミジイチゴ> 2009年のきょうレッドロビン> 2008年のきょうフタリシズカ> 2007年のきょうアメリカデイゴ> 2006年のきょうラッカセイ> 2005年のきょうセイヨウバクチノキ> 2004年のきょうアカツメクサ

| | コメント (0)

6月23日(土) ヒメシャラ

120623himesyara木の丈はシャラ(夏椿)と変わらないか、むしろこちらの方が高いくらいです。冬にはオレンジ色に輝く木肌が周りを圧する異彩を放って目立ちます。
そんな立派な木がどうして「姫」なのかと言えば、この花がシャラよりもひと回りかふた回り小さいのです。たくさん咲いたこの小さな花がボタボタと落ちて、木の下は足の踏み場もありません。
前に、「うつむいて咲くところも姫っぽい」みたいな書き方をしましたが、こうして堂々とお日さまを向いて咲くこともあるので、前言撤回の意味で再掲載です。

2011年のきょうビワ> 2010年のきょうネズミモチ> 2009年のきょうエーデルワイス> 2008年のきょうオオバナウツボグサ> 2007年のきょうホザキシモツケ> 2006年のきょうシュッコンカスミソウ> 2005年のきょうキョウチクトウ> 2004年のきょうヨウシュヤマゴボウ

| | コメント (2)

6月22日(金) アマリリス

120622amaryllisこの花を見かけると、つい、あの歌を口ずさみます。♪調べはアマリリス♪ そして、このパートの前にはとんでもない歌詞があるのです。♪ラリラリラリラ♪!!
この歌が作られたころにはラリっちゃうなんて言葉はなかったのでしょうが、今じゃこの歌、放送禁止対象かしらん?
アマリリスにはなんの責任もないのに、困った歌のせいで、せっかくの艶(あで)やかな花を前にしても失笑が漏れる始末です。一度焼き付くと、連想というのはしつこいもので、どうにかしてあの歌を記憶から消さないと、アマリリスが不憫です。

2011年のきょうスカシユリ> 2010年のきょうハグマノキ> 2009年のきょうシチダンカ> 2008年のきょうメグスリノキ> 2007年のきょうキキョウソウ> 2006年のきょうゴウダソウ> 2005年のきょうスカシユリ> 2004年のきょうヤマモモ

| | コメント (2)

6月21日(木) ヤマコウバシ

120621yamakoubasi苦し紛れに「後出し編」なんていうジャンルを捏造し、ヤマコウバシの色づいた実をここに無理矢理登場させたことがありました。それなのに、今度は緑の実です。
あえてこの段階の実まで載せるのは、ティーアップしたゴルフボールみたいな姿のかわいらしさのせいです。先日の姫リンゴもそうでしたが、成長すると俯いてしまう実がまだ空を向いている様子というのは、なんだか無邪気っぽくて大好きです。
もう一つ、この実の形はクスノキ科の特徴で、クスノキはもちろん、少し前に載せたシロモジも同じ形というのは自分のおさらいポイントです。加えて、木がいい香りを放つのもこの科の木の特徴です。もし広いお庭があるなら、これらの仲間をそろえて植えてみたいのですが、それは来世の夢としておきます。

2011年のきょうマルバチシャノキ> 2010年のきょうロベリア(瑠璃蝶草)> 2009年のきょうコアジサイ> 2008年のきょうクリンソウ> 2007年のきょうイトバハルシャギク> 2006年のきょうツキヌキニンドウ> 2005年のきょうアンズ> 2004年のきょうハンゲショウ

| | コメント (2)

6月20日(水) サボテン(ノトカクタス・品種名不明)

120620notocactusおとといの昼咲き月見草は、ほんのひと月少々で持ち越し課題を解決した優等生みたいなケースでして、ふつうはそうではありません。このサボテンの場合も、「ちゃんと調べなきゃ」と書いてからもう4年も経っていました。
それでもようやくお隣の奥さん(このサボテンの持ち主)に名前を教えてあげることができました。それも、なんとも想定どおりのリアクションつきでした。
ワタシ:ほら、蕾が茶色で毛むくじゃらだから、これはノトカクタスと言うんだよ。
隣の奥さん:へえぇ、これ、能登で生まれたサボテンだったんだ。
はい、そう覚えた方が忘れにくいことは事実です。オヤジばかりが「寒~い」と毛嫌いされますが、オバギャグだってなかなかに冷却効果は高いものがあります。

2011年のきょうカワラマツバ> 2010年のきょうヤブムラサキ> 2009年のきょうアジサイ(渦紫陽花) > 2008年のきょうササユリ> 2007年のきょうクロバナフウロ> 2006年のきょうマリアアザミ> 2005年のきょうムラサキシキブ> 2004年のきょうアガパンサス

| | コメント (0)

6月19日(火) ガクアジサイ

120619gakuajisai紫陽花は楚々とした色合いのものこそ愛でるべし!などと助手たちには講釈を垂れておきながら、本人はこんなカワイコチャンに目移りしてしまいました。
しかも、名前調べなど、撮ったときからあきらめているという根性なしです。ただただ、ここまではっきりして濃い臙脂色に惹きつけられました。
ああしかし、惚れ込むほどにその対象物の名前を知りたくなるのは男の性(さが)なのでしょうか。♪君の名ァは~。

2011年のきょうナナミノキ(雌株)> 2010年のきょうキョウガノコ> 2009年のきょうエゾヘビイチゴ(ワイルドストロベリー)> 2008年のきょうミヤマウグイスカグラ> 2007年のきょうイチヤクソウ> 2006年のきょうサクラ(染井吉野)> 2005年のきょうコムラサキ> 2004年のきょうコムラサキ

| | コメント (0)

6月18日(月) ヒルザキツキミソウ

120618hiruzakitukimisouようやく見つけた色白さんです。名前の頭に「桃色」を載せなくてもいい、ふつうの昼咲き月見草捜索を約束してからひと月あまり、ようやく肩の荷が降りました。
別に遠出をしたわけでなく、近くの田んぼの畦にありましたが、これを見つけるまでにはかなりたくさんの群生をチェックしました。その半分くらいは「ちぇっ、縁が赤いや」と近づくうちから諦めムードで、残りの半分は「お、白いぞ」「うーん、あっちの方が白かったか」「いやー、こっちかなあ」みたいに迷いました。
判定する絶対値情報がないので、あくまで相対的かつ主観的判断ですが、昼咲き月見草騒動、まずはこれにて一件落着としておきます。

2011年のきょうハナショウブ> 2010年のきょうテイカカズラ> 2009年のきょうクロバナロウバイ> 2008年のきょうイワタバコ> 2007年のきょうニッコウキスゲ> 2006年のきょうベニバナ> 2005年のきょうマツバギク> 2004年のきょうサルスベリ

| | コメント (0)

6月17日(日) ハグマノキ(スモークツリー)

120617hagumanokiたぶん、ハグマノキなどという堅苦しい呼び名よりは、スモークツリーという英名の方が通りがいいはずです。梅雨の晴れ間にちょいと撮らせてくれたその姿は、まさしく煙のごとくに朧(おぼろ)でした。
花が咲き終わったあとがこのように煙るのは、開花後にのび続けた花柄に毛が生えてくるからです。その毛は、花柄の先端についた種を風に乗せて運ぶ役割かと思っていたのですが、すでに種のない花柄もあって、推測はハズレでした。
なんのためか存在理由のわからないこの毛に、煙に巻かれてしまいました。

2011年のきょうラベンダー・デンタータ> 2010年のきょうヒメジョオン> 2009年のきょうギンバイカ> 2008年のきょうアゼナルコスゲ> 2007年のきょうワラビ> 2006年のきょうローズゼラニウム> 2005年のきょうカツラ> 2004年のきょうシロタエギク

| | コメント (0)

6月16日(土) イロマツヨイグサ(ゴデチア)

120616iromatuyoigusaご近所の花好きなお宅の玄関先です。初めて見る花で、どなたか庭仕事でもしていれば名前を聞けたのに、あいにくタイミングが合いませんでした。
しかし、撮った写真をチェックしたら、手がかりはすぐ見つかりました。雌シベの形と葉の感じです。これはアカバナ科の仲間に違いありません。アタリでした。クラーキア・アモエナというアメリカ原産の花で、和名ではイロマツヨイグサでした。
うしろにややオレンジ色の花も写っていますが、ほかに白やピンクとか、それらの色が絞りになったものとかがあるようです。マツヨイグサの仲間なら丈夫でしょうし、そのくせこんなに美しいのですから、来年はウチでも試したくなりました。

<補注> 園芸的にはゴデチア(属名)という呼び方の方がメジャーであることがわかったので、タイトルにそれを追加しました。(2016年6月16日)

2011年のきょうナデシコ・ソーティ(黒花ナデシコ)> 2010年のきょうイボタノキ> 2009年のきょうバイカウツギ> 2008年のきょうサンショウバラ> 2007年のきょうカンパニュラ・メディウム(フウリンソウ、ツリガネソウ)> 2006年のきょうハタザオキキョウ> 2005年のきょうバショウ> 2004年のきょうオシロイバナ

| | コメント (0)

6月15日(金) ヒメタイサンボク

120615himetaisanboku電車で向こう側に座った人が、なんだか知り合いのAさんみたいで、でもどこか違うようにも感じられて、声をかける自信もないまま…という経験を思い出します。おお、タイサンボクの花の季節になったのか、と木の下でその爽やかな香りを楽しみながら、視線はキョトキョトとあれこれ点検して落ち着きません。
なんと言っても、花の大きさが違います。タイサンボクの花が丼サイズだとしたら、こちらはお椀くらいです。枝振りも、タイサンボクが堂々としているのに比べ、こちらは株もとから細く分かれ、クネクネとやや複雑です。
北米原産のバージニアモクレンがその正体で、和名がヒメタイサンボクでした。ふつうのタイサンボクだと手に余すだろうからと、園芸品が売られています。しかし、樹高は本家と変わらないほどまで育ちますから、姫の名につられて大枚をはたいたら(お高いのです)、とんでもない鬼嫁を抱え込むことになってしまいます。

2011年のきょうノグルミ> 2010年のきょうニゲラ> 2009年のきょうヤマブキショウマ> 2008年のきょうベニバナイチヤクソウ> 2007年のきょうムラサキウマゴヤシ> 2006年のきょうハナキササゲ(オオアメリカキササゲ)> 2005年のきょうシャクヤク> 2004年のきょうハキダメギク

| | コメント (0)

6月14日(木) ウワバミソウ

120614uwabamisou1恐ろしげな名前がついていますが、湿った藪が好きですから、大蛇(=うわばみ)はオーバーとしても、マムシくらいは出てきそうな場所に育ちます。
さてこのウワバミソウは、またの名がミズ、つまりあのおいしい山菜なのです。こうして花が咲いたらもう時期が遅いのかと思いましたが、あとで山菜好きの人に聞いたら、「来月までは採るよぉ」とのことでした。たしかに茎は瑞々しくて柔らかく、ちょいと齧ったらシャキシャキ感と山の香りで超満足でした。あーぁ、生兵法は怪我のもと、生半可な知識は食いっぱぐれのもとでした。
120614uwabamisou2さて、そんな嘆きの原因になった花ですが、接写レンズを目一杯効かせてもどういう構造かはまったくわかりません。まるで糸くずの塊です。ウワバミソウは食べるものであって、花の正体を暴こうなんて向こうミズはやめておくべきでした。

2011年のきょうラムズイヤー> 2010年のきょうヤマグワ> 2009年のきょうジョウリョクヤマボウシ> 2008年のきょうムクノキ> 2007年のきょうナンテンハギ> 2006年のきょうヤエドクダミ> 2005年のきょうブナ> 2004年のきょうガクアジサイ

| | コメント (2)

6月13日(水) ヒメカジイチゴ

120613himekajiitigo一瞬の喜びのあとに訪れる疑念と、それに続く新たな幸福感…梅雨に入ったばかりというのに、まるで秋の空のような男心でした。
最初の喜びはもちろんこの赤い実で、先月のまだ早すぎたカジイチゴとの遭遇をフォローできたのでは!と勇んだわけです。ところが、どう探しても実はこの一つだけなのです。先月見たカジイチゴは、まだ青いけれども実はたくさんついていました。全体の姿や葉も、今回の木はなんだか小ぢんまりしています。
結実が稀(まれ)で、葉が小振り…もしやカジイチゴとは別の種類に会えたのか?というのが次に湧いてきた幸福感でした。調べたら、オレンジ色が強いカジイチゴの実よりも赤が勝っている点やこの実の少なさはヒメカジイチゴの証でした。
たった一つの実をパクリとやるわけにはいかず、じつは泣く泣くこの場を去った「慚愧の思い」が幸福感のあとに続いていた…などということは決してありません。

2011年のきょうアカモノ> 2010年のきょうアオテンマ> 2009年のきょうヤマボウシ(紅山法師)> 2008年のきょうニワトコ> 2007年のきょうナヨクサフジ> 2006年のきょうカシワバアジサイ> 2005年のきょうウメモドキ> 2004年のきょうムクゲ

| | コメント (4)

6月12日(火) ムシャリンドウ

120612musyarindouお名前はかねがね…、へぇー、あなたが武者さんですか。失礼ですがちっとも勇ましくないですね。ハ? 武者じゃなくて武佐なんですか。こりゃまたご無礼を。
そもそもリンドウとは名乗っても科違いでシソ科だし、武佐(むさ)は滋賀県にある古い宿場町で、発見地の地名でした。名前の構成要素が上下二つとも紛らわしいとは困ったお人ですが、本人にはなんの責任もありません。
あえて言えば、姿の似たラショウモンカズラが陰性なのに対し、こちらは陽当たりのいい草原を好むので、その点がリンドウっぽいと言えば言えそうです。

2011年のきょうアリウム・ギガンテウム> 2010年のきょうオオテンニンギク> 2009年のきょうニワナナカマド(チンシバイ)> 2008年のきょうシナノキ> 2007年のきょうオオマツヨイグサ> 2006年のきょうムシトリナデシコ> 2005年のきょうクリ> 2004年のきょうクチナシ

| | コメント (4)

6月11日(月) ユリノキ(斑入り種)

120611yurinokiユリノキは街路樹としてかなりポピュラーですが、斑入り種を並べたケースを初めて見ました。日除け効果の高い大きな葉が、こんなに派手派手しい色合いですから、通りが賑やかに演出されて、商店街向きかもしれません。
この木が街路樹にされた場合、毎年強い剪定を受けるので、花をつけるのは見たことがありません。この並木にも何本かふつうのユリノキが混じっていて、やはり一つも花はついていませんでした。それなのに、斑入りの方はボコボコと大量に花をつけています。剪定は?と目を凝らすと、痛々しいほどの木口がたくさん見えます。
コンパクトに刈り込まれた並木では通常は見ることのできないユリノキの花を、低い位置でたくさん眺めることができるなんて、うまい園芸種があればあるものです。

2011年のきょうレンゲツツジ> 2010年のきょうウメガサソウ> 2009年のきょうナンテン> 2008年のきょうマグワ> 2007年のきょうヒョウタンボク(キンギンボク)> 2006年のきょうホオズキ> 2005年のきょうアカンサス> 2004年のきょうナツツバキ

| | コメント (2)

6月10日(日) ヒメコバンソウ

120610himekobansou先月末にコバンソウを載せたとき、「これを忘れないように」と思っていました。おっと、きのうはヒメリンゴだったので、姫つながりにもなりました。
コバンソウに比べると圧倒的にミニサイズの小穂は、長さも幅も4㎜ほどです。物差し代わりに添えた望遠レンズが、まるでドラム缶みたいです。
もう熟した小穂もあるし、コバンソウと同じで今が花の時期のはずです。しかし、あまりの小ささのためか、あるいは日が悪かったのか、花はどうしても見つけることができませんでした。接写レンズでは足りないので、顕微鏡が欲しくなりました。

2011年のきょうキショウブ> 2010年のきょうアカショウマ> 2009年のきょうハタザクラ(実)> 2008年のきょうラミウム・マクラツム> 2007年のきょうオニノヤガラ> 2006年のきょうブドウ(ヨーロッパブドウ)> 2005年のきょうシャグマユリ> 2004年のきょうタイサンボク

| | コメント (0)

6月9日(土) ヒメリンゴ

120609himeringo赤くなったリンゴの実は木にぶら下がります。は空を向いて咲きます。受精した子房が膨らみ始め、自分の重さに耐えきれず、お陽さまに向けていた臍を下に向けるのはいったいいつごろなのか、ただそれだけがテーマの写真です。
シャッターを押すときは、中央の垂れ始めとその奥の上向きしか見えていませんでしたが、改めて見たら、写真下側にはじつに微妙に横向きになっているものも写っていました。ヨチヨチ歩きだった近所の子供が、いつの間にか走り出すのと同じで、生きとし生けるものは僅かながらも日々成長しているのです。その成長課程が一般には「老化」と呼ばれる段階になった己については、この際、触れないでおきます。

2011年のきょうキレンゲツツジ> 2010年のきょうナルコユリ> 2009年のきょうニワウルシ(雄株)> 2008年のきょうコアジサイ> 2007年のきょうノリウツギ> 2006年のきょうプリベット> 2005年のきょうサルビア・グアラニチカ> 2004年のきょうネムノキ

| | コメント (0)

6月8日(金) カラスムギ

120608karasumugi土手のカラスムギが白茶色に枯れていて、この草の成育サイクルを知らないと、誰かが除草剤でも撤いたのかと思ってしまいます。
しかし、これでも麦ですから、いまがまさに「収穫」時期なのです。白い苞穎から取り出した種粒の皮を剥いて齧ると、コミコミとしてふくよかな味わいがあります。
おもしろいのは、その種粒からのび出た禾(のぎ)で、種が熟すと、こうして途中で直角に曲がります。たぶん、通りかかる動物の毛に絡みやすくする工夫でしょう。試しに禾の先に指をちょっとひっかけると、種はアッサリと苞穎を離れます。

<補注> 苞穎(ほうえい)については、過去ログでは「包穎」としていましたが、今回、心が迷い、「苞穎」としました。辞書にも両方の表記があり、植物サイトでも割れていたり、同じサイトに両方の表記があったり、という状態です。素人のにわか学習ではどちらと断じきれないので、この時点では暫定としておきます。

2011年のきょうジャーマンアイリス> 2010年のきょうカナウツギ> 2009年のきょうギンリョウソウ> 2008年のきょうアケボノフウロ> 2007年のきょうシロバナヤエウツギ> 2006年のきょうウラジロチチコグサ> 2005年のきょうモミジルコウ(ハゴロモルコウソウ)> 2004年のきょうナンキンハゼ

| | コメント (0)

6月7日(木) サツキ

120607satuki陰暦で言えば、きょうは4月(卯月)の18日です。したがって、おとといの卯の花(ウツギ)は呼び名どおりの時期に見頃を迎えていました。それに比べると、あと2週間しないと本来の「皐月」にはならないのに盛りを迎えているサツキは、じつは大慌て者というそしりを逃れることができません。
などと冷たい紹介になっていることを反省しつつ過去ログを調べてみたら、サツキは暮れの29日に載せていたことがありました。もちろん時期ハズレもいいところで、なんの恨みもないのに、どうもサツキにはツラくあたる巡り合わせのようです。
罪滅ぼしのために、ここはグッと持ち上げてみます。小輪で密に咲きそろう花の美しさは言うまでもありません。その花の隙間から覗く葉が、ツツジに比べるとキュッと締まって艶があります。枝ぶりが這うようにまとまるので、公園の植え込みにしても、あるいは盆栽にしても、じつに緊張感のあるいい姿になります。
…と、このくらい褒めておけば、ブログ9年目までまともに掲載していなかったことくらい、サツキさんはきっと大目に見てくれることでしょう。

2011年のきょうナナカマド> 2010年のきょうネジキ> 2009年のきょうナガバオモダカ> 2008年のきょうマルバストラム> 2007年のきょうウツギ・マギシエン> 2006年のきょうタケニグサ> 2005年のきょうヒメシャラ> 2004年のきょうオオカナダモ

| | コメント (0)

6月6日(水) ノミノフスマ

120606nominohusuma先月のノミノツヅリに続いての、蚤さんグッズの登場です。「綴り」は粗末な着物でしたが、こちら「フスマ」は建具の「襖」ではなく、漢字だと「衾」と表記します。この字の用例としては「同衾」があり、一緒にベッドインするという艶やかな言葉です。
つまり、「衾」は今で言う掛け布団の前身で、シンプルな長方形のものだけでなく、袖がついた綿入れのようなものも含まれていました。ツヅリもフスマも、この小さな葉に発想していますが、ワタシの指がまるでガリバーみたいに見えるサイズです。
やや乾いた場所を好むツヅリに対し、畔道や湿った日陰の道端を好みます。また、ツヅリのシンプルな5弁に対し、フスマの花は深い切れ込みがあって、本当は5枚なのに、まるで10枚のように見えるところがいかにもハコベ属的です。

2011年のきょうサイハイラン> 2010年のきょうウスベニアオイ> 2009年のきょうナギ(雌株)> 2008年のきょうマルバダケブキ> 2007年のきょうサギゴケ> 2006年のきょうシモツケ> 2005年のきょうホタルブクロ> 2004年のきょうサンゴジュ

| | コメント (0)

6月5日(火) ウツギ

120605utugiバラバラ散るからかなわんなぁと嘆くことが多かったウツギの花も、時期さえ良ければしっかりしてきれいなものです。蜜が出盛りなのか、蜂(写真右端)がブンブンと必死に飛び回っていました。
「♪う~のはな~の匂う垣根に」というくらいで、淡く甘い香りが漂います。あの小学校唱歌(夏は来ぬ)も、子供のころの甘い思い出を誘います。さてもリリカルなウツギさん、と思えばさにあらずで、冬にはとてもひょうきんな姿を見せてくれた実が、「夏は来ぬ」ころになっても、まだ枝に残って(写真奥手)おりました。

2011年のきょうスダジイ> 2010年のきょうフレンチラベンダー> 2009年のきょうイヌビワ> 2008年のきょうノハラワスレナグサ> 2007年のきょうムラサキ> 2006年のきょうカラタネオガタマ> 2005年のきょうスイセンノウ> 2004年のきょうフィーバーフュー

| | コメント (0)

6月4日(月) キツネノテブクロ(ジギタリス)

120604digitalis初夏の洋風花壇には欠かせない花です。派手な花びら模様に目を奪われがちですが、咲き始め(花穂上部)の花が筒の蓋を開いてくる様子も見どころです。
ジギタリスという発音が強いせいで覚えやすく、ずっとそう呼んできましたが、今回の掲載にあたってその綴りを調べて驚きました。Digitalis…なんだか見慣れたスペルです。あ、これ、デジタルではありませんか。その原義は、ふーん、「指」でした。
和名のキツネノテブクロは、その指という意味に発した英名(foxglove)の直訳なのでした。「変な花」としか見ていなかったジギタリスのおかげで、今までよく知らずに使っていたデジタルという言葉の意味(=指折り数える=連続量<アナログ>を数値化する)を思いがけず理解することができました。

2011年のきょうハルザキヤマガラシ> 2010年のきょうニワウルシ> 2009年のきょうヤマアジサイ> 2008年のきょうニンジン> 2007年のきょうムギワラギク> 2006年のきょうイイギリ> 2005年のきょうチェリーセージ> 2004年のきょうノウゼンカズラ

| | コメント (4)

6月3日(日) セイヨウニワトコ

120603seiyouniwatokoちょうど背丈ほどの高さの木で、樹冠が花で飾られていました。やわらかに甘い香りが漂うので、昆虫がひっきりなしに寄ってきます。
この花穂の形は、在来のニワトコがソフトクリームのように尖るのと比べると、こうして平らに開くので、パッと見はあまり似ていません。ただ、一つの花に注目すると、反り返った花びらや飛び出した雄シベが「やっぱりね」と思わせます。もちろん、やや軽い質の枝やスマートな形の葉はニワトコらしい雰囲気です。
ハーブとしてはいろいろな効能がある木だそうで、在来も西洋も、ニワトコという木はなかなかの働き者なのでした。

2011年のきょうニシキウツギ> 2010年のきょうブラシノキ> 2009年のきょうクリ(雌花)> 2008年のきょうセンダイハギ> 2007年のきょうタチバナ> 2006年のきょうシロバナシラン> 2005年のきょうハナザクロ> 2004年のきょうカリフォルニアポピー

| | コメント (0)

6月2日(土) ホタルカズラ

120602hotarukazura蛍というのは自然豊かな場所にしか現れないのかと思ったら、今年の正月にお邪魔した中越の街では道路脇の用水に住んでいると聞きました。失礼ながら、田舎にしては車の通行の多い道路なのに、夏にはそこが蛍の光であふれるというのだから、蛍というのは案外にタフな奴なのでしょうか。
季節にはぜひその光景を見てみたいと願いつつ、今年はどうやら草の蛍で我慢しなければならないようです。代用品にされてはホタルカズラが臍を曲げるでしょうが、昼日中にポーッと点る青い花はとてもチャーミングです。

2011年のきょうツクバネソウ> 2010年のきょうモモイロタンポポ> 2009年のきょうワニグチソウ> 2008年のきょうセッコク> 2007年のきょうソヨゴ> 2006年のきょうオリーブ> 2005年のきょうハクチョウソウ> 2004年のきょうユリノキ

| | コメント (0)

6月1日(金) シロモジ

120601siromoji3裂した葉の、その裂け目の基部が、まるで穴あけポンチを打ったみたいに括(くび)れています。裂け目を持つ葉でもこういう特徴は珍しいし、仲間のクロモジの葉はまったく裂けず、単なる楕円形です。
葉とどちらを先に書き出そうか悩んだのがこのコケシ型の実です。科の代表であるクスノキとよく似たつくりですが、コケシがすぐに逆立ちしてしまうクスノキに比べると、シロモジの実はずっとこうして立っています。
とても特徴的な佇まいを持つ木なのに、名前が仲間のクロモジをもじったものであることがやや不憫です。小枝に入る黒い斑紋が文字みたいというクロモジに対し、こちらは白い文字が浮かび上がる…わけではなく(笑)、たんなる対語です。

2011年のきょうアズキナシ> 2010年のきょうシライトソウ> 2009年のきょうナツハゼ> 2008年のきょうギンリョウソウ> 2007年のきょうムシトリナデシコ> 2006年のきょうユスラウメ> 2005年のきょうカルミア> 2004年のきょうソメイヨシノ

| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »